英語力が一番伸びる語学学校

エンジニアの英語勉強法

エンジニアが使う英語はスラッシュリーディングでスラスラ読める!

システム開発やプログラミングにおける情報には長文の英語が多くあり、ITエンジニアにはリーディングする能力が求められます。英語を理解している人でも英文を読めないことがあるはず。

構文を理解していなければ文章の意味を正しく理解できないし、英文に慣れていなければ文章を読むのに時間もかかります。欲しい情報を知るのに時間がかかるのは面倒なことです。

英文をスラスラ読むためには、スラッシュリーディングする方法があります。ITエンジニアとして英語を扱うために、英文を区切ることで読むやり方を知っておきましょう。

スラッシュリーディングとは?

自分が読もうとしている英文の適切な箇所にスラッシュ(/)を入れて、理解しやすい状態にしてから英文を読むのがスラッシュリーディングです。イメージを持つために次の例文を見てみましょう。

“I can not believe that there are many problems with the system he programmed.”
(彼がプログラミングしたシステムに不具合が多いことを信じられない。)

that節や接続詞、隠れている代名詞がありリーディングに慣れていない人が上記の英文を読むのは難しいことです。ですが例文にスラッシュを入れることで読みやすくなります。

“I can not believe / that / there are many problems / with the system / he programmed.”

スラッシュで英文を細かく区切ることで、スラッシュする前よりも意味を理解しやすくなるものです。英文にスラッシュを入れるべき箇所については記事の後半で解説します。

スラッシュリーディングするメリット

英文にスラッシュを入れることで得られるメリットは、読むスピードと理解度の向上です。自分が読む文章の意味を理解しやすいから、英語の情報を正しく理解してスラスラ読めます。

ITエンジニアがよく直面する英語の長文を読みやすくすることもメリット。複雑な文章に区切りをつけることで細かく意味を理解できて、最終的には文における全体の意味を知ることができるのです。

スラッシュリーディングして英文をスムーズに頭で理解することで、リスニングやライティングの能力を伸ばすのに役立ちます。スラッシュリーディングは英語力を向上させることがメリットです。

例文でスラッシュリーディングする方法を解説

英文をなんとなく区切っってしまうと読みにくくなってしまい、スラッシュリーディングのメリットがなくなります。正しい箇所で英文を区切るために例文でスラッシュリーディングする方法を見ておきましょう。

動詞で区切る場合

主語に代名詞や動名詞といった要素が含まれていて、動詞が文章の後半にあるときは動詞で区切ります。

“A large number of popular sushi restaurants in Japan / accept IC cards.”
(日本に数多くある人気の寿司屋ではICカードを使用できます。)

英語の文章には必要性により主語に補足情報を追加する場合があり、結果的に主語と動詞の位置が分かりにくくなるのです。形容詞や副詞があって文章が読みにくい時は、動詞の前で区切ることを勧めます。

関係詞で区切る場合

複数の文章を接続するために使われる英語表現として関係詞があります。文章のイメージとしては前部分でだいたいの意味を表して、後部分で細かい情報を示すものです。

文章が繋がっていると意味が複雑になってしまうため、関係詞でスラッシュすることがポイント。以下の例文を見て区切ることを意識しておきましょう。

“The time will come / when artificial intelligence exceed human intelligence.”
(人工知能が人間の知能を超える時が来るだろう。)

“There was a media artist / who used to live three next door.”
(3つ隣に以前、メディアアーティストが住んでいた。)

前置詞で区切る場合

名詞に補足情報を追加して正確な意味を表現するものが前置詞です。場所や時間といった情報が前置詞の後ろに書かれている場合があり、スラッシュしておくと意味を理解しやすくなります。

“Company executives collapsed / with anemia / during the meeting.”
(会社の役員が会議中に貧血で倒れてしまった。)

“The reputable politician / on this TV / is my father.”
(このテレビに出ている評判の良い政治家は私の父です。)

前置詞で使われている英単語をそのまま翻訳すると、意味が正しくならないため注意が必要です。スラッシュにより英文を分けておき、名詞に情報を加えてリーディングしましょう。

接続詞で区切る場合

2つの文章をつなげるには関係詞だけでなく、接続詞を使う場合もあります。つながった複数の英文はそのままだと読みにくいため、接続詞でスラッシュしておくことが重要です。

