英語力が一番伸びる語学学校

アジア就職

【海外就職】転職エージェントって利用すべき?メリット・デメリットまとめ

海外就職で検索すると必ず目にする「転職エージェント」の存在。日本での転職活動に限らず、海外就職においてもエージェントを利用する人は多いです。本稿ではそんな「転職エージェント」を利用すべきか否かで悩まれている人に向け、メリット・デメリットをまとめました。

転職エージェントの仕組みとは?

転職エージェントの役割は「海外就職希望者と、海外で活動する企業を仲介すること」です。海外就職希望者は「自分が働ける企業の中で、適した企業で働きたい」と考えます。一方の企業側は「自分の企業で長く働いてくれ、活躍する人材に働いてほしい」と考えます。

海外就職に話を絞れば「企業側の求める人物像」と「実際に働く人材」の乖離が依然大きく、早期離職が課題です。それに海外就職という選択は、日本国内での就職に比べ、まだまだ認知度が低く、人材の需要に対し供給が十分ではありません。

そのような課題を踏まえ、就職エージェントは候補者・企業の意志を汲み取り、双方にとってメリットのあるマッチングを実現する役割を担います。

「エージェントを利用すると、高い費用がかかる?」と心配する人もいるでしょう。しかし実際には、海外就職希望者がお金を支払うことはありません。なぜならエージェントは契約する企業からの手数料で収益を成り立たせているからです。エージェントが紹介した就職希望者が、エージェント契約する企業に入社することで、その人の年収に応じた手数料が企業からエージェントに支払われます。

海外就職に強い転職エージェント

海外就職において、転職エージェントは異なる「強み」や「得意とする地域」があります。ただ海外就職を検討される方全員に人気なのは、以下のところです。

・リクルートエージェント
・JACリクルートメント
・パーソル
・リーラコーエン

どのエージェントも海外にある外資系企業や、海外進出している日系企業と太いパイプを持っています。ですので全て利用してみて、合うエージェントを選ぶと良いかもしれません。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットは、どういったところにあるのでしょうか。それは以下の3点です。

・短期間で就職しやすい
・現地情報を手に入れられる
・非公開案件を紹介してもらえる

それでは一つひとつ、見ていきましょう。

短期間で海外就職しやすい

転職エージェントを利用することで、自力で転職活動をするより、短期間で海外就職しやすくなります。なぜならエージェント登録すると、担当のキャリアアドバイザーがつき、希望に沿った企業を紹介してくれるからです。自分で一つひとつ企業を探す時間が省略されるので、短期間での海外就職が可能になります。

現地情報を手に入れられる

海外就職エージェントを特有のメリットは、海外就職する国々の現地情報を得られることです。海外就職は「働くこと」以前に「生活すること」があります。日本とは異なる生活をする上での不安は、生まれて当然です。前に述べたようなキャリアアドバイザーとの面談を通し、現地情報を得て、海外就職の不安を解消することができます。

非公開案件を紹介してもらえる

ネット上に掲載されている求人だけではなく、非公開案件を紹介してくれることも「転職エージェントの強み」です。エージェント契約する企業によっては、求人情報の傾向から採用戦略が分析されることを恐れたり、待遇が公になることで採用ブランドが傷つけられたりすると考えています。そのため通常は非公開案件で、エージェントを通して求人を公開する企業が存在するのです。

転職エージェントを利用するデメリット

一方で転職エージェントを利用するデメリットは、どういったところでしょう。それは以下の3点です。

・選考通過率が上がるわけではない
・ミスマッチ率が下がるわけではない
・現地生活の適性を判断できるわけではない

選考通過率が上がるわけではない

転職エージェントを通せば企業を紹介してもらえますが、スキルを身につけられるわけではありません。特に英語というスキルは、海外就職において一定の能力を前提とします。英文レジュメを作成したり、英語で面接したりするなど、英語力がなければ「紹介してもらった企業の選考に通らない」ことも考えられます。

そもそもの話で言えば、海外就職では日本人に対して、現地社員のマネージメントを期待しています。しかし英語が使えない日本人では、現地社員とやり取りすることは難しく、選考を通ることはおろか、紹介される求人数も少なくなる恐れがあります。

参考記事:海外就職前に絶対に英語力を向上させておくべき理由

ミスマッチ率が下がるわけではない

転職エージェントを利用するからには、プロのキャリアアドバイザーとの面談を通して、企業とのミスマッチを防ぎたいものです。しかし前に述べたとおり「企業側の求める人物像」と「実際に働く人材」の乖離が依然大きく、早期離職が課題となっています。その理由として考えられるのは「エージェント都合の企業紹介が行われていること」です。

というのもエージェントは「提携する企業からのマージンで、利益が発生するビジネスモデル」ですので「利益の大きい企業に紹介したい」ということが当然あります。しかし「本当はA社のほうが合っているんだけど、利益の大きいB社を紹介する」という思惑がエージェント内にあっても、就職希望者には分かりません。これはエージェントというビジネスが成り立つ「フィリピン留学」でも同じことが言え、エージェントという業種では起こりうると考えて良さそうです。

参考記事:フィリピン・セブ島留学はエージェント経由で申し込むべきではない6つの理由

「クライアント企業ファースト」のビジネスモデルにより、どうしても海外就職希望者への対応がぞんざいになります。「自分が今後、どうなっていきたいか」というビジョンを明確にするサポートを受けず、転職先でもミスマッチを感じ、早期離職に至るケースが後を絶ちません。つまり転職エージェントを利用したからと言って、ミスマッチ率が下がるわけではないです。

参考記事:海外就職前にやっておきたい「キャリアの棚卸し」とは?

