近年日本企業のグローバル化が進み、大学生が就職前に海外で経験を積むための「海外インターン」が活発に行われるようになってきました。

海外インターンに参加することで、社会人基礎力が身につくことに加えて、インターン先によっては英語力に磨きをかけることもできます。

しかし、最低限の英語力がなければ、海外で満足に働くのは困難だと考えられます。

その解決策としてサウスピークでは「休学+留学+海外インターン」を一つのパッケージにした「ノースキル文系プラン」を提供しています。

関連記事 【休学+留学+海外インターン】ノースキル文系プラン募集開始!TOEIC800点+インターン経験で就職活動を成功させるためのフィリピン留学(2019年前期・後期)

今回はその中でも特に、海外インターンの部分に着目して紹介していきます。

当記事の内容
・海外インターンとは

・サウスピークでは留学生向けにアジア5ヵ国7社/3職種のインターンを紹介できます

・海外インターンへの応募方法

・海外インターンで実践英語力の向上・業務スキル向上をして世界を広げよう!

海外インターンとは?

海外インターンは主に、就職活動を控えた大学生が海外で働く経験を積み、自身のスキルを高めるための手段として用いられます。

国内でのインターンに比べて長期にわたる活動が多いため、業務の深いところまで学ぶ機会があるのが特徴です。

そのため、就職活動でアピールできるスキルが1つもない大学生でも、海外インターンをすることにより十分なスキルを身につけ、一発逆転することも可能です

しかし目的意識もなく、なんとなく海外インターンに参加しても十分な成果を得られません。

せっかく挑戦するからには、自身の興味のあることや身につけたいスキルを明確にした上で海外インターン先を選びましょう。

以下ではサウスピークが紹介している海外インターン先について紹介します。

サウスピークでは留学生向けにアジア5ヵ国7社/3職種のインターンを紹介中!

サウスピークでは当校への留学生に向けて、海外インターン先の紹介を行っています。

紹介している国は「インド・ミャンマー・シンガポール・タイ・インドネシア」の5カ国で、職種は大きく分けて「営業系・企画系・事務系」の3つです。

全8社の海外インターン先をそれぞれ紹介していきます。

海外インターン① シンガポール

職種:会計事務

勤務期間:8週間〜

報酬:報酬なしからスタートして、成果に応じて発生

語学力:英語力が低い人は日本語で、高い人には英語での仕事を依頼

業務内容/おすすめポイント

本人の志向や能力に応じて業務を任せています。会計処理やデザイン、広報業務を本人の希望に沿って学ぶことが可能です。

英語を使って仕事をしたいという人には、できる限り現地の人とのコミュニケーションを増やしています。

「ビジネスとは」といった基礎的な内容も学ぶことが可能です。

海外インターン② タイ

職種:通訳/事務

勤務期間:1週間〜

報酬:なし

語学力:ビジネスレベルの英語力(TOEIC800点程度)を有していることが好ましい

業務内容/おすすめポイント

インターン生には、翻訳や省庁への書類提出、SNSを用いた情報発信等の業務を依頼しています。

また、事務所旅行や食事会などのイベントのプラン作成や場所の選定なども行います。

疑問点を気軽に聞ける体制が整っているので、日本人・タイ人との円滑なコミュニケーションが可能です

会社自体を改善していくことを期待されています。

海外インターン③ タイ

職種:Webマーケティング

勤務期間:12週間〜

待遇:住居支援あり。航空券、生活費等の条件は勤務期間により相談

報酬:なし

語学力:日常生活に困らない程度の英語力(TOEIC600点程度)

業務内容/おすすめポイント

Web動画の制作管理やマーケティング、リサーチ、新規案件のディレクション、オペレーション構築など等、多岐にわたって業務を依頼しています(料理、フィットネス、教育分野など)。

過去にはインターン生がカメラのシェアリングサービスを立ち上げているので、サービスを公開できるチャンスもあります。

海外インターン④ インドネシア

職種:人材営業

勤務期間:8週間〜

待遇:ビザ費用負担

報酬:なし

語学力:TOEIC500点程度

業務内容/おすすめポイント

顧客・求職者開拓のための営業マーケティングや、事業推進のための改善業務を実施してもらいます。

データ管理や分析業務もあるので、ビジネスを広い視野で見る力が身につきます

海外インターン⑤ ミャンマー

職種:経営コンサルティング

勤務期間:12週間〜

待遇:住居支援あり

報酬:月に400ドル+交通費支給、渡航費・ビザ費用自己負担

語学力:日常会話レベルの英語力(TOEIC600点程度)

業務内容/おすすめポイント

ミャンマー企業向けの財務コンサルティング業務を行います。

また、日本企業に向けた海外進出コンサルティングや市場調査業務に加え、現地の日系・外資系企業に向けた人材紹介業務を行ってもらいます。

ビジネスの基礎と英語力を同時に身につけられるインターンシップです。

海外インターン⑥ インド

職種:人材営業

勤務期間:16週間〜

待遇:半年以上勤務する方には、住居支援やインセンティブを検討

報酬:なし

語学力:英語力により業務が異なるため、英語ができなくても可。インターン生のTOEICの平均は800点程度

業務内容/おすすめポイント

営業企画やデータ分析業務など等を行っていただきます。

また、インドに就職を希望する日本人のキャリアアドバイザー業務などがあります。

海外でビジネスに挑戦して成果を出したいという人や、将来インド就職を希望している人の基盤作りのための海外インターンとしておすすめです。

海外インターン⑦ タイ

職種:人材営業

勤務期間:12週間〜

報酬:月2万タイバーツ(約7万円 ※2019/3/3時点) ※タイで最低限生活できる程度

語学力:TOEIC600点程度

業務内容/おすすめポイント

日本人コンサルタントのアシスタントとして、業務の一部を手伝ってもらいます。

個人の適正により、業務内容を決定します。

能力とやる気次第では、社員同等の裁量と業務を任せるため、向上心のある人におすすめの環境です。

海外インターンへの応募方法

サウスピーク留学中に行う、海外インターンへの申し込みの流れは以下の通りです。

留学と海外インターンがセットになった「ノースキル文系プラン」については、以下の記事をご覧ください。

関連記事 【休学+留学+海外インターン】ノースキル文系プラン募集開始!TOEIC800点+インターン経験で就職活動を成功させるためのフィリピン留学(2019年前期・後期)

海外インターンで実践英語力の向上・業務スキル向上をして世界を広げよう!

意を決して海外インターンに挑戦しても、インターンを通して身につけたいスキルや将来の自分像が明確になっていなければ、有意義なインターン生活を送れません。

最初に目標を決めることからはじめてください。

また今回紹介した企業をみても分かるように、多くの企業で一定以上の英語力が求められています。

そのためまずは、留学をして英語力を高めた後に海外インターンに挑戦し、最大限の成果を得ましょう。

高い英語力を身につけた後に海外での実務経験を積むことにより、大学生の皆さんの就職活動において大きなプラスになるでしょう!

サウスピークで英語力を向上させ、海外インターンに挑戦したい方はコチラから