英語力が一番伸びる語学学校

エンジニア向け英語学習法

メーカーエンジニアとして、独学でアメリカ人顧客対応できるに至ったスピーキング勉強法

皆さんこんにちは!Taka(@taka0819_lab)です。

英語学習者の方であれば、スピーキングの悩みを抱えている人も多いはず。

「言っていることは分かるんだけど、話すときに英語がでてこない」

実際に私は多くの英語学習者に出会ってきましたが、リスニングはできてもスピーキングに難しさを感じている方が多かったです。

わたしのスピーキング力について:場数を踏むことの重要性

スピーキングの勉強法を書く前に、自身のスピーキング力の変遷をご紹介します。

大学4年(当時22歳)のとき、はじめて英語を話すための勉強に手を付けました。当時の私はTOEIC400点代でまったくといっていいほど英語を話せませんでした。

そのころ、大学の研究室にドイツ人のポストドクター(博士過程を修了してから大学のゼミ内で研究している人)がいたので、毎日朝8:30から9:00までの30分間、コーヒーを一緒に飲みながら英語でコミュニケーションをとっていました。英単語とボディランゲージを駆使していたことは今となってはいい思い出です(笑)。

毎朝のコーヒータイムでのコミュニケーションこそが、私の英語学習の原点だとも言えます。今振り返れば、英会話の基礎は場数だと思いました。また、場数を踏むことで、いざ外国人と話すときでも本来の英語力を発揮することができます。

そんな私も30歳になった今、仕事でアメリカに駐在し、アメリカ人顧客を担当できるまでになりました。

私は日本にいるときは自動車部品のエンジニアでしたが、現地ではセールスエンジニアとして、技術的な質問に対する回答から、営業活動も行っています。現地での新規案件受注に向け、英語での説明能力や交渉力をつけることが今の課題です!

独学でスピーキング力を上げる方法①オンライン英会話

大学時代のわたしのように、近くに外国人がいれば英会話の場数も踏めます。

しかし、そうではない方のほうが多いでしょう。私も実家は和歌山県のとある田舎ですが、ほとんど外国人がいないので、対面で英会話するのは難しいです。

そんな方にオススメするのは、オンライン英会話です。 Skypeなどを使ってWEB上で英語レッスンを受けるシステムです。

私は日本にいたとき、DMM英会話を受講していました。今現在では多くのオンライン英会話があるので、色々試してみればいいのではないでしょうか。DMM英会話も初回は無料で受講できますよ。

実際に人と会ってコミュニケーションするのが難しい環境の場合は、是非オンライン英会話にチャレンジしてみてください。オンラインなので値段も当然安いです。

独学でスピーキング力を上げる方法②外国人講師紹介サービス

二つ目はマンツーマンで英会話の授業を受けることです。ひとつは、外国人講師紹介サービスです。

スターバックスなどのカフェにて日本人が外国人から英語で授業を受けているのを見かけることがあるかと思います。それがまさに、外国人講師紹介サービスです。

このサービスでは、まず先生を探す必要があります。グーグル検索をかければ色々と先生紹介サイトがあるかと思います。私が利用していたのは、ハロー先生ドットコムです。

仲介料手数料は数千円かかりますが、先生のメールアドレスを知ることができ、その後は仲介なしで直接コンタクトを取ることが可能です(つまり手数料ははじめだけ)。サイト内の先生プロフィール欄から、自分に合いそうな先生を選んでみてください。

もし英語だけでは不安なのであれば、日本語も話せる方がおススメです。。理想は英語だけを使ったコミュニケーションですが、はじめは日本語も混ぜながら先生と一緒にスピーキングのトレーニングに励んでください。

