英語力が一番伸びる語学学校

エンジニア×英語

英語に悩むエンジニア必見!リーディングに役立つスキャニングとは

日本で働いているITエンジニアであっても、英語の仕様書やリファレンスを読む機会はあります。仕事をスムーズに進めるためには、つまづくことなく英文を読めたほうが良いですよね。

長文で書かれた英語のドキュメントを素早く読めないITエンジニアのために、リーディングに役立つスキャニングを解説していきます。実用的なテクニックを知っておきましょう。

リーディングに役立つスキャニングとは?

仕様書やドキュメントには大量の文章があり、欲しい情報を見つけ出すテクニックをスキャニングと言います。英語をリーディングする時だけでなく、日本語でも使えるのがポイント。

辞書から自分の知りたい単語を見つけるために全てのページを読む人は少ないはず。仕事だけでなく日常においても、必要な情報を見つけるのに大半の人々はスキャニングしているのです。

例えばシステムの稼働中にエラーが発生した時は、エラーコードやエラーメッセージから検索して不具合の対処法を探します。特定のエラーについての情報が必要であり、その他の情報は無視するのです。

期限が決められている仕事において、ITエンジニアが英文を読む時間は限られています。英文をスキャニングすることは限られた時間の中で、必要な情報を得るために役に立つのです。

スキャニングするメリット

リーディングにおけるテクニックであるスキャニングを活用できると2つのメリットがあります。1つは最低限の手間で必要な情報を得られるから、英文を読む負担が少なくなることです。

日本語に慣れているITエンジニアにとって、英語のドキュメントを読んで理解するのは手間がかかるもの。リーディングする時間が短くなれば英文を読むハードルが下がって楽になるのです。

スキャニングは仕事で必要な情報を得るだけでなく、英語の試験で高得点を得るのにも役立ちます。ITエンジニアの転職に必要なTOEICで高スコアを取るためにもスキャニングは効果的です。

リーディングにおいてスキャニングはメリットがありますが、正しくスキャニングするには読者が英文を正しく読める前提もあります。

以下にあるスキャニングの方法やリーディング力を伸ばす方法を理解しておきましょう。

英文をスキャニングする方法

英語の試験で出題される問題を仮定して、スキャニングする方法を解説していきます。

“Which school did Mike learn about programming?”
(マイクはどこの学校でプログラミングを学びましたか?)

1つ目の例題ではマイクが技術を学んだ場所を問われるとします。英語の文章にはマイクが通った学校の名前が書かれているのです。

”Mike”や”programming”を含んでいる英文を探して、その辺りの英文を読めば答えは見つかります。単語を含んだ英文だけでなく、前後の文も読んで情報を探しましょう。

“What did Eric do after coming to the United States on January 1st?”
(エリックは1月1日にアメリカに来て何をしたのですか?)

2つ目の例題ではエリックについて質問されています。英文では”Eric”や”United States”という単語が複数ある可能性があり、代名詞でスキャニングするのは難しい場合もあるのです。

あまり出現していない特定の単語から英文を探して、質問に回答することがポイント。
”January 1st”という日時から英文を探して、エリックが行ったことを見つけ出すのが重要です。

“Why the project is going up in flames?”
(なぜプロジェクトが炎上するのですか?)

3つ目の例題ではITエンジニアが関わるプロジェクトが炎上する理由を質問しています。英語の長文にはプロジェクトの全容が記載されてあり、英文から炎上した理由を探すことが必要です。

この場合では炎上を示す”flame”を長文から見つけて、単語が含まれた英文やその前後の文章を読むと効率的に答えを見つけられます。出現回数の少ない単語でスキャニングすることがポイントです。

現場で使われる英語をスキャニング!

上記のスキャニングする方法では英語の試験問題を想定して解説しました。ITエンジニアが仕事においてスキャニングする方法を知るために、TwitterのAPIリファレンスから情報を探してみましょう。

Twitter社が技術者向けに公開している情報には「Premium Account Activity API」があります。開発したシステムからTwitterに接続してアカウントを操作するために、本APIは使われるのです。

システムで行いたいことがあれば、単語をページ内検索して必要な情報を見つけるのがポイント。エラーが発生した時はエラーコードをページ内検索して、エラーの理由を見つけ出せます。

APIリファレンスでは英文における主語が省略されていることもあり、正確に翻訳すると意味を間違って理解してしまう場合もあるのです。ITエンジニアが仕事で英文を読むときは、言葉が省略されていることも意識しておきましょう。

ITエンジニアがリーディング力を伸ばすには?

