英語力が一番伸びる語学学校

技術トレンド

プログラミング言語「Ruby」とは?特徴や学び方を解説!

この記事ではプログラミング言語「Ruby」について解説します。

 

・プログラミングについて興味がある

・調べてみると「Ruby」という言葉を見つけた。Rubyって一体何なのだろう?

・Rubyってどうやって学べば良いの?

 

このような方に向けて、Rubyの基礎知識や特徴を紹介します。

 

Rubyは日本で生まれたプログラミング言語で、様々なWebサービスの開発に用いられています。有名なサービスですと、レシピ投稿サイトのクックパッドや、求人SNSのWantedly、海外では民泊サービスAirbnbなどがRubyを使って開発されていると言われています。

 

プログラミングを学んで何か作ってみたいという方は、ぜひこの記事を読んででRubyについての知識を身につけてください。

参考記事:
AI開発に用いられるプログラミング言語Pythonとは?

プログラミング言語「Ruby」とは

Rubyとはプログラミング言語の一つ。日本人のまつもとゆきひろ氏によって開発された日本産のプログラミング言語です。

 

まつもとゆきひろ氏はRubyについて「Ruby は純粋に楽しみのために設計され、言語を作る人、使う人、学ぶ人すべてが楽しめることを目的としています」と語っています。書いていて楽しいという点を重視しているため、文法がシンプルで書きやすく、初心者が初めて学ぶプログラミング言語としても人気です。

 

Rubyは、主にWebアプリケーションやWebサービスの開発に使われています。

 

Rubyが書きやすい理由の一つが、スクリプト言語であることです。
通常C言語やJavaを用いて開発を行う際、プログラムの実行にはコンパイルという変換手続きを行う必要があります。コンパイルによって人が書いたコードを機械が理解できる形に翻訳するというもので、これらの言語はコンパイル言語と呼ばれます。

 

しかし、Rubyはコンパイル手続きが不要。煩雑な作業が簡略化されているので、ストレスフリーかつ直感的にコードを記述することができるのです。



Rubyの歴史

Rubyは1993年に誕生し、Webの発展とともに世界中に広まっていきました。そして2004年に誕生したWebアプリケーションフレームワークRuby on Railsによって、そのシェアを一気に拡大しました。Ruby on RailsはWebアプリケーションの開発の雛形であり、Rubyによる開発の効率を格段に向上させるものです。詳しくは後述します。

Rubyの特徴

オブジェクト指向

Rubyはオブジェクト指向のプログラミング言語です。

オブジェクト指向とは、あらゆるデータをモノのように扱い、モノを組み立てるようにして、プログラムを作り上げるという手法です。オブジェクト指向の言語によって、大規模なプログラムを効率的に開発することができるようになります。

自由な記述

Rubyは「動的型付け」と呼ばれる性質を持ち、記述の自由度が非常に高いという特徴があります。動的型付けとは、変数などのデータ型をあらかじめ決めなくても、実行時に判断するというもの。例えばJavaなどのプログラミング言語は、変数を定義する場合は「整数」「数値」などのデータ型もあわせて明示しなければなりません(静的型付け)。しかしRubyの場合は変数に数値を代入した段階で、自動的に数値であると判断してくれます。

 

また、「メソッドの呼び出しの括弧」や「返り値を示すreturn」など、他のプログラミング言語では必須であるような記述も省略可能です。

 

厳格に決められた文法に沿ってコードを書くのではなく、比較的自由に記述できる言語であると言えるでしょう。

 

ただこれにはデメリットの側面もあります。記述の自由度が高いということは、個々人によって書き方・表記方法が異なる場合もあるということです。同じ挙動のプログラムでも、人によって書き方が全く違うということも起こり得ます。これにより、他のプログラマーが書いたコードを読み解くのに時間がかかるなどのデメリットもあるのです。

記述するコードの量が少ない

Rubyは文法の自由度が高いため、記述するコードの量が少なくなるという特徴もあります。前述のようにRubyは「書きやすい」に焦点を当てた言語なので、長々とコードを書くのではなく、記述する必要のない部分は省略できるように設計されています。

 

記述するコードの量が少ないことで、覚えることも少なくなり、開発のスピードも向上するというメリットがあります。

日本語の記事や書籍が多い

Rubyは日本産のプログラミング言語であるため、日本語の記事や書籍が多いことも特徴です。最新情報はもちろん、ドキュメントなども日本語で読むことができるので、初学者にとっても学ぶやすいと言えるでしょう。

