英語力が一番伸びる語学学校

なぜ今、海外就職なのか?ゼロから実現する!「海外就職プラン」

海外就職する日本人が増えている。なぜ今、海外就職なのか?

日本企業の積極的な海外展開により、日本人が現地採用者として働く事例が多くなっています。特に東南アジアでは、日本人に対する需要が増加しているのです。海外での職務経験を積んだ日本人が、キャリアアップをすることも少なくなくキャリア逆転の一手として海外就職が注目を浴びています。

海外就職オンライン説明会実施中!

海外市場で生まれる「日本人」に対する需要

日系企業の海外進出が盛んである

外務省『海外在留邦人数調査統計』上位12か国(地域)の日系企業(拠点)数の推移をもとに編集,https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000368753.pdf

1970年代以降、自動車、エレクトロニクス産業を中心に、日本企業の海外進出が行われるようになりました。進出先は長らく欧米を中心とした先進国でしたが、近年では東南アジア進出が加熱しています。

近年、インドやタイのような成長著しい国々では、日本からの莫大な投資もあって、急激に日系企業の進出が進みました。インドネシアやベトナムにも2000社近くの日本企業が進出しており、その後を追うように、フィリピンのような他のアジア諸国にも、多くの日系企業が進出しています。

「日本人というだけで採用しやすい」という事実

サウスピーク卒業生で、ベトナムの日系企業で働くMisatoさん(右から2番目)

日本企業が海外進出し、取引する顧客は2種類に分けることができます。
①日本人担当者
②ローカル担当者

日本人と取引する場合「日本的なサービスを提供できる日本人」は重宝されます。ここでいう「日本的なサービスを提供できる日本人」というのは「日本的な商習慣」「日本人としての日本語能力」をベースに、丁寧かつ高品質な仕事することです。

例えば日本人同士が共有している空気や、文化的背景を共有している前提のコミュニケーション、「飲み会」などの接待など、日本で働く日本人ビジネスパーソンであれば当然理解しているような商習慣です。また取引先である日本人を不快にしない、日本語でのコミュニケーション能力です。取引先がローカル企業の現地人であっても「勤勉でよく働く」というイメージに従って、日本人人材のイメージは悪くありません。

このようなことから、海外進出した日本企業の人事担当からすれば「日本人というだけで採用しやすい」のです。

参考記事:なぜ普通の日本人がアジアで働けるのか?日本人メリットを理解する

欧米よりもアジアのほうがビザが降りやすい

海外就職というと、ニューヨークやロンドンのような欧米をイメージする方も多いかもしれません。しかし近年、海外就職先として増えているのは東南アジア地域です。著しい経済成長を遂げる東南アジア諸国では、日系企業の進出増加に伴い、現地で働ける日本人への需要が増加しており、日本人への求人も豊富にあります。

また欧米での就職に比べ、東南アジアでの就職のほうが実現しやすいのはビザの問題があるからです。欧米諸国で日本人が就職するためには、就労ビザの非常に高いハードルを乗り越えないといけません。求められる英語力、学歴、職歴が非常に高く、一部のエリートを除いて欧米就職を実現するのが難しいのです。

一方で東南アジア諸国では、まだまだビザの要求水準が低く、学歴や職歴に関しても基準が緩やかなところが多く、海外就職の実現性が高くなっています。

参考記事:【ワーホリではなく海外就職】未経験の人にこそアジア就職を勧めたい3つの理由

海外就職オンライン説明会実施中!

