英語力が一番伸びる語学学校

転職ノウハウ

20代の転職を成功させる3つのポイントと転職のメリット

初めて社会人としてデビューすることになるのが20代です。誰もが仕事に関する悩みや不満を抱えているのではないでしょうか。実は、数年間のキャリアを通じて、転職を考え始める20代は非常に多いのです。

しがし、社会人としての経験がまだ浅い20代で、思うように転職先の会社が見つかるのでしょうか。初めての転職ともなれば、色々と不安がありますよね。

そこで、ここでは20代の転職を成功させる3つのポイントと転職のメリットについて解説していきます。20代で転職を考え始めた方は、ぜひ参考にしてみてください。

20代の転職市場

まず、20代の転職市場について説明していきます。世の中の企業は、20代の社会人に何を求めているのでしょうか。

転職市場における20代

企業にとって20代は、将来を見据えて育てていく対象となる若手の人材です。とくに、大卒で入社した新入社員や20代前半の社員に対しては、社内外の研修などを通じて育成していく企業がほとんどです。

したがって転職の市場においても、20代に対しては実績よりも「将来性」を求めているのが現状です。

20代向けの求人は多い?

実際の求人情報を見てみると、20代向けの求人を数多く見ることができます。例えば、未経験や専門スキルを持っていない人でも入社できるような求人です。つまり、転職の市場において20代はニーズが高いのです。

20代の社会人は、思考に柔軟性があり、知識やスキルの吸収力が高い時期です。そのため、未経験やスキルがなくても、入社後に育成することを前提として、企業は20代の人材を確保するのです。

転職成功者が最も多い20代

それでは、実際に転職に成功している20代は、どれ位いるのでしょうか。ここでは、具体的なデータを参考にして、話を進めていきます。

パーソナルキャリア株式会社が運営する転職サイト「doda(デューダ)」の調査によると、2018年上半期で転職に成功した20代(29歳以下)は49.9%ということです。なんと、全体の約半数が20代なのですね。

・転職成功の年齢割合(2018年上半期)
29歳以下 49.9%
30代   36.3%
40代以上 14.0%

(参考)https://doda.jp/guide/age/

このデータを見れば分かるとおり、20代が最も転職に成功しており、30~40代と年令を重ねごとに割合が少なくなっていきます。この数字からも、転職の市場において20代のニーズが高いことが分かるのではないでしょうか。

20代の転職を成功させる3つのポイント

さて、ここまで20代の転職市場について見てきました。20代で転職活動を行うときのイメージを持てたのではないでしょうか。

そして、ここからは20代で転職を成功させるためのポイントを3つに絞り、解説していきます。

ポイント1、やりたい仕事を明確にする

最初のポイントが、やりたい仕事を明確にすることです。20代は社会人としての経験が少ないために、「自分に向いている仕事」「理想の働き方」などが曖昧であることが多いです。

しかし、自分が本当にやりたい仕事や理想の働き方が分かっていないと、転職で失敗してしまうケースが多いです。転職とは言い換えると、理想の仕事や職場に近づけるために行うようなものだからです。

自分が求めているものが明確でなければ、それを手に入れることはできないですよね。社会人としての経験が少ないとしても、転職をするのであれば、最初に「自分がやりたい仕事」を真剣に考えなければいけないのです。

ポイント2、転職の目的を明確にする

また、転職の目的を明確にすることも転職を成功させるための大きなポイントです。それも正当な理由であることが望まれます。

例えば、転職に失敗するパターンでとても多いのが、「とにかく今の職場が嫌で辞めたいから」というような理由です。人間関係の悪化や上司との喧嘩というような理由で、今の職場から離れたいという気持ちが強いケースです。

このような、ネガティブな理由で転職すると、「こんなはずではなかった」「焦って辞めなければ良かった」というように後悔してしまう人が非常に多いのです。

例えば、「自分のスキルをより活かせる業務に就くため」「キャリアアップを実現するため」というようなポジティブな目的を明確にしてから転職活動を始めるようにしましょう。

