英語力が一番伸びる語学学校

転職ノウハウ

転職の基本!転職活動の進め方とスケジュールの立て方

転職で内定を勝ち取るためには、計画的に転職活動を進めていくことが大切です。そこで、必要になるのが、転職活動のスケジューリングです。

しかし、どのように転職活動を進めていけば良いのか分からず、スケジュールを立てられない方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは転職活動の進め方とスケジュールの立て方について解説していきます。転職することを決意したものの、何から始めたら良いのか分からない方は、ぜひ参考にしてみてください。

スケジュールを立てることの重要性

まず、なぜ転職活動では、スケジュールを立てることが大切なのでしょうか。それは、転職活動を成功させるため、つまり内定を獲得するためには、計画的に活動を進めなければならないからです。

理想の内定に近づくため

例えば、自己分析や企業研究をまったく行わずに、転職活動を始めたとします。このようなケースでは、たとえ内定が決まったとしても、入社後に後悔してしまうケースが非常に多いです。

例えば、「やりたい仕事と違った」「思っていた業務内容と違った」というように入社後に大きなギャップを感じてしまうのです。これは、自己分析や企業研究を行っていなかったため、自分にあった転職先かの判断ができなかったことに原因があります。

転職活動というのは、「自己分析」や「企業研究」というように、やるべき事を順序立てて実施していかなければいけません。そうすることで、理想の内定に近づくことができるのです。

平均の転職活動期間は?

それでは、転職活動を始めてから内定が決まるまでに、一体どれぐらいの期間がかかるのでしょうか。全体にかかる期間が分からなければ、スケジュールを立てづらいですよね。

転職活動にかかる期間は、平均で3ヶ月といわれています。もちろん、平均ですので一ヶ月で決まる人もいれば、6ヶ月近くかかってしまう人もいます。

例えば、「今の職場を辞めて他の仕事を見つけよう」と思っても、すぐに次の仕事が見つかる訳ではないのです。転職を考えるときは、この3ヶ月という期間を頭に入れておくようにしてください。

転職活動の進め方

それでは、転職活動にはどのようなプロセスがあるのでしょうか。転職を始めてから、次の職場に入社するまで大きく4つのフェーズに分けることができます。

フェーズ1)準備期間
フェーズ2)情報収集
フェーズ3)応募・面接
フェーズ4)退社・入社 

ここからは、具体的な転職活動の内容について解説していきます。

フェーズ1)準備期間

最初に、転職の準備期間です。転職の目的を明確にして、自分がどのような仕事に就きたいのかをハッキリさせておくことです。いわゆる、「自己分析」です。

例えば、転職の目的であれば、「キャリアアップのため」「年収を上げたいため」「やり甲斐のある仕事に就くため」というような内容です。

このように、自分が求めている仕事や働き方がハッキリしていなければ、自分にあった最適な職場を見つけることはできません。

何ごともゴール(目標)が見えていなければ、そこにたどり着くことはできないですよね。この準備期間のフェーズで十分に時間をとって、これから働き方を見つめ直してみてください。

2)情報収集

次に、情報収集のフェーズです。自分が求めている仕事や働き方が見えてきたら、それが実現できる企業を見つけます。具体的には、さまざまな方法で集めた求人情報に目を通したり、企業研究をしたりする期間です。

求人の探し方には、求人情報誌やインターネット、ハローワークや転職エージェントなどさまざまな方法がありますので、自分にあった方法を選びましょう。

気になる求人があったら、その企業を詳しく調べるようにします。このときは、「会社四季報(東洋経済新報社)」や「帝国データバンク」などの信頼できる媒体を活用するのがお勧めです。

3)応募・面接

入社したい企業が絞れてきたら、実際に応募して面接を受ける期間です。履歴書や職務経歴書を作成して書類選考、それから1~3回の面接というように転職活動のキモとなる部分ですね。

履歴書や職務経歴書は、応募する企業の求人条件に合わせてそれぞれ作成していく必要があります。そのため、複数の企業の求人に応募するときは、思ったよりも書類の作成に時間がかかるものです。スケジュールを組むときは、十分に注意しましょう。