発展を遂げるアジアで働く魅力

スピード感とスケール感を体験

「貧しい、汚い、危ない」
東南アジアに対して、このようなイメージを持つ日本人は多いでしょう。たしかにこのイメージは、20年前の東南アジアに当てはまるかもしれません。しかし現在の東南アジアとは、異なるものです。

とくに日系企業が進出するような地域は大都市が多く、新築の巨大モールや外資系企業が入居する近代的なビル群がそびえ立っています。コンドミニアムの25階で目覚め、UBER(ウーバー)に乗って出社前に、Starbucks(スターバックス)でコーヒーを飲む。このような生活が、東南アジアの大都市の日常です。

もちろん人口増加による大渋滞など、まだまだインフラの整備が遅れている地域もありますが「貧しい、汚い、危ない」というイメージだけで東南アジアを語ることは時代遅れとなりつつあります。

サウスピーク卒業生で、フィリピンの外資系企業で働くHarukaさん(左から4番目)

むしろ次々に行われる開発、サービスの進出など、バブル崩壊後の日本人が体験したことのないダイナミックに動く市場を体感し、東南アジアに魅了される日本人が増えているのが実情です。日本人女性のアジア就職も、多く見受けられます。

参考記事:東南アジアで就職は危険?治安情報について

低物価・高収入で賢く生活をおくろう

東南アジアで働くとなると「給与が安い」と思われるのではないでしょうか。たしかに月収15万円〜20万円という、日本と比較すると低い水準での就職が中心であることに間違いありません。しかし東南アジアでの生活コストは圧倒的に低く、前述の給与でも十分な貯金が可能で、可処分所得の高い生活を送ることができます。
※可処分所得……給料から保険費などを引いた、自分の意思で使えるお金

(東南アジアで働く際の支出の一例)
※香港等、一部物価・地価の高い国を除く。

・家賃(水道光熱費含む) 4〜6万円程度
・食費 1.2〜4万円程度
・通信費、その他 1万円
・合計 7万円〜11万円

以上のような支出を考慮したとき、毎月5〜10万円を貯金することができます。その上で日本では贅沢だと思われる暮らしも、現地では格安で行えるのが大きな魅力です。

日本での家賃が月20万円以上するようなジム、プール付きの部屋でも、東南アジアでは5〜10万円ほどで借りることができます。東南アジアで働く日本人にとって、この「ジム・プール付きの部屋での生活」はいわば当然といっていいほど、浸透しており、気軽に住めるのが現状です。

東南アジア地域では外食チェーンの進出が著しく、現地の人々にも愛されています。日本企業が多く進出している地域で、人気レストランチェーンの進出が多く見られるでしょう。

海外では恋しくなる日本食ですが、日本と引けを取らないクオリティで食べることができます。

参照:バンコクは東南アジアの東京!?「アジア海外就職者の憩いの場」としてのバンコク

海外就職オンライン説明会実施中!

海外就職はキャリア逆転の一手になる!

「海外就職、しかも東南アジアで働いて将来どうなるのだろう」

そんな不安を感じる方も多いと思います。しかし海外就職だからこそ得られる経験を積むことで、日本にある企業でも評価されるようになるのです。サウスピークでは、以下に示す3つの経験が重要であると考えています。

・「管理職」として働く経験
・外国人として「外国人」と働く経験
・現場で揉まれ「英語力」を伸ばす経験

参考記事:海外就職のメリット~海外就職を通じてキャリアを積んでいくために~

「管理職」として働く経験を積む

海外就職のメリットのひとつに、自らを手挙げ経験を積めば、管理職として働く経験が積みやすいことが挙げられます。なぜなら、日系企業の海外現地法人は常に人手不足だからです。その上で高い給料を出し「日本人を雇う」わけですから、雇用側もそれ相応のパフォーマンスを期待し「管理職」という機会を与えようとするのです。

※東南アジアにおいては大抵、日本人の給与はローカル社員の給与よりも高額です。

外国人として「外国人」と働く経験を積む

外国で働くということは「異国の、異文化の中で、異なる言語を使い、現地社員と協業すること」に他なりません。目の前で繰り広げられることは、日本とは違うことばかり。しかも海外就職先では自分自身が「外国人」であることから、むしろローカル社員・ローカルの文化に自らを調節し、変化する必要があります。

