英語力が一番伸びる語学学校

ブロックチェーンエンジニア

未経験でも可能!ブロックチェーンエンジニアとして就職するには?

仮想通貨やブロックチェーンに興味があり、エンジニアとして働きたいと考える人は中にはいるはず。知識を身につけるだけでブロックチェーンエンジニアとして働けるのが現状。

ブロックチェーンを活用してシステムを開発するエンジニアが少ないから、転職するハードルが低いのです。未経験の人がブロックチェーンエンジニアとして就職する方法を解説します。

ブロックチェーンエンジニアとは何か?

仮想通貨やDAppsの基盤にあるブロックチェーンを使って、開発や管理をするのがブロックチェーンエンジニア。仕事内容を細かく分けるとブロックチェーンエンジニアには2種類あります。

・ブロックチェーン本体の研究や開発を担当するエンジニア

・ブロックチェーンを活用してシステムやアプリケーションを開発するエンジニア

IT業界ではブロックチェーン自体の研究よりも、ブロックチェーンによるシステム開発のほうが需要が大きいです。例えば仮想通貨取引所を運営したりイーサリアム上でアプリケーションを開発したりします。

ブロックチェーンを最初から開発するよりも、既存のブロックチェーンを活用するほうが効率が良いのです。開発する分野やサービスによってエンジニアに求められるスキルは変わります。

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容

ブロックチェーンエンジニアの具体的な仕事内容はいくつかあります。例えば仮想通貨取引所を運営する企業であれば、ペイメントサービスやウォレットの開発などをエンジニアが担当。

イーサリアムのスマートコントラクトを使用してアプリケーションを開発する場合もあります。資金の移動に契約を定められるスマートコントラクトで新しいサービスを開発する場合もあるのです。

ブロックチェーン本体を研究して独自のブロックチェーン技術を開発する事業もあります。技術面で発展の余地があるブロックチェーンを調査して、新しい技術の発明を目的としているのです。

仮想通貨のイメージが強いブロックチェーンですが、実際にはアプリケーションや新技術の開発もあります。興味のある分野でブロックチェーンエンジニアとして働くことがオススメです。

ブロックチェーンエンジニアが使う言語

担当する分野によってブロックチェーンエンジニアが使う言語は違います。例えばビットコインやビットコインキャッシュ、ライトコインの本体を研究して開発するにはC++が必要です。

ブロックチェーンを活用したWebサービスを開発する場合はJavaScriptが役に立ちます。ブロックチェーンのライブラリが多数あり、仮想通貨のトランザクションやアドレス生成はJavaScriptだけで実装可能です。

イーサリアム上で動作するDAppsの開発にはSolidityを利用します。C言語やJavaを経験した人であればSolidityの使い方は分かりやすく、DAppsの開発ハードルが低いのが特徴です。

ブロックチェーン事業を展開している企業にはC#やJavaでの開発を求めるところもあります。自分が働きたい分野から最適なプログラミング言語を勉強してみると良いですね。

ブロックチェーンエンジニアの年収

これから普及するブロックチェーンを開発できるエンジニアは少なく、人手不足だから年収が高い傾向にあります。CNBCによるとブロックチェーンエンジニアの平均年収は15万ドルから17.5万ドル。

典型的なソフトウェアエンジニアよりも1.5万ドル以上平均年収が高いのが特徴です。日本円に換算して1,500万円以上も稼げるのですから、待遇がかなり良いことが分かります。

日本国内でもブロックチェーンエンジニアを確保するために高い給料を支払う企業はあります。GMOコインを運営するGMOインターネットの求人では500万円から800万円の年収を想定しているのです。

仮想通貨の普及やブロックチェーンの発展により、ブロックチェーンエンジニアには将来性があるのも事実。キャリアに悩んでいる人の転職先としてもブロックチェーンエンジニアはオススメです。

ブロックチェーンエンジニアになるには?

平均年収や仕事内容を見てブロックチェーンエンジニアになりたいと考える人もいるはず。知識を身につければブロックチェーンエンジニアになれますが、勉強するハードルは高いものです。

ブロックチェーンにはさまざまな独自の言葉があります。トランザクションやスマートコントラクト、コントラクトアドレスやマイニング、ハッシュ値や公開鍵暗号方式などです。

これらの専門用語を開発するときに使う必要があり、未経験には意味を理解しにくいのが欠点。エンジニアとして働いたことがない人が用語に慣れるまで数カ月は必要になります。