Ruby on Railsとは

Ruby on Railsは、Rubyで構成されたオープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。Webアプリケーションを作る際の汎用的な機能などを提供する雛形であり、開発者はフレームワークで定められた規約に沿ってコードを記述するだけで、スピーディーにアプリケーションの開発を行うことが可能になります。

 

「Ruby」はプログラミング言語、「Ruby on Rails」はRubyで作られたWebアプリケーションフレームワーク。それぞれまったくの別物です。

 

またRubyは日本産の言語ですが、Ruby on Railsは海外産のWebアプリケーションフレームワークです。

Ruby on Railsの特徴

テスト自動化

Railsでは開発をする上で必要となるテストを自動化することができます。モデルやコントローラを作るタイミングでテスト用のテンプレートを作成してくれます。

データベースの操作ができる

Railsではデータベースに格納した様々なデータを直接操作することができます。データベースの操作は本来SQLと呼ばれるデータベース言語を用いる必要がありますが、RailsではSQL文を書かずとも、データを参照したり更新・削除を行うことができるのです。

MVCアーキテクチャー

MVCアーキテクチャーは、システムをモデル(Model)、ビュー(View)、コントローラー(Controller)の3つに分けて設計する手法です。これによりどこに何の処理を書けば良いのかが明確になり、開発効率や保守性の向上につながります。RailsはMVCアーキテクチャーを採用したフレームワークです。

Rubyの学び方

目的を明確にする

まずはプログラミングを学ぶ目的を明確にしましょう。
これにより適切な言語を選択することが可能になりますし、モチベーション維持につながります。

書籍から学ぶ

Rubyは日本語の書籍も非常に多く出版されています。基本的な文法やプログラミングの基礎は書籍などを通して体系的に学ぶことをお勧めします。特にRubyは初心者向けの書籍も多く存在するので、自分に合うものを見つけやすいでしょう。

学習サービスを活用する

文法の知識を身につけただけでは、プログラムを開発することはできません。実際に自分の手を動かしながら開発を経験していくことが重要です。とはいえ自分でゼロからサービスを構築するというのは、初心者にとってかなりハードルが高いでしょう。そこでおすすめなのが初心者向けのプログラミング学習サービスを利用することです。

 

学習サービスは様々な種類のものが存在しますが、
初心者にもっともおすすめなのは「Progate」「ドットインストール」です。

Progate(プロゲイト)

Progateはオンラインのプログラミング学習サービスです。ポップで可愛いキャラクターとともにプログラミングの基礎を学ぶことができます。学習の流れとしてはまずスライド形式で文法の基礎などを学習、その後実際に手を動かしながら、サービス内に用意されているテキストエディタにコードを書いていきます。初心者が挫折しやすい環境構築の必要が一切なく、全てブラウザ上で完結します。

 

様々な言語のコースが用意されていますが、その中でも特にRubyとRuby on Railsのコースは充実しており、サイト内でWebアプリケーション構築の流れを体験することが可能です。

ドットインストール

ドットインストールは、3分ほどの動画でプログラミングを学習できるサービスです。講師がコーディングをしながらプログラミングについての解説を行います。初心者向けの動画の多くは無料で閲覧できます。Rubyのコースも網羅的に知識を学べるようになっているので、「話を聞く講義スタイル」で学習したいという方におすすめです。

簡単なWebアプリケーションを作ってみる

文法の知識が身についたら、自分で簡単なWebアプリケーションを作ってみることをおすすめします。

本を読んで理解していたつもりでも、いざ自分の手で作ってみようとすると、どうすれば良いかわからないということは往々にしてあります。そのため本を読んで終わりではなく、シンプルなもので構いませんので、自分でオリジナルのサービスを作ってみることが大切です。

プログラミングスクールもおすすめ

独学だとエラーを解決できずに挫折してしまうという可能性も充分にあります。独学では学びづらいという方は、スクールを利用するのも良いでしょう。一人で勉強するよりも時間を短縮できるので、効率的にプログラミングスキルを習得することができます。

Rubyは初心者もプログラマーも楽しんでプログラミングができる言語

この記事では、「Rubyとは」といった基礎的な部分から、言語の特徴や学び方、そしてRubyのフレームワークについて解説しました。

 

プログラミングスキルを身につけたいのであれば、まずは自分はプログラミングを学んで何をしたいのかを明確にすることが大切です。もしそれがWebサービスに関するものであれば、Rubyを学んでみるのも良いでしょう。

参考記事:AI開発に用いられるプログラミング言語Pythonとは?

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-技術トレンド

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.