そして「全く違う価値観」の人たちと成果を残す経験が、海外就職では積むことができます。

現場で揉まれ「英語力」を伸ばす経験を積む

「ローカル社員と協業し、期待された成果を挙げる」上で、共通の言語がなければ業務のやりとりができません。そこでグローバルなコミュニケーションツールとして、英語力が必要になります。海外就職すれば、現場実務を行うローカル社員とのやりとり等で、アウトプットする機会を確保できます。

一般的にTOEIC600点程度の英語力から、現地の就職を経て、英語を使った仕事に携われます。学歴や英語が得意でなくても、勉強すればたどり着ける水準の英語力で挑戦できること。それは海外、ひいては「東南アジア就職の魅力」だと言えるでしょう。

参考記事:海外就職に必要な英語力とは?

日本帰国後の転職・昇進でも有利に

海外就職を通して経験を積み、成果を残せばグローバルな日本人人材としてボーダーレスにキャリアアップを図ることができます。海外展開を行う日本企業からすれば、すでに海外で成果を残した日本人人材は貴重です。海外転職前には考えられなかったキャリアを積むなど、転職・昇進でも有利になります。

例として、サウスピークに留学された後に海外就職し、その後に日本にある企業に転職された方を紹介します。

参考記事:日系IT企業のベトナム拠点に海外就職してPMOとして活躍、年収大幅増で外資系企業へと転職を果たしたKentaさん

Kentaさんは、日本での仕事を退職し、サウスピークに留学して英語力を高めました。そして、ベトナム企業で3年間プロダクトマネージャーとして働きました。それらの実績が評価され、外資系RPA企業のカスタマーサクセスマネージャーの内定を獲得。年収は2倍近くになったそうです。

新卒でベトナムに拠点を構える日系ソフトウェア開発企業に現地就職したTaishiさん。オフショア開発のPM(プロジェクトマネージャー)として3年半勤め上げた後、東京の外資系コンサル企業へと転職。年収は4倍以上

「コストが高くても日本人PMが求められるのは日本語で、クライアント対応ができることはもちろん、マネジメント能力に秀でていると認識されているからです。日系企業側からすれば、やりとりする相手も日本人の方が安心できますよね。このように企業からの需要はありますし、マネジメントスキルの習得にコミットすれば日本で働く同年代と違った価値を提示できると思います。」

引用先:ノースキル新卒でベトナム海外就職——年収4倍の外資コンサル転職を果たした下克上物語

海外就職オンライン説明会実施中!

海外就職が失敗する3つの原因

しかし、当然ながら海外就職も成功だけではありません。海外就職を満足のいくものにするためには、どうすれば良いのでしょうか。サウスピークでは「失敗する3つの要因」を以下のように考えています。

参考:海外就職を失敗する人の3つの特徴は?その詳細と改善策について

英語ができない

東南アジアでもビジネスの現場では英語が中心です。そのため英語が全くできないと、海外就職に必要な応募書類を作成することすら難しいです。

また日系企業の応募要件に、TOEICの点数が明記されているところもあります。コミュニケーションをする上で求められる英語力も加味すれば、最低でもTOEIC600点程度が必要だと考えられるでしょう。

参考記事:海外就職前に絶対に英語力を向上させておくべき理由

キャリアビジョンがない

企業・業種選びを納得のいくものにするためには「今後どうなりたいのか」を明確化することで、企業とのミスマッチを防ぎます。いわゆる、キャリアビジョンの形成です。

キャリアビジョンを形成するためには「キャリアの棚卸し」が有効です。キャリアを棚卸しは「今まで人生の出来事を振り返り、整理すること」を指します。「なにがやりたいかがわからない」という方は「自分がやってきた道」を踏まえて考えるといいでしょう。

参考記事:海外就職前にやっておきたい「キャリアの棚卸し」とは?

