サウスピークに留学した後に海外インターンシップに行く学生が増えています。特に、サウスピークが提供しているノースキル文系プランに参加する学生のほとんどは留学後の海外インターンシップに行きます。

「ノースキル文系プラン」に参加する彼らは、大学を1年間休学して、履歴書に書くことのできる「英語力TOEIC800」と面接で話すことのできる「海外でのインターンシップ」経験を手に入れることを目的としています。今回、彼らがサウスピーク留学後に海外インターンシップをすることができる受け入れ機関を募集させていただきます。

英語ができる学生インターンを採用することができます

サウスピークの学生の特徴は、真面目で優秀な学生が多いことです。わざわざ、厳しい「本気留学サウスピーク」を選んで留学する学生たちですので、遊び呆けているような学生はいません。また、英語力も非常に高い学生が多いです。ノースキル文系プラン参加者の場合はTOEIC750点から900点の英語力の学生がほとんどです。全員が完全に英語をスムーズに話せるわけではないですが、最低限の英語力があります。そのため、ほとんどの学生が英語の書類を読んだり、簡単な意思の伝達であれば英語で行うことができます。

サウスピークとしては、学生のうちから英語力をたかめ、また海外での職務経験を積むことは学生が将来を選択する上でも非常によい経験となると考えております。インターンシップの受け入れてくれる機関が多くなることを期待しています。

インターンシップ受け入れ先機関応募フォーム

下記のフォームから受け入れの申請をお願いいたします。申請していただきました情報をサウスピークの学生に提示し、学生が興味をもった場合、学生からインターンシップに応募させていただきます。