また、当然ながら面接の日程に関しては、応募先の企業の都合に合わせて進めていかなければなりません。例えば、応募者が多かったため選考に時間がかかったり、スケジュールが変更になったりします。

このように、転職活動では自分の思い通りにスケジュールが進んでいく訳ではないことを覚えておきましょう。

4)退社・入社

転職活動の最後のフェーズが、現在の職場を退社して、次の職場に入社する期間です。主に、退社・入社にかかわる準備や手続きの期間です。

現在の職場を退職するにあたっては、まず退職の意思を会社に伝え、退職届けの提出から業務の引き続き、関連書類の提出というようなプロセスがあります。

一方で、新しい職場への入社にあたっては、雇用契約書の締結や健康保険・年金の加入手続き、初出勤への準備などが挙げられます。

このフェーズで最も気をつけなければいけないことが、円満退職をしてスムーズに次の職場で働けるようにすることです。業務の引き続きが大幅に遅れてしまい、新しい職場への入社がずれてしまう、ということがないように注意しましょう。

転職活動のスケジュールの立て方

さて、ここまで転職活動の進め方を4つのフェーズに分けて説明してきました。具体的に、どのように転職活動を進めていくのかをイメージできたのではないでしょうか。

そこで、ここからは転職活動のスケジュールを立てるときのポイントがについて解説していきます。理想の内定を獲得するためにも、ぜひ参考にしてください。

目標から逆算して考える

転職活動のスケジュールを立てるときの基本は、目標から逆算して考えることです。このときは、転職活動の平均期間である3ヶ月を目安にすると良いでしょう。

例えば、10月までに内定を決めて、11月から転職先で働きたいのであれば、8月の初旬から転職活動を始めることになります。このように、「いつから転職先で働きたいのか」という目標から逆算してスケジュールを立てていくのです。

計画に余裕を持たせる

また、転職活動の計画を立てるときは、時間に余裕を持たせることが大切です。転職活動が思うように進まずに、計画が遅れてしまうケースが良くあるからです。

基本的に転職活動は、現在の職場で働きなが進めていくものです。そのため、急なトラブルで仕事が遅くなり、予定していた履歴書や職務経歴書の作成の時間がなくなってしまうようなことが十分に考えられます。

例えば、「書類の作成が間に合わず、応募期間に間に合わなかった」というような事態も発生することもあるのです。そのため、転職活動のスケジュールでは、時間にゆとりをもって計画を立てていくことを心がけましょう。

臨機応変に進めていく

また、その場の状況に応じて、臨機応変にスケジュールを変更していくことも大切です。転職活動のその場の状況に応じて、最適な進め方を選択していくのです。

例えば、私が20代に転職をしたときの話です。私は一旦、仕事を辞めてから、失業給付(失業手当)を受け取りながらゆっくりと次の仕事を見つけようと考えていました。

しかし、退職前に、たまたま転職エージェントのキャリアアドバイザーに紹介された求人が、とても自分の希望にあっていたので応募して内定をもらい、そのまま入社したのです。結局、当時の仕事を退職すると同時に、次の職場で働き始めることになったのです。

このように、転職活動では臨機応変に進めていくことが大切です。目的はスケジュールを守ることではなく、理想の職場を見つけることです。最初に立てたスケジュールに固執しないようにしましょう。

計画的に進めていくことが転職成功の鍵を握る

さて、ここでは転職活動の進め方とスケジュールの立て方について解説してきました。転職活動は次の4つのフェーズに分けることができます。

フェーズ1)準備期間
フェーズ2)情報収集
フェーズ3)応募・面接
フェーズ4)退社・入社

それぞれのフェーズで「何をやるべきか」を洗い出して、自分のできるペースでスケジュールを立てていきましょう。事前に時間をかけてスケジュールを作成し、計画的に進めていくことが転職活動の成功の鍵を握っています。

ここで解説した内容を参考にして、ぜひ転職活動によって理想の職場を見つけてください。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-転職ノウハウ

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.