スムーズにブロックチェーンエンジニアとして就職するには、段階を踏んでブロックチェーンを勉強することが重要。未経験者にオススメの勉強法は以下の通りです。

・ブロックチェーンの基礎を理解する

・クライアントソフトでブロックチェーンを体験する

・アプリケーションを作ってみる

・Webアプリケーションを作ってみる

どのように勉強すれば良いのか、それぞれ詳しく解説します。

ブロックチェーンの基礎を理解する

ブロックチェーンを活用するためにまず、ブロックチェーンの基礎を理解しましょう。ブロックチェーン技術における仕組みや専門用語を最初に知っておくことで、スムーズに勉強が進みます。

オススメの本は「ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術」です。ビットコインの技術仕様をグラフや例を活用して解説しているから、未経験者にも分かりやすいのが特徴。

簡単にブロックチェーンを理解するために基本部分だけを記載した「コンサイス版 ビットコインとブロックチェーン」もあります。勉強する時間が取れない人はこちらがオススメです。

技術を前もって知っておくことでブロックチェーンを理解できるようになり、開発や研究でつまづくことが減ります。最低限の知識を最初に身につけておくことが重要です。

クライアントソフトでブロックチェーンを体験する

仮想通貨を発行する団体が提供するクライアントソフトを利用することで、簡単にブロックチェーンを体験できます。実際にアプリを開発する前に、ブロックチェーンを触ってみましょう。

イーサリアムを操作できるクライアントソフトには”geth”があります。イーサリアムの環境構築をDockerで行う記事を参考にすることで、イベントログやブロックを確認可能です。

ビットコインのAPIをdockerで環境構築することもできます。bitcoindをdockerで環境構築する記事を参考にビットコインのクライアントソフトを体験してみると良いですね。

アプリケーションを使ってみる

イーサリアムには独自の機能であるスマートコントラクトが備わっています。スマートコントラクトはイーサリアム公式チュートリアルを活用することで未経験者でも簡単に操作可能です。

チュートリアルを進めることでクラウドセールや投票機能といったサービスを利用できます。スマートコントラクトを触ってみてどのような機能があるのか知ることを勧めます。

Webアプリケーションを作ってみる

もしIT業界で働いたことがなくエンジニア未経験であれば、Webアプリケーションを試しに作ることを推奨します。ブロックチェーンアプリとの違いを知ることで仕様の違いを理解できるのですから。

ブロックチェーンで実現できることと実現できないことを知れば開発するための知識を身につけられます。実際の現場でブロックチェーンを活用するときに開発経験が役に立つものです。

Webアプリを開発するのにオススメの本は「Webサーバを作りながら学ぶ 基礎からのWebアプリケーション開発入門」です。未経験者でも基礎からWebサービスを学べます。

オススメのプログラミングスクールは?

参考書やインターネットを使えばブロックチェーンを勉強することは可能ですが、未経験者にとって分かりにくいところもあります。スムーズにブロックチェーンを理解するにはプログラミングスクールがオススメ。

ブロックチェーン未経験者に最適なプログラミングスクールは以下の3つ。

・テックアカデミー

・テックブースト

・FLOCブロックチェーン大学校

なぜこれらのプログラミングスクールがオススメなのが、詳しく紹介します。

テックアカデミー

テックアカデミーはオンラインで受講できるプログラミングスクール。パーソナルメンターからサポートを受けつつ、問題をクリアしながらプログラミング技術を身につけられます。

仕組みを学べるブロックチェーンコースがテックアカデミーにはあり、基礎からトークンの作成まで勉強できるのが特徴。ウォレットやセキュリティを学んでブロックチェーンの全体像を理解できます。

ブロックチェーン技術を身につけて仮想通貨業界に転職したい人にオススメです。

テックブースト

実務経験のあるエンジニアから直接プログラミングを学べるのがテックブースト。技術を学ぶだけでなくあなたのキャリアアドバイスやサポートまで専門家が担当します。

イノベーティブコースを選択すればブロックチェーン技術を学ぶことが可能。コースには他にも機械学習を学べるAIや電子工作により実現できるIoTについても詳しく学べます。

日々の学習時間が短い人に長期間サポートするプランもあるため、仕事で忙しい人でも安心。オフラインでプログラミングを学びたい人にオススメです。

FLOCブロックチェーン大学校

ブロックチェーンを専門的に学べるスクールがFLOCブロックチェーン大学校。技術を身につけてブロックチェーン業界に転職したい人のためにサポートします。

学習コースはベーシックコース、ビジネスコース、エンジニアコースの3つ。エンジニアコースにはブロックチェーンを実践する科目とスマートコントラクトを開発する科目があります。

専門的な技術をしっかりと身につけて、ブロックチェーンエンジニアとして働きたい人にオススメです。

未経験でもブロックチェーンエンジニアになろう!

基礎知識を身につけてブロックチェーンを経験するだけでブロックチェーンエンジニアとして働けます。スキルを身につけるためにスクールや本を活用して勉強してみると良いですね。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-ブロックチェーンエンジニア

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.