英語力が一番伸びる語学学校

エンジニア×英語 国別海外就職Info

古今東西の様々なものが集まる場所、シンガポール。数ある観光スポットの中から厳選した4つのスポットを紹介

古今東西の様々なものが集まる場所シンガポール。この国には国土の面積が狭いながらも数多くの観光スポットがあります。そのなかでも、厳選した、4つの観光スポットを紹介していきたいと思います。25169503505_b7a45a8955_z

会社の同僚と飲みに出かける時には、世界中のグルメが集まる「クラーク・キー」で!

シンガポールの夜を満喫するにはもってこいの場所「クラーク・キー」を紹介していきたいと思います。

アクセス:MRTクラーク・キー(Clarke Quay・NE5・ノースイースト線)駅からすぐ。

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%bc%ef%bc%93

この「クラーク・キー」はシンガポール川沿いに位置していて、カフェやバー、きれいなレストランが立ち並んでいてシンガポールでも人気の場所となっています。この場所は、日本の寿司屋、中華料理屋からスペイン料理にいたるまで、様々な国の料理があるため、あらやる人種の人々が集まる、「人種の坩堝」となっています。

この「クラーク・キー」ではスペイン料理のバー「オクタパス」、赤い提灯が印象的な中国料理の「胡同」、西洋料理の「ウェアハウス・ビストロ」など、各国の料理が楽しむことができます。

また「クラーク・キー」の真ん中を通る「リード・ストリート」というのがあり、いつも多くの人で賑わっています。ここにも、世界各国の料理が楽しめるレストランや、ユニークなバーが並んでおり、ブラジル料理の「セニョール・サントス」、ペルシャ料理の「シラーズ」など、世界中から美味しい食べ物が集まっています。

更に、「クラーク・キー」の近くには、このシンガポール川をクルーズできる船の乗り場があります。なんとこの乗り場は午後22時30分まで営業しており、シンガポールの美しい夜景を見ることができます。また、夕方以降に乗船すれば日中と比べ気温も低くなっている為、涼しくクルーズを楽しむことができます。

5151017817_f9b998e88f_z

リバークルーズの所要時間は約40分で、湾・川をぐるりと一周した後、乗船した場所に戻ってきます。

料金は、大人:25ドル、子供:15ドル。

公式サイトはこちら

西洋と東洋の文化が入り乱れる場所「チャイナタウン」

・アクセス:MRTチャイナタウン駅からすぐ(chaina town・NE4ノースイースト線)

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%8a%ef%bc%93

この周辺には小腹がすいた人にピッタリの歩きながら食べれる食べ物が沢山並んでいるストリートが幾つか存在します。その中でも、有名なのが「スミスストリート・テンプルストリート」。

ここには中華料理の屋台がたくさん立ち並んでいて、「チャー・クェイ・ティオ」(焼きそば)や「サテー」(串焼き肉)などが食べることができますし、中華スイーツも食べることができます。

また、中華料理の店の隣には、ネイル・ロードやダクストン・ロード、ケオン・サイク・ロードと呼ばれるストリートがあり、そこには外国人観光客がよく来るシックなバーやレストランなど、西洋風の建物が立ち並んでいて、飽きることがありません。西洋と東洋がうまい具合に混ざりあい、良い雰囲気を醸し出しているのがこのチャイナタウンの良いところです。(写真)

さらに、お土産を買いたいのであれば、「パゴタストリート」というストリートがあります。多くの観光客でにぎわうこの場所は、「干支の壁紙」などの中華グッズはもちろんのこと、「マーライオンTシャツ」などのシンガポールのお土産もここで比較的安く購入することができます。

このチャイナタウンの中には中国寺院などの歴史的建造物も多くあります。この中国寺院の近くには、ヒンズー教寺院やモスクもあります。例えばスリ・マリアマン寺院ジャマエ・モスク仏牙寺龍華院などです。(写真)

これらの、宗教的建造物に触れる事によって、シンガポールの歴史に触れてみるのも一興かもしれません。

シンガポールでショッピングと言えばここ!「オーチャード・ストリート」

人気の観光スポットとして名高いのが、ここシティーホール付近にある「オーチャード」。常に観光客だけでなく地元の人々で混み合っております。最先端のファッションやグルメが集まるこの「オーチャード」という場所。それでは、「オーチャード」にはどのような場所があるのか探っていきましょう。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%89%ef%bc%92

「サマーセット駅」付近にはオーチャード・セントラルがあります。「オーチャード駅」は周辺のホテル、ショッピングセンターなどと地下でつながっています。

(オーチャードセントラル写真)