ポイント3、第三者に相談する

また、20代の転職では第三者に相談することも重要です。社会人としての経験が浅いというマイナスを、信頼できる先輩や家族に相談することでカバーするのです。できれば、転職の経験がある人に相談できることが理想です。

例えば、私が20代で転職活動をしていたときの話です。私は転職の経験が2回ある先輩に、色々と相談にのってもらいました。具体的には、求人の見つけ方やハローワーク、転職エージェントの使い方など、非常に細かいところまでアドバイスをもらっていたのです。

そのとき、私は初めての転職活動だったので、非常に参考になったことを良く覚えています。このように、第三者に相談することで、転職活動をスムーズに進めることができるのです。自分の周りに転職の経験がある先輩がいないか、ぜひ探してみてください。

20代で転職するメリット

さて、ここまで20代の転職活動で内定を獲得するための3つのポイントについて解説してきました。前述のとおり、転職している人がとても多い20代ですが、なぜこの年代で転職する人が多いのでしょうか。

そこで、ここからは20代で転職するメリットについて解説していきます。

実績よりもポテンシャル重視

20代で転職することの最大のメリットが、実績よりもポテンシャルを重視してくれるという点です。

前述のとおり、20代に対して企業は、将来的な戦力となることを期待して入社後に「教育期間」を設けることがほとんどです。そのため、転職者の「入社したい熱意」や「ポテンシャル」を重要視する傾向が強いのです。

言い方を変えると、社会人としての経験や実績が少なくても、別の職場に転職しやすいのが20代なのです。

キャリアアップのチャンス

また、20代は転職しやすい年代ということから、実はキャリアアップのチャンスでもあるのです。

例えば、20代の後半にもなると、後輩や新人社員の育成を担当したり部下を持ったりする人もいます。いわゆる、マネジメント業務です。

このような業務に自分が向いていると判断した場合や、本格的に管理職としての道を進みたいと思うようになったのであれば、キャリアアップを目指して積極的に転職を考えましょう。

このような志の高い20代の転職希望者を放っておく企業は少ないはずです。20代という年代は、転職によってキャリアアップできるチャンスでもあるのです。

未経験へのチャレンジが可能

そして、20代の転職では未経験の仕事や業界へ転職できるチャンスでもあります。

例えば、大学を卒業して入社した企業で1~2年働いてみたが、どうも仕事が自分に合わないと感じていたとします。このようなときは、別の業界や職種にチャレンジするために転職を考えてみましょう。

やる気やポテンシャルを重視してくれる20代だからこそ、未経験の仕事であっても転職できる可能性が高いのです。

20代におすすめの転職エージェント

さて、ここからは20代で転職活動を行うときに、非常に役に立つおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

マイナビジョブス20’s

最初に紹介するのが、株式会社マイナビワークスが運営する「マイナビジョブス20’s」です。マイナビジョブス20’sは、20代の求人や転職支援に特化した転職エージェントです。

人材業界の大手マイナビグループが運営するだけあり求人数が豊富で、20代で転職をするときは、ぜひ活用したい転職エージェントです。

ハタラクティブ

次に紹介するのが、レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」です。ハタラクティブは、20代に特化した就職支援サービスを提供しており、就職未経験の方へのサポートまでも実施している転職エージェントです。

若年層への転職サポートには多くの実績があり、経験豊富なキャリアアドバイザーが親身になってサポートしてくれます。

パソナキャリア

最後に紹介するのが、株式会社パソナが運営する「パソナキャリア」です。業界大手の転職エージェントであり、求人の数や支援実績が非常に豊富です。

また、転職に役立つコンテンツも揃っており、20代で初めて転職を経験する人にとっては役に立つ転職エージェントです。

20代は転職によるキャリアアップのチャンス

さて、ここでは20代の転職を成功させる3つのポイントと転職のメリットについて解説してきました。

20代は転職で成功できる確率が高いことから、上位の役職や収入アップを狙えるチャンスでもあります。ここで解説した内容を参考にして、ぜひ転職によるキャリアアップを実現してください。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-転職ノウハウ

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.