ストレス耐性がない

日本レベルの生活環境を、海外で再現するのは難しいです。特に発展してきたとはいえ、日本と勝手の違う東南アジアでの生活は、日本の常識が通用せず、四苦八苦する人もいます。「トイレが流せない」ことや「コンビニのレジが遅い」など、ふとしたことですが、あなたは身近なストレスに耐えられますか?

海外での生活に限った話ではなく、日本に住んでいても「ストレス」を感じやすい方には、海外就職をオススメできません。

海外就職オンライン説明会実施中!

海外就職を失敗しないために。サウスピークで海外就職をゼロから実現

上記三つが海外就職に失敗する方の特徴です。では海外就職を失敗しないためには、どうすれば良いのでしょうか?サウスピークからの提案は「海外就職プラン」です。サウスピークの海外就職プランでは下記のことが可能です。

1. 3ヶ月でTOEICスコアを平均200点以上伸ばすことができる

サウスピークは「3ヶ月でTOEICの点数が平均200点上がる語学学校」です。その上で、TOEICの点数だけでなく、話す・書く能力も向上します。なぜなら短期間で、日本人の英語力を向上させるノウハウと実績があるからです。遊びではない「本気留学」を提供しているからこそ、1日10時間以上真剣に学べ、短期間で海外就職に必要な英語力を身につけることができます。

参考記事:英語力が一番伸びる語学学校サウスピーク

2. キャリアビジョンを構築できる

海外就職アドバイザーの神農(かんの)

サウスピークの海外就職プランでは海外就職アドバイザーがキャリア面談を行い、海外就職の後の将来的なキャリアビジョンについても相談に乗ります。アドバイザーとともにキャリアビジョンを検討した上で、応募書類の作成、英文履歴書の添削、英語面接対策が行えます。

海外転職に必要な英語力の向上と、キャリアビジョンの明確化を一気通貫で行えるのがサウスピークの海外就職プランの魅力です。

参考記事:「海外で働く意義とは」海外就職準備プラン担当者が語る想い

3. 東南アジアでの適性を見極められる

東南アジアで本当に生活ができるかどうかは、生活してみなければわかりません。日本よりも快適に生活ができる人もいれば、日本でないと無理な人もいます。

サウスピークはフィリピンのセブ島にありますので、サウスピークで2ヶ月、3ヶ月ほど留学すれば、自分が「海外で生活ができるかどうか」の適性を見極められます。いきなり海外就職をするよりも、サウスピークでの留学を挟む方がリスクを回避できるのです。

海外就職オンライン説明会実施中!

海外就職準備プラン サポート内容

海外就職準備プラン:無料(4週間以上の留学者限定)
①海外就職セミナーへの参加
②キャリアカウンセラーによる無料面談
③海外就職志望者との交流会参加

※上記参加後、 本格的に海外就職を目指される方には、海外就職プラン:40,000円にて下記サポートを提供しています。
①キャリアカウンセラーとの面談を通じて、海外就職を攻略できる職務経歴書・履歴書を作成
②英文レジュメ添削・英語面接対策
③英語力を活かせる海外・国内求人のご紹介

フィリピン留学・サウスピークには、短期間で日本人の英語力を向上させるノウハウと実績があります。セブ島にあるサウスピークで集中して英語学習に取り組めば、短期間で劇的に英語力を伸ばすことが可能です。

またフィリピン留学中に応募書類作成、面接のサポートを行うので、卒業する頃には問題なく海外就職活動を行えるようになっているでしょう。

参考記事:【海外就職】転職エージェントって利用すべき?メリット・デメリットまとめ

無料お見積もり・海外就職オンライン説明会

サウスピークの海外就職プランにご興味のある方は、サウスピークのお問い合わせフォームからお申し込みいただき、4週間以上の留学をご選択後、「希望のコース」で「海外就職プラン(40,000円)」をお選びください。

海外就職オンライン説明会のお申し込み

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.