英語力が一番伸びる語学学校

転職ノウハウ

転職活動で確実に内定を獲得するための面接対策と準備

転職で内定を獲得できるかどうかは、面接が大きな鍵を握っています。面接は自分を直接アピールできる場であり、採用担当者も大いに注目しているからです。

しかし、面接は誰でも緊張するものですし、具体的にどのような対策をすれば良いのか分からないですよね。

そこで、ここでは転職活動で確実に内定を獲得するための面接対策について解説していきます。転職活動で面接の対策に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職活動の面接の流れ

最初に、一般的な転職活動における面接の流れについて解説していきます。企業によって若干の差はありますが、大まかな流れは一緒ですので把握しておきましょう。

1次~3次面接

多くの企業では、3~4回の面接が実施されます。初回から3次面接ぐらいまでは、主に自社で働いていくのに相応しい能力を持っている人材かを企業側はチェックします。

そのため、面接では職務経歴書をもとに、過去に取り組んできた業務内容や実績などを質問されることが多いです。

企業側の出席者は、配属される部署の責任者や人事部の担当者が出席するケースがほとんどです。

最終面接

1~3回の面接を実施した後に、最終面接が実施されます。最終面接とは、採用予定の応募者に対して最終的な入社の意思を確認するための面接です。

そのため、面接では入社後のキャリアビジョンや働き方、入社の意思に変更がないか、などを企業はチェックします。

企業側の出席者は、配属部門の役員や経営層の担当者が出席されるケースが多いです。

面接相手を把握する

「1次~3次面接」と「最終面接」の2つに大きく分けることができる面接ですが、対策のポイントは面接相手を把握することです。企業側で出席する担当者によって、面接の内容が決まってくるからです。

例えば、役員や経営層の方に対して現場で通用するスキルをアピールしても、あまり意味がないですよね。スキルや能力をアピールするのであれば、入社後に一緒に仕事をすることになる配属先の責任者に対してアピールするべきです。

このように、面接の相手によって、どのように面接を進めていけば良いのかが決まってくるのです。当然ながら、それに応じて質疑応答の準備をしておくようにするのです。可能であれば、次回の面接ではどのような立場の担当者が出席するのかを確認するようにしましょう。

面接対策の進め方

さて、ここまで転職活動における面接の流れについて説明してきました。ここからは、具体的な面接対策の進め方を紹介していきます。

自己PRと志望動機の準備

自己PRと志望動機の対策では、自分の言葉で上手に説明できるようにしておくこが最も大切です。履歴書や職務経歴書に記載した内容を、分かりやすく面接官に説明できなければいけません。

例えば、どんなに優れた能力や実績があったとしても、応募先の企業の方に伝わらなければ意味がないですよね。そのため、相手が理解しやすいように説明を工夫して、話ができるように練習しておきましょう。

質疑応答の準備

そして、質疑応答の準備も欠かすことはできません。面接で聞かれるような質問を想定して、あらかじめ答えを準備しておくのです。

例えば、「応募した理由を聞かせてください」や「あなたの長所を教えてください」というような一般的な質問は、どこの企業でも聞かれます。このような質問に対して、説得力のある回答をスムーズにできるかどうかで、あなたに対する面接官の印象は大きく変わるものです。

面接の事前練習

そして、面接対策として私がお勧めするのが、実際に誰かを相手して面接の質疑応答の練習をすることです。

例えば、私自身が転職活動をしていたときの話です。私は仲の良い友人に練習相手になってもらい、模擬面接を実施していました。つまり、面接のトレーニングしていたのです。

そして、相手から質疑応答に対するフィードバックをもらうことで、自分の答え方や話し方の修正を行っていました。第三者から指摘をもらうことで、自分一人では気づけない点に気づくことができるのです。

面接の対策としては非常に有効で、とても勉強になります。協力してもらえる友人を探して、ぜひ実施してみてください。

前日にやるべき面接対策と準備

さて、ここからは面接の前日にやるべき準備について解説していきます。実際の面接に臨む際は、この記事を参考にしてチェックしてみてください。

履歴書の確認

前日には、履歴書の確認は必ず行うようにします。また、志望動機は企業ごとに変えるため内容を確認しておき、翌日の面接に備えましょう。

身だしなみの準備

また、身だしなみの準備も前日に済ませておきましょう。当日に着ていくスーツやワイシャツ、ネクタイなどは、すぐに着替えができるようにひとまとめにしておきます。

可能であれば、スーツやワイシャツはクリーニングに出しておくことが望ましいです。ビジネスシューズの靴磨きも忘れずに行っておきましょう。

持ち物確認

また、面接当日の持ち物確認も前日に済ませておきます。面接の当日は時間に余裕がなくなることが多いために、できることは前日までに済ませておくのが基本です。

履歴書やノート、筆記用具、面接会場までの地図など、当日に持っていく物は一覧のリストにしておくと漏れがなくなり便利です。

体調管理

そして、体調管理も重要です。前日は十分に睡眠をとることを心がけましょう。寝不足の状態だと肌にツヤがなくなり、面接官に良い印象を与えることができません。

ルート確認

また、面接会場までのルートもしっかりと確認しておきましょう。電車やバスの乗り継ぎから、所要時間までをチェックしておきます。地図を見ても面接会場が分かりづらい場合は、前日までに下見にいっておくことをお勧めします。

当日にやるべき面接対策と準備

さて、前日の準備について話してきましたが、ここからは面接の当日にやるべき対策について話をしていきます。

会場到着後にやるべきこと

面接の会場についたら必ず身だしなみの確認をします。面接会場までの移動中にネクタイが曲がったり髪型が乱れたりすることはよくあることです。面接会場のお手洗いを借りて、鏡でチェックするのがお勧めです。

遅刻は絶対にNG

また、遅刻は絶対にしてはいけません。遅刻をすると心に余裕がなくなり、思うように面接を受けることができなくなります。もちろん、面接官への印象も悪くなります。

「遅刻をしてしまったら面接に受からない」というぐらいの心構えで面接には臨むべきです。時間を守れない社会人を積極的に採用する企業などないはずです。

おすすめは1時間前行動

そこで、私がお勧めするのが1時間前行動です。面接時間の1時間前には現地に着くように移動して、近くの喫茶店などで時間を調整するのです。最寄りの喫茶店は事前にインターネットなどで調べておきましょう。

絶対に遅刻しないスケジュールで行動することで、心に余裕が持てるようになります。そのため、面接に平常心で臨めるようになるのです。

この1時間前行動は、私自身が転職活動のときに実施していたもので、非常にお勧めです。ぜひ実施してみてください。

転職活動は面接で決まる!十分な対策と準備を心がけよう

さて、ここでは転職活動で確実に内定を獲得するための面接対策について解説してきました。これから面接に進む方にとっては、具体的な対策のイメージを持てたのではないでしょうか。

転職活動は面接で決まると言っても過言ではありません。この記事を参考に、十分な対策と準備を行って、ぜひ理想の内定を勝ち取ってください。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-転職ノウハウ

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.