英語力が一番伸びる語学学校

アジア就職 転職ノウハウ

【ワーホリではなく海外就職】未経験の人にこそアジア就職を勧めたい3つの理由

「英語を使って働いてみたい」
「今までとは異なる環境に飛び込みたい」

そう思っていたからこそ、海外で働くという選択肢。

海外で働く=ワーキングホリデー
と考えている方は、意外にも多いはず。もちろん英語を話せない多くの日本人にとって「英語を学びながら働ける」ワーキングホリデーは、有意義な時間となるでしょう。

しかし本当に、ワーキングホリデーで良いのでしょうか。サウスピークでは、ワーキングホリデーの他にも海外で働く選択肢として「海外就職(現地採用)」を提案しています。

ワーホリはキャリアにならないが、海外就職はキャリアになる

ワーキングホリデーと、海外就職の大きな違いは「キャリアになるかならないか」です。海外就職では「英語(または、その他の言語)を使って、ローカル社員を管理しながら成果を残す」という経験を積むことができます。

おおよその現地法人は人手不足だからこそ、海外就職ではマネジメント機会に溢れているのです。また日本人の給与がローカル社員の給与よりも高額であることを踏まえ、マネジメント業務を期待されている場合があります。そういった機会を自ら生かし、成果を残すことは、日本で働く日本人にはできない体験です。グローバル化の中、国籍に関わらず協働して成果を残す人材として評価されるでしょう。

例えばサウスピーク卒業生で、ベトナムの日系企業で働くMisatoさん(右から2番目)。新卒で入社した日本にある企業を1年で辞め、ほぼ未経験の状態で海外就職されました。現地では1年目からローカル社員の管理職を任され、現在は一流ホテル相手に営業リーダーとして活躍されています。

参考:一度は諦めた憧れの「海外で働く」を実現。超一流5つ星ホテルと取引するMisatoさんの海外就職

同じくサウスピーク卒業生で、ベトナムのIT企業にて働いていたTaishiさん(中央下部)。新卒で海外就職を実現し、未経験ながらベトナム人エンジニアを束ねる役割をこなされました。海外での成果を評価され、外資系ITコンサル企業への転職を果たし。年収が4倍とキャリアアップをしています。

一方でワーキングホリデーでは、外国人と協働する経験を積めるものの、マネジメントする機会は乏しいと考えられます。というのもワーキングホリデーを利用しても、あくまで正社員ではなく「アルバイト」のように考えられているからです。これらのように、これからのキャリアを真剣に考えているのであれば断然、海外就職がオススメです。

参考:ノースキル新卒でベトナム海外就職——年収4倍の外資コンサル転職を果たした下克上物語

未経験者にはアジア就職がおすすめ

就労可能性の関係から、特に職務経験がない方にはアジア就職が狙い目です。欧米での就職に比べ、東南アジアでの就職のほうが実現しやすいのはビザの問題があります。欧米諸国で日本人が就職するためには、就労ビザの非常に高いハードルを乗り越えないといけません。求められる英語力、学歴、職歴が非常に高く、一部のエリートを除いて欧米就職を実現するのが難しいのです。

一方で東南アジア諸国では、まだまだビザの要求水準が低く、学歴や職歴に関しても基準が緩やかなところが多く、海外就職の実現性が高くなっています。

まだまだ人手が足りない。あなたにもチャンスがある

アジアの労働市場では、日本人人材が足りていません。日本人人材が求められる理由は、海外に進出している日本人ビジネスパーソンと、円滑なコミュニケーションを取りながら取引できるからです。というのも日本経済においては海外市場の重要性が高まり、海外進出する日系企業が増加しています。

外務省『海外在留邦人数調査統計』上位12か国(地域)の日系企業(拠点)数の推移をもとに編集,https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000368753.pdf

進出先の多くは欧米を中心とした先進国でしたが、近年では東南アジア進出が加熱しています。特にインドやタイのような成長著しい国々では、日本からの莫大な投資もあって、急激に日系企業の進出が進みました。その後を追うように、フィリピンのような他のアジア諸国にも、多くの日系企業が進出しています。

海外とはいえど、日系企業で働く日本人からすれば、もっとも快活にコミュニケーションが取れる相手は日本人です。営業職だと契約をとるまで日本人担当者と仕事をし、その後は購買・製造などのローカル担当者とやりとりします。したがって海外で働く日本人と、取引ができる日本人人材が求められているのです。

しかし、どうでしょうか。皆さんの周りに、海外で働いている人がどれほどいるでしょうか。多くの日本人にとって「英語ができない」「生活できない」といったイメージにより、海外就職のハードルは高い印象があります。それ故に、海外で求められる日本人人材の需要を満たしておらず、人手が足りていないのです。

ぜひ「海外就職」という選択肢を検討してみてください。

住みにくいというイメージは古い。アジアで優雅な日々を送る

「貧しい、汚い、危ない」

東南アジアに対して、このようなイメージを持つ方は多いと思います。たしかにこのイメージは、20年前の東南アジアに当てはまるかもしれません。しかし現在の東南アジアとは、異なるものです。とくに日系企業が進出するような地域は大都市が多く、新築の巨大モールや外資系企業が入居する近代的なビル群がそびえ立っています。

コンドミニアムの25階で目覚め、UBER(ウーバー)に乗って出社前に、Starbucks(スターバックス)でコーヒーを飲む。このような生活が、東南アジアの大都市の日常です。もちろん人口増加による大渋滞など、まだまだインフラの整備が遅れている地域もありますが「貧しい、汚い、危ない」というイメージだけで東南アジアを語ることは時代遅れとなりつつあります。

「日本食が恋しい」や「日本人に会いたい」といった現地での悩みに応じるように、日本食レストランができたり、日本人コミュニティが形成されたりしています。決して海外、ひいてはアジア就職というのは敷居が高いものではなくなっているのです。

すべきこと「英語力を上げて、現地に住んでみる」

ではアジア就職をするために、すべきことはどのようなことでしょうか。サウスピークでは未経験者の方こそ「英語力を上げて、現地に住んでみるべき」だと考えています。というのは英語が話せなくても、海外で就職することは可能です。しかし語学不問となると「働ける国と職種」は限られてしまいます。未経験者だと、尚更です。そのためグローバル・コミュニケーション・ツールである英語力を上げた状態で、海外就職活動に挑むことをオススメします。

参考:日本語しか話せなくても「海外就職」できる理由と方法

また「現地に住めること」を証明できると、未経験者でも採用確率は上昇します。なぜなら海外就職は「働く」以前に「生活」する必要があるのです。「候補者が海外で生活できそうか?」という問いは、応募先の企業担当者も気になるところで、現地適応能力を示すことが海外就職活動を有利にします。

そのように「英語力を上げて、現地で生活してみる」ことをサポートするのがサウスピークです。「3ヶ月でTOEICの点数が平均200点上がる語学学校」であるサウスピークで、英語力を向上させます。またフィリピンのセブ島に語学学校がありますので、2ヶ月〜3ヶ月ほど留学すれば、自分が「海外で生活ができるかどうか」の適性を見極められるのです。

これらに加え、海外就職アドバイザーが本気でサポートする「海外就職プラン」を実施しています。「海外就職プラン」にご興味のある方は、以下の画像をクリックするか、お問い合わせフォームからお申し込みいただき、4週間以上の留学をご選択後、「希望のコース」で「海外就職プラン(40,000円)」をお選びください。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-アジア就職, 転職ノウハウ

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.