英語力が一番伸びる語学学校

技術トレンド

需要の高いプログラミング言語とは?年収が高い&人気の言語を紹介



プログラミング言語を勉強するのであれば、人気で需要のある言語のスキルを身につけたいですよね。実際に言語によって求人の数や平均年収も全く違ってきます。もちろん習得の難易度も左右されますので、なんとなくでプログラミング言語を選ばない方が懸命です。

とはいえ、どんな言語を選べば良いか一見分からないですよね。そこで今回は、需要の高いプログラミング言語を紹介します。さらにそれを加味した上での初心者にオススメの言語もあわせて紹介しますので、「プログラミングを独学で学びたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

プログラミング言語を選ぶ重要性

言語によって需要が異なる

まずはこの記事のテーマですが、プログラミング言語はそれぞれ需要が大きく異なります。さらに言語には流行り廃りがあります。

 

需要が変わると求人数に影響します。需要のある言語は開発に広く用いられますので、企業からのニーズも高くなります。エンジニアの求人では、どの技術を使って開発しているのかが基本的に明記されているので、もし転職を検討しているという方は、技術の流行や市場のニーズなどを事前に調べておきましょう。

 

また言語の需要によって年収も上下します。例えば企業からのニーズがかなりあるのにも関わらず、その言語を使える技術者が少ないという場合。この場合需要に比べて供給の数が少なくなるので、企業は高い報酬を払ってでも良い技術者に働いてもらおうとします。

言語によって難易度が異なる

特に初心者の方に周知していただきたいのですが、プログラミング言語によって習得の難易度は大きく変わってきます。例えばJavaScriptなどのブラウザベースで開発する言語などは、学習のハードルはそれほど高くないでしょう。PHPやRubyなどの人気の言語は、学習サービスや書籍も豊富です。しかし、比較的新しい言語などは情報が少なく、初心者が気軽に始められるものではないという場合もあります。

言語によって用途が異なる

そもそもプログラミング言語にはそれぞれ向き不向きがあります。例えばiPhoneアプリを開発したいと考えているのに、PHPなどのWeb系言語を学んでも作れるようにはなりません。もちろんプログラミングの基本的な概念は身につきますが、やや遠回りになってしまうでしょう。作りたいサービスやシステムがすでにあるのであれば、必要となる言語を事前に調べてから学習に取り組みましょう。

プログラミング言語の人気推移

プログラミング言語の人気は、数年の間に大きく移り変わります。まずは2014年〜2019年でプログラミング言語の人気がどのように変わっていったのかを紹介します。

 

人気を測る指標は様々ですが、オランダのTOIBE Software社が発表しているプログラミング言語のトレンド(TIOBE Index)を見るとわかりやすいです。これは検索エンジンのデータから、多く検索されている言語=人気のある言語を導き出しています。

 

2014年のTIOBE Indexデータで上位に並んでいる言語は以下の通りです。

 

・C言語

・Java

・Object-C

・C++

・C#

・PHP

・JavaScript

・Python

・Perl

・PL/SQL

 

以下2016年になると、いくつかの言語が入れ替わっているのがわかります。

 

・Java

・C言語

・C++

・C#

・Python

・PHP

・Visual Basic .NET

・JavaScript

・Perl

・Ruby

 

そして2019年(最新版)を見てみると、結果は以下の通りになっています。

 

・Java

・C言語

・Python

・C++

・Visual Basic.NET

・JavaScript

・C#

・PHP

・SQL

・Object-C

 

5年の間で、上下したりランキングから外れる言語が出てくることがわかるでしょう。

 

数年をかけて徐々にランキングを上げているのがPythonです。Pythonは歴史のあるプログラミング言語ですが、近年大きな人気を集めるようになっています。その理由がAIブームです。Pythonは機械学習用のライブラリが豊富に準備されていることもあり、AI開発の現場で用いられる言語です。AIブームの後押しもあり、様々な開発現場でPythonが採用されることも増えてきました。

求人数の多いプログラミング言語

エンジニア向け転職サイト「レバテックキャリア」を運営するレバテックが2018年4月1日~19年3月31日の期間に行なった調査によると、もっとも求人数の多いプログラミング言語はJavaという結果になりました。ついでWeb開発に多用されるPHP、Ruby、その後はC#/C#、JavaScript、Pythonと続きました。

 

Javaはプログラミングの人気の指標でも1位となっていたので、国内外問わず需要がある言語であると言えます。理由としてはJavaは様々な分野で活躍する言語だからです。Web開発やソフトウェアはもちろん、Android端末向けのスマートフォンアプリや、決済サービスなどの領域でもJavaは用いられます。この汎用性の高さと、開発環境を問わないという柔軟性から、長い間圧倒的な人気を誇っているのです。