“I was absent from school / because I broke down in the accident.”
(私は事故で骨折してしまったので、学校を休みました。)

“I will go out on a expedition without problems / If the weather for tomorrow is sunny.”
(明日の天気が晴れたら、私は問題なく遠征に出かけます。)

前置詞や関係詞によって複数の文章が繋がっている場合は区切りをつけて、後ろから読むと意味を理解しやすくなります。英文を読めない時はまず、文章を分けるのがポイントです。

カンマ(,)で区切る場合

英語のドキュメントには文章に補足説明を加えたり、文章に区切りを入れたりするためにカンマが使われます。英文の読みやすさを重視する人は、日本語の読点にあたるカンマにスラッシュを入れましょう。

“If you have a basic income, / you can live what you like.”
(もしベーシックインカムがあれば、好きなことして生きていけるのに。)

“In order to automate work, / it is necessary to introduce RPA.”
(仕事の自動化をするためには、RPAの導入をする必要がある。)

英文にはカンマだけでなく、セミコロン(;)やコロン(:)が使われる場合があります。コロンの場合でもカンマと同じく、区切ることで意味を理解しやすくなるものです。

“I am Atopic dermatitis; / my body is itchy.”
(私はアトピー性皮膚炎だから身体が痒い。)

“I like to eat: / ramen, / sushi and steak.”
(ラーメンや寿司、ステーキを食べることが好きです。)

英文に慣れていない人は文章における記号にもスラッシュすることを勧めます。

スラッシュリーディングのコツとは?

ドキュメントや仕様書における英文は、スラッシュで区切ることにより意味を理解しやすくなります。ですが英文を素早く理解するには、いくつかのコツを知っておくことが重要です。

英語を完璧に和訳しないこと

学校では英語を正しく翻訳する必要があり、英文を完璧に翻訳するのを無意識のうちに行っている人が多くいます。英語をスムーズに使いたい人は完璧に和訳するのをやめましょう。

英文を完璧に和訳すると英文を後ろから読んでしまい、リーディングに時間がかかります。短ければ問題ありませんが、長文のドキュメントを読むのに手間がかかるのは避けたいことです。

スラッシュを付けた後であれば、英文を前から読んでもある程度は意味を理解できます。完璧に和訳するのではなく、ある程度の意味を理解しながらリーディングすることを意識すべきです。

自分で英文を区切ること

リーディングを勉強できる教材やアプリには、英文にスラッシュが前もって付けられている物もあります。スラッシュに慣れていない初心者でも、英文を読みやすいのはメリットです。

しかし英文を素早く読むためには、自分で英文を区切りましょう。スラッシュされた英文をひたすら読むのではなく、自分の力で根拠を持って英文を区切ることが重要です。

ITエンジニアが扱う英語のドキュメントや仕様書には、最初からスラッシュされている場合はほとんどありません。正しく英文を区切れるよう、スラッシュするところから勉強すべきです。

練習して英文に慣れること

英語は日本語と同じく言葉であり、たくさんの英文を読むことで英語に慣れることが可能です。必要な時にスラッシュリーディングするのではなく、いつも英語を読んで練習しましょう。

以下に紹介するアプリや教材を使って勉強するのもアリですし、英語アプリの「mikan」や「iKnow」で単語を覚えるのもオススメです。普段から英語力を鍛えることでより良いリーディングにつながります。

スラッシュリーディングに慣れた人は海外のニュースサイトを読んでみたり、英語の掲示板で読み書きしたりするのも良いですね。日々の中で英語を使うことがポイントです。

英語に慣れるために役立つ教材

スラッシュリーディングで英文を理解するのにオススメのアプリは「POLYGLOTS」です。興味のあるテーマの記事を英語で読めて、アプリの機能により英文を区切ることができます。

英文のスラッシュには2段階のレベルがあり、慣れてきたらスラッシュの数を減らすことが可能です。英語に慣れた人はスラッシュ無しで読むと、リーディング力を高められます。

ITエンジニアが使う仕様書やドキュメントでリーディングに慣れたい人は「現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング」を使うのもオススメです。

スラッシュリーディングで素早く英文を読もう!

文章と文章における単語や記号にスラッシュすることで、英文が読みやすくなり理解しやすくなります。英語の文章を読めない人は英文の区切り方を理解して、リーディングを練習しましょう。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-エンジニアの英語勉強法

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.