オーチャード・セントラル:ここはシンガポールの中でも一風変わったショッピングセンターとして有名です。例えば、店内には世界的なデザイナーがデザインしたブティックがあったり、11階と12階のレストラン街は空中庭園になっていて、最高の眺望で食事ができるなど、他のショッピングモールでの買い物と一味違うショッピングがしたいなら「オーチャード・セントラル」がおすすめです。

また、このショッピングモールは地下と「オーチャード・ロード」の上を通る3階のスカイブリッジから「オーチャード・ゲートウェイ」という2014年にオープンしたショッピングセンターと、またお隣の「313@サマセット」と直結しています。ですので雨が降ったときでも濡れる事無く、ショッピングができます。

(313サマセット写真)

313@サマセット:ここには世界的に有名なファストファッションショップがたくさんあります。例えばZARAやFOREVER21、コットンオンなどのファストファッションのお店が揃っています。ですので、特に10~20代の若者からの人気が高い場所です。さらに先ほど述べた、サマセット駅と直結しているためアクセスが非常に便利です。また、所々にカフェやスイーツのお店があるので疲れた時の立ち寄る場所としても使えます。

(スケイプ写真)

スケイプ:シンガポールの若者が集まる場所として有名なのが、この「スケイプ」という場所。ダンスを披露したり、スノーボードのコンテストが開催される等、若者が自由に自己表現をしたり自分をアピールすることができる場所。これらの他にも多くのイベントも開催されています。ですので、休日行ってみたいという方はどのようなイベントが開催されているかは要チェックです。

オーチャード・ゲートウェイを出てすぐのところに、エメラルド・ヒル・ロードという通りがあります。その通りには、オーチャード・ロードでひときわ目立つ黄色の建物「プラナカン・プレイス」を見ることができます。この場所に来れば、ほんの少しだけですがシンガポールらしい建物が見ることができます。

ガヤガヤしている町の中でも、ふとした時に、静寂が感じられる「リトル・インディア」

アクセス:MRT北東線を使ってリトルインディア駅もしくはファーラーパーク駅で下車。この2駅の東側が、リトルインディアと呼ばれる地区になります。

%e3%83%aa%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%80%80%ef%bc%95

この「リトル・インディア」には有名なショッピングモールがいくつかあります。そのうちの1つは、24時間営業の大型スーパーマーケット、ムスタファ・センターです。MRTファラー・パーク駅からすぐの場所にあります。

シンガポール土産のチョコレートや各種スナックから食料品、日用雑貨、布地や衣料品、電化製品までなんでも売っているので、お土産を買うのにいいかもしれません。最近女性人気のあるアーユルベーダ石鹸などが売っているので、おすすめです。(写真)

他にも、実はここはお寺めぐりにはもってこいの場所なんです。というのもこのリトルインディアのなかには、様々な宗教の寺院があるからです。近くにある寺院の3つを紹介しましょう。

スリ・ヴィラマカリアマン寺院:リトル・インディアのヒンズー教寺院です。観光客でも自由に行き来することができるので、非常に人気のあるスポットとなっています。

龍山寺:リトルインディアの北にある道教のお寺。内装もきれいで、荘厳な雰囲気漂う場所となっています。ガヤガヤとしたリトルインディアの中でも、静けさを感じることができるポイントとなっています。

シャカムニ・ブッタガヤ寺院:1927年にタイからやってきた僧侶によって創建された仏教寺院。タイ仏教とシンガポールの中国仏教が融合した寺院と言われています。外観を見る限りでは寺院らしさはないものの、寺院内には、300トンの重さの仏像が鎮座しています。

この3つの寺院を回って、リトル・インディアの「雑多な感じのなかにも静寂がある」というのを肌で体感してみてはいかがでしょうか。

お寺めぐりに疲れてお腹ペコペコという方にはインド料理!リトル・インディアにあるインド料理のオススメを紹介して行きたいと思います。

Komala Villas Restaurant」(写真):1947年に創業されてから60年以上経つ老舗で、伝統的な北インドの料理と南インド料理が美味しいお店。

Lagnaa...barefoot dining」(写真):このお店は一風変わっていて、レストランに裸足で店に入ることができます。居酒屋など裸足に慣れている日本人には馴染みやすいと思います。

The Banana Leaf Apolo」(写真)フィッシュカレーや、タンドリーチキンなど定番インド料理が出て来るお店。

の3つがインド料理のおすすめです。トリップアドバイザーでも紹介されているので、ぜひ行ってみることをお勧めします。

ゼロから実現!海外就職プランへのお申し込みについて

サウスピークのお問い合わせフォームからお申し込みいただき、「希望コース」欄にある海外就職プランをお選びください。お見積もりをお送りいたします。

01

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-エンジニア×英語, 国別海外就職Info

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.