年収の高いプログラミング言語

株式会社ビズリーチが2018年に発表した「プログラミング言語別年収ランキング2018」によると、もっとも年収の高いプログラミング言語はGo言語、次いでScala、Pythonという結果となりました。

 

Go言語はGoogleが2009年に開発した非常に新しいプログラミング言語です。前年比1.9倍で求人数が増加していながらも扱える技術者が少ないため、結果的に非常に高い年収が設定されています。

 

Go言語の魅力は軽量な動作とシンプルな構文。ベンチャー企業などでGo言語の採用事例が増加しており、海外では「DropBox」、国内でもフリマアプリ「メルカリ」やニュースアプリ「Gunosy」で一部の機能をGo言語で開発しているようです。

 

2位のScalaも扱える人材が非常に少ないことから、収入を高めに設定してる企業が多いようです。

初心者におすすめの人気プログラミング言語

上記で紹介したプログラミング言語の中で、特に初心者向けのものを紹介します。

JavaScript

JavaScriptは、Webページに動きをつけることができるプログラミング言語です。主にブラウザで動作し、ポップアップやスライドショーなど、マークアップだけではできない動きを実装することができます。jQueryやAngularJS、Reactなどライブラリ・フロントエンドフレームワークも豊富です。最近ではNode.jsという環境を活用し、サーバーサイドの言語として使用されることもあります。またフレームワークReact Nativeを活用することで、スマートフォンアプリの開発も行うことが可能です。

 

JavaScriptはブラウザで動く言語のため、複雑な開発環境の構築は不要です。初心者の方がプログラミングを始めるにはうってつけの言語と言えるでしょう。

Ruby

Rubyは日本で誕生したプログラミング言語で、Web開発のサーバーサイドで用いられます。もともと開発を楽しくするというコンセプトで作られたこともあり、文法も読み書きしやすく、初心者向けの言語であると言えます。フレームワークRuby on Railsの登場により、Rubyは世界的に使われるようになりました。Ruby on Railsの規約に沿ってコーディングすることで、スピーディにWebアプリケーションの開発を行うことができます。ShopifyやHulu、クックパッドなどの人気サービスではバックエンド開発にRuby(Ruby on Rails)を使用していると言われています。

参考記事:
プログラミング言語「Ruby」とは?特徴や学び方を解説!

Python

Pythonは、そのシンプルで書きやすい特徴から、プログラミング教育の場でも採用されることの多い言語です。機械学習に長けていますが、それだけでなくWebアプリケーションやデスクトップアプリケーションのサーバーサイド開発などにも用いることができます。「YouTube」や「Instagram」の開発段階ではPythonが採用されていたそうです。

参考記事:
AI開発に用いられるプログラミング言語Pythonとは?Pythonでできることやライブラリを解説

PHP

PHPはサーバーサイドのスクリプト言語で、世界中で使われているプログラミング言語です。フレームワークも多数存在しており、初心者でも比較的容易にWeb開発を行うことができます。WordPressやWikipediaなどのサイトもPHPで構築されています。

参考記事:
プログラミング言語PHPとは?できることや利用のメリットを具体的に解説!

Java

世界的な人気と需要を誇るJava。前述の通り、非常に汎用性の高い言語です。IT業界は大きくインターネット・Web業界、情報処理サービス業界、ソフトウェア業界、ハードウェア業界の4つに分類することができますが、Javaはこの4つすべての業界で活躍しているのです。

 

ただJavaは作成したプログラムをコンパイル(機械が認識できる形に翻訳)する必要があるため、若干難易度は高くなります。

SQL

SQLはデータベースとのやり取りを行うデータベース言語です。正確にはプログラミング言語ではありませんが、リレーショナルデータベース管理システム(RDMS)を使用するアプリケーションの構築には必須の知識となります。

まずは需要があり初心者でも書ける言語から始めよう!

この記事では、以下の内容について解説しました。

 

・プログラミング言語を選ぶ重要性

・プログラミング言語の人気推移

・求人数の多いプログラミング言語

・初心者におすすめの人気プログラミング言語

 

上記で述べた内容を元にまとめると、初心者かつ就職を考えているのであればJava、PHP、Ruby、JavaScriptのどれかをまずは学んでみると良いかもしれません。それぞれ特性が異なるので、自分にあったものを選びましょう。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-技術トレンド

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.