現地生活の適性を判断できるわけではない

エージェントを利用した海外就職活動は、日本国内で完結する場合があります。なぜなら履歴書の提出はウェブサイトを通じて、面接はオンライン・ビデオ通話を用いて行えば、現地に赴く必要がないからです。

気軽に海外転職活動ができる一方で、「自分が現地の生活に馴染めるかどうか」を判断する機会が転職するまでにありません。「渡航してみて、住んでみたけど合わなかった」ということは往々にあります。メリットとして「現地情報を手に入れられる」と説明しましたが、百聞は一見にしかず。海外就職する前に、実際に現地に訪れるべきです。

 参考記事:海外就職前に、必ず一度は現地に渡航しておくべきたったひとつの理由

「転職エージェント」を用いた海外就職のポイント

メリットとデメリットについて説明しましたが、まとめると以下のようになります。

メリット
・短期間で就職しやすい
・現地情報を手に入れられる
・非公開案件を紹介してもらえる

デメリット
・選考通過率が上がるわけではない
・ミスマッチ率が下がるわけではない
・現地生活の適性を判断できるわけではない

これらの点を踏まえ、転職エージェントを用いた転職活動のポイントはどういったことでしょうか。サウスピークでは、下記の3点が重要であると考えます。

転職活動のポイント
・転職活動前にスキルを身につけておく
・キャリア面談を重視したエージェントを利用する
・現地に赴き生活してみる

まずはじめに転職活動で必要なスキル、特に英語力を事前に身につけておきましょう。「英語ができるか、できないか」で就職先の選択肢が変わります。いわば足切りのようなものですし、努力次第で短期間で向上するのが英語です。

次にエージェント選びのポイントは、ズバリ「キャリアビジョンが明確になるかどうか」です。海外就職という「周りの人とは違う選択」をすることで、自分の進路が想像できなくなるかもしれません。しかし重要なのは、海外就職以前に「自分がどうなりたいか。そのビジョンを実現するために、どのように働くか」ということです。

その上で初めて「どの国で、どの企業で、どのように働くか」という海外就職の視点が生まれます。つまり、キャリアアドバイザーに本来求めるべき「キャリアビジョンの明確化」をないがしろにしないことで、ミスマッチのない企業選択ができるでしょう。

英語力を向上させ、自分のキャリアビジョンに合った国と企業が見つけました。最後に「現地で生活できるかどうか」を実際に足を運び体感しましょう。シャワーの水が合わないかもしれないですし、日本食を食べる機会がないかもしれません。そのようにして、旅行ではなく現地目線で生活する自分を想像できて初めて「海外就職」の実現が目の前になるのです。

サウスピークの「海外就職準備プラン」のススメ

サウスピークでは「語学留学の新しい基準を創り、生徒の市場価値を創る。」というミッションのもと、海外就職をゼロから実現する体制を整えています。それが「海外就職準備プラン」です。サウスピークの「海外就職準備プラン」の特徴は、前に述べたような「転職エージェント」を用いたポイントを踏まえ、海外就職活動を行えることです。

「本気留学」サウスピークでTOEIC600以上を目指す

サウスピークは「3ヶ月でTOEICの点数が平均200点上がる語学学校」です。その上でTOEICの点数だけでなく、話す・書く能力も向上します。なぜなら短期間で、日本人の英語力を向上させるノウハウと実績があるからです。また海外就職で必要となる英文履歴書の添削、英語面接対策が行えます。1日10時間以上真剣に学ぶ環境ですので、短期間で海外就職に必要な英語力を身につけることができるのです。

参考記事:平均10時間の学習時間、徹底的に英語学習が出来る環境

「積極支援」海外複数国での就労経験者がキャリアサポート

海外就職アドバイザーの神農(かんの)

サウスピークの海外就職準備プランでは、海外就職アドバイザーがキャリア面談を行い、海外職の後の将来的なキャリアビジョンについて相談に乗ります。またアドバイザーとともにキャリアビジョンを検討した上で、応募書類の作成が行えます。

あくまで転職エージェントの価値は、このキャリア面談にあります。数多くの求人を持っていても、その人にあった企業選びができなければ、ミスマッチが起こるからです。サウスピークでは「適性」と「キャリアビジョン」に応じた就労国、企業、職種選びのサポートを行います。

「海外就職準備プランでは、初めにキャリアアドバイザーの方と一緒に、自分のキャリアを洗い出すんです。自分の経歴を振り返っているなかで「これは、スキルなんじゃないか??」って発見できるわけです。それは、すごくありがたかったですね。」
参照:フィリピン留学が「欧州就職」を導いた。マレーシアからドイツへの2カ国海外就職を果たしたMasanoriさん

「発展途上国」フィリピンで生活する

サウスピークはフィリピンのセブ島にありますので、2ヶ月から3ヶ月ほど留学すれば、自分が「海外で生活ができるかどうか」の適性を見極められます。いきなり海外就職をするよりも、サウスピークでの留学を挟む方がリスクを回避できるのです。

参考記事:東南アジアで就職は危険?治安情報について

サウスピークは、一般的な転職エージェント同様に、

・短期間で就職しやすい
・現地情報を手に入れられる
・非公開案件を紹介してもらえる

というメリットがあります。その一方で、
・選考通過率が上がるわけではない
・ミスマッチ率が下がるわけではない
・現地生活の適性を判断できるわけではない

というデメリットを解消する仕組みを作りました。フィリピン留学を通して「英語力」だけでなく、海外転職活動で求められる「その他のスキル」が身につきます。「語学留学の新しい基準を創り、生徒の市場価値を創る。」というミッションを掲げるサウスピークだからこそできる「海外就職準備プラン」。ご興味ある方は、下記の画像をクリックしてください!

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-アジア就職

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.