「テクニックを使わなくても英文を読めるようにしたい」
「仕事やスキルのために英語を使えるようになりたい」

英語で悩んでいるITエンジニアにはリーディング力を伸ばしたい人が多くいるはず。スキャニング以外でリーディング力を向上させる方法を紹介していきます。

英文を音声に変換して読む

人間が文章を読むときには解析する必要があり、解析するためには文章を音声に変換することが必要です。実際、この記事を読んでいる人は無意識に文章を音声として認識しています。

リーディングする能力が優れている人は英文を読むときに、文章を文字から音声に変換しているのです。音声として頭で理解できることで、結果的に文章の意味をスムーズに理解できます。

英語に慣れていない人は単語の発音が分からないこともあり、英文を読むのに時間がかかる場合もあるはず。読めない文章を読むためには時間がかかってしまい、負担も大きくなるのです。

スラスラと英文を読みたい人はまず、英文を音声として変換して読むことを意識しましょう。

単語や文法を覚えて英語に慣れる

自分が読んでいる英文の意味を理解するには、文章にある単語や文法を正しく理解できることが必要です。覚えている単語の数が少なければ英語は使えず、リーディングにも苦労します。

英語の文法をあまり覚えていない人は「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」という本で勉強するのがオススメです。文章の構造を理解すれば英文は読みやすくなります。

覚えている単語の数が少ない人は「mikan」や「エンジリッシュ」を使って単語学習すると良いですね。英語の基礎知識を頭で理解して、英語に慣れておきましょう。

英文の概要から予想する

ITエンジニアが使う仕様書やドキュメントにはタイトルや概要が書かれています。英語で書かれた情報をスムーズに理解するには、目に入る情報から内容を予想することが必要です。

上記で例として用いた「Account Activity API」であれば、大文字で書かれた見出しから読んで推測することで、無駄に文章を読むことなく意味を理解できます。

ドキュメントにはグラフや画像が載っている時は、それを見て意味を推測することも重要です。読み始めたときに目に入る情報から内容を推測すると、スムーズにリーディングできます。

スキャニングやリーディングを学ぶには?

英文をスムーズに読む方法を理解しても、実際にドキュメントを読むには難しい場合もあります。英語に慣れるためにリーディング力を伸ばす方法を知っておき、実際に練習しておきましょう。

意味が分かる英文を音読する

システム開発に携わると意味を理解できる英文を読む機会も多くあるはず。内容を理解できる英文を音読することで、文章を頭で文字から音声に変換して意味を理解できるようになります。

一度読んだことのある仕様書やリファレンスを音読して、英文を解析する能力を鍛えることがポイントです。読んでて理解できない単語があるときは、その都度意味を調べておきましょう。

意味を理解できない文章を読んだところでリーディング力は伸びることはなく、時間を無駄にしてしまうのですから。ITエンジニア向けの教材を活用することもオススメです。

未読の英文を精読する

音読によって英文を音声として読めるようになったら、次は英文を正確に読むために精読をしましょう。自分が今まで読んだことのない難しめの英文を丁寧に読むのがポイントです。

ITエンジニアが読むドキュメントには難しい単語や表現もあり、意味を理解しながら読むことで単語や文法の知識を増やせます。英文の精読はリーディング力の向上につながるのです。

ドキュメントの精読が終わったら、精読しているときに起きた問題点を見つけるのも重要。文法を理解できていなかったり、単語を覚えていなかったり、その人の課題は見えてくるはず。

精読して分かる課題点を見つけて、自身の問題点を解決していくとリーディングしやすくなります。精読して意味を理解したドキュメントは後で音読しておくと学習効果が高まるのでオススメです。

英文を多読する

今ではメディアサイトが大量の記事をインターネットに発信しています。リーディング力を高めるためには、大量にある英語の記事を毎日読んでみることが必要です。

ニュースを読むときは「POLYGLOTS」というアプリを使うのがオススメ。ITに関係するコンテンツを無料で読むことができて、分からない単語を簡単に調べることができます。

リーディングに慣れた人であれば単語や文法を気にしなくても、文章の意味を理解できるでしょう。大量の英文を読んでリーディング力を伸ばすことが重要です。

スキャニングして効率的に英語を理解しよう

必要な情報のキーワードを英語の長文から探して、キーワードを含む文章やその前後から情報を探し出すのがスキャニングです。仕様書やリファレンスから情報を探し出す時もスキャニングは役立ちます。

ITエンジニアとして英語に悩む人は、文法や単語を覚えてリーディング力を伸ばすこともオススメです。スラスラと英文を読むためにスキャニングを活用してみましょう。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-エンジニア×英語

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.