値段は、相場的には1.5時間で3000円くらいでしょう。

国内の英会話学校は、高価格

さて、皆さんの中には「日本の英会話スクールはどうなの?」という素朴な疑問があると思いますが、個人的には英会話学校でも問題はないと思います。

ただし、英会話学校のデメリットとして授業料が高いことが挙げられます。外国人講師仲介サービスと比べ、価格は2倍以上違うと思います。

また、英会話学校に行く場合でも、マンツーマンレッスンがおススメです。グループレッスンになると、英語に自信がある方や、私のように目立ちたがり屋(笑)ばかりが英語を話してしまい、授業中に自分が英語を話す機会を失う可能性があります。

また、マンツーマンレッスンの方が効率的に英語学習ができます。理由は同じ時間授業を受けた時に英語を話せる量がマンツーマンの方が多くなるからです。

独学でスピーキング力を上げる方法③フィリピン留学

語学留学も実戦で英会話をするためには非常に良い環境だと思います。私の場合は、27歳の頃に、今現在も務めている会社内の海外トレーニー制度にて、アメリカの語学学校に3ヶ月間行っていました。

英語はかなり上達しました。やはり語学学校の環境は、英語学習者にとっては素晴らしい環境ですね。

語学留学をするためにはお金とまとまった時間が必要になります。費用については、フィリピンなどの物価が安いところを留学する場所とすれば、抑えることができますね。

また、アメリカの語学学校はグループレッスンのスタイルでしたが、フィリピンの語学学校ではマンツーマンのレッスンを毎日複数コマ受講できます。留学にかかる費用を抑えることができる&マンツーマンのレッスンを受けられるフィリピン留学は魅力的です!

会社員の方は転職の合間か有給休暇中に、ぜひフィリピン留学にチャレンジしてみてください。

私は大学4年になるまで「英語は大人になってからは喋れない」と思っていたので、語学留学のことなんて全然考えていませんでしたが、もし今学生に戻れるなら、親にお金を借りてでも経験したいですね。

独学でスピーキング力を上げる方法④クイックレスポンスの練習

スピーキングの練習の中で意識してほしいことは、質問に対してなるべく早く回答(クイックレスポンス)するということです。例えば、「Are you a student?」と聞かれたときに、「Yes/No」をすぐに答える練習をするなどがあります。

コミュニケーションはテンポが大切です。質問に対してなるべく早く回答することで、聞き手も違和感なくコミュニケーションをとることができます。

はじめのうちは難しいかもしれませんが、意識するだけでも、段々と返答スピードが速くなってきます。また、クイックレスポンス の最大の利点として、英語を日本語に変換しなくなることです。

つまり、英語を英語のままで理解して、英語で返答することができるようになります。これができるようになるためには、なるべく聞かれた英語に対してすぐに返答する練習をしていく必要があるのです。

実践英会話・オンライン英会話を行う上で、クイックレスポンスを意識しながらコミュニケーションをとって頂ければと思います。

今回は私がオススメする英語スピーキング勉強法をご紹介しました。私が22歳から実践して効果のあったものなので、皆さんも是非参考にしてみてください。

英会話はスポーツ!失敗を恐れずに場数を踏もう

最後に、スピーキングに関して私から以下2つの重要なことを記載したいと思います。

本記事でご紹介したスピーキング勉強法は、すべて「実際に自分で英語を話す」ことがポイントになっています。

私は英会話はスポーツのようなものだと考えています。子供の頃に自転車に乗る練習をしたときのことを覚えているでしょうか。

当時、「自転車の乗り方」という教科書を読んだから、乗れるようになったでしょうか。わたしは読んでいません。とにかく、自転車に乗って乗りこなす練習を重ねました。

英会話も同じです。実際に話す練習の場数を重ねないことには、上達しません。英文法・単語の知識も必要ですが、英会話の上達には、簡単な英語でもいいので話す練習をすることが大切です。

その際、失敗を恐れないことも大切です。間違った英語は、周囲に笑われたり、ダメだしされたりすることもあるでしょう。

しかし、そもそも失敗は成功への過程なのです。失敗なしで成功することはありえません。成功した人だけが知っていることです。

「英会話を上達させるために、いま失敗しているんだ」と考えて、どんどんチャレンジしてください!

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-エンジニア向け英語学習法

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.