英語力が一番伸びる語学学校

アジア就職

プロに聞いた!海外就職で「資格」より求められる3つの「スキル」

「海外就職」で人気の資格とは

転職することが当たり前の昨今では、資格を取ることが有利だといわれています。海外での転職活動においては、どのような資格が人気なのでしょうか。

・TOEIC
TOEFLやIELTsは世界基準で英語力を証明できる資格ですが、日系企業の現地法人に求人応募する場合は、TOEICの方が認知度が高く人気です。

・日商簿記2〜3級
・BATIC(国際会計検定)
上記のような会計や経理、財務関係の資格が人気なのは、海外就職者が「管理する側の立場」に任される傾向が強いからです。そのため前もって経営資源である、カネに関する知識をつけている人が多いのでしょう。

・その他専門的な資格
商社、物流会社で働く際に「貿易実務検定」「通関士」の資格が人気であるように、産業別で異なる人気の資格があります。

採用担当者が見ているのは「資格」よりも「スキル」

上記の資格が人気だと述べましたが、実際にどれほど価値があるのでしょう。実のところ、海外に拠点を置く企業の採用担当者は必ずしも「資格」を重視しているとは言えません。むしろ「スキル」があるかどうかが見られています。

スキルとは「実務レベルで役立つ能力」です。「資格の保持がスキルを証明する」と必ずしも言えないからこそ、資格の価値が下がっています。

というのも海外にある日系企業で長く採用に携わっている人ほど「資格だけあってスキルのない人材を採用し、成果を残さず離職された」という経験をしています。そのような経験の繰り返しの中で、海外にある日系企業は、資格を重要視しなくなりました。このような傾向は長く海外にて現地法人を置いている企業ほど、強い傾向にあるのです。

現場で求められる「スキル」とは

海外採用担当者が求めるスキルとは、以下のようになります。
・英語力
・ストレス耐性力
・当事者意識

これらのスキルは「海外で生活する能力」と「海外で成果を残す能力」を示しています。「英語力」と「ストレス耐性力」は、海外採用担当者からすると「海外で生活する能力」を示しておりマストなスキルです。

なぜなら、そもそも海外で働くことは「海外で生活できること」を前提としているからです。英語を話せなければ、その国のローカル社員と円滑なコミュニケーションが取りにくいですし、ストレス耐性がなければ、現地で起こる様々なトラブルに対応しづらいです。

人手が足りていない状況で、採用担当者は「早期離職されること」を避けようとします。そもそも「海外生活が合っていない」人材は、就労国とのミスマッチを感じて日本へ帰国する可能性が高いですから、求められません。

その上で「海外で成果を残せるかどうか」を証明するためには「当事者意識」が求められます。「海外で働ける日本人」を求める企業は多いものの、その企業ごとの採用する日本人の数は多くありません。その結果、日本人社員1人あたりに与えられる裁量権や業務量は、必然的に多くなります。

場合によっては勤務開始早々から、部門を統括するマネジメントの役割を任されることもあるほどです。「ローカル社員は言うことを聞かないからダメだ」と文句を言うのではなく、事業単位で物事を考えられるような「責任を持って行動できる姿勢」、つまり当事者意識が求められます。

海外就職でスキルが評価された人たち

資格ではなく、以上のようなスキルが評価され、海外就職で活躍されている人を紹介します。

サウスピークへの留学を経て、ベトナムの日系食品メーカーで働くMisatoさんは、2つの部門を管理しています。1つの部門ではインターコンチネンタルや、ヒルトン、シェラトン、マリオットホテルのような5つ星ホテルが取引先です。

もともと顧客の8割くらいが日本人だったそうですが、今では日本人顧客が3割、外国人の顧客が7割程度になったそうです。なぜなら取引数が増え、それだけ外国人相手に働く機会が増えたからとのことです。

参考:一度は諦めた憧れの「海外で働く」を実現。超一流5つ星ホテルと取引するMisatoさんの海外就職

サウスピークで「海外就職の準備」を終わらせたMasanoriさんは、マレーシアにて転職されました。その後ドイツにある日系食品メーカーに二カ国転職され、現地にて日本の食文化を広めるため奔走しています。

ドイツ就職を成功させた理由をお伺いすると「マレーシアでの経験を評価されたから」だそうです。彼曰く「欧州と東南アジアで、意外なほど同じようなことで苦労する」とのこと。だからこそ、世界中どの国でも「海外で生活して、働ける」という経験が評価されるのです。

参考:フィリピン留学が「欧州就職」を導いた。マレーシアからドイツへの2カ国海外就職を果たしたMasanoriさん

そのように「海外就職で求められるスキル」を兼ね備えた人材は、その後日本に帰国してもキャリアアップができます。日系IT企業のベトナム拠点に海外就職してPMOとして活躍されたKentaさん。年収大幅増で、外資系企業へと転職を果たしました。

採用担当者が見ているのは「資格」よりも「スキル」

まとめますが、採用担当者が見ているのは「資格」ではなく「スキル」です。もちろん資格があるに越したことはありませんが、面接で「自分にスキルがあるかどうか」を証明しない限り、海外就職を実現するのは難しいでしょう。

では前に述べたような「英語力」と「ストレス耐性」、「当事者意識」をどのようにして証明できるのでしょうか。語学学校サウスピークでは、海外就職候補者の「英語力」と「ストレス耐性」「当事者意識」すべての点でサポートすることができます。

サウスピークでTOEIC600以上を目指す

サウスピークは「3ヶ月でTOEICの点数が平均200点上がる語学学校」です。その上でTOEICの点数だけでなく、英語で話す・書く能力も向上します。なぜなら短期間で、日本人の英語力を向上させるノウハウと実績があるからです。また海外就職で必要となる英文履歴書の添削、英語面接対策が行えます。1日10時間以上真剣に学ぶ環境ですので、短期間で海外就職に必要な英語力を身につけることができるのです。

発展途上国フィリピンで生活する

サウスピークはフィリピンのセブ島にありますので、2ヶ月から3ヶ月ほど留学すれば、自分が「海外で生活ができるかどうか」のストレス耐性を見極められます。いきなり海外就職をするよりも、サウスピークでの留学を挟む方がリスクを回避できるのです。

海外複数国での就労経験者がキャリアサポート

海外就職アドバイザーの神農(かんの)

サウスピークは海外就職者をサポートする海外就職準備プランを実施しています。本プランでは海外就職アドバイザーがキャリア面談を行い、海外職の後の将来的なキャリアビジョンについて相談に乗ります。またアドバイザーとともにキャリアビジョンを検討した上で、応募書類の作成、求人紹介を行えるのが特徴です。キャリア面談を通して、海外就職に必要な当事者意識を芽生えさますので、企業と海外就職希望者の両方にとって満足のいくマッチングが行えます。

本記事では「資格より求められるスキル」をご紹介しました。海外就職を検討されている皆さん、スキル持ってますか。海外就職準備プランにご興味を持たれた方は、下記の画像をクリックしてください。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-アジア就職

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.