英語力が一番伸びる語学学校

海外就職・転職ノウハウ

転職の成功率を高めるために内定獲得者が実施した3つの施策

今の職場を辞めて転職したい!と誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。社会人として働いていれば、そのように思いくなることはあいますよね。

しかし、一言で転職すると言っても、次の仕事が簡単に見つかる訳ではありません。また、転職活動を始めるにしても、どのように進めていけば良いのか分からないですよね。

そこで、ここでは転職の成功率を高めるために内定獲得者が実施した3つの施策を紹介してきます。これから転職活動を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

施策1、徹底した自己分析

1つ目の施策として徹底して欲しいのが、「自己分析」です。自己分析とは、転職活動にあたって、どのような仕事に就きたいのかを自分自身で見つめ直すことです。

例えば、面接で自分をアピールしようとしても、自分自身が「強み」や「得意分野」を理解していなければアピールできないですよね。そこで、必要になるのが自己分析によって、自分自身を見つめ直すことなのです。

転職理由

この自己分析で明確にしておきたいのが、「転職理由」です。なぜ現職を離れて、別の職場に移りたいのかをハッキリとさせておきましょう。

例えば、面接で採用担当者に転職理由を聞かれた際に、曖昧な理由しか出てこなかったら、入社したいという熱意が伝わりません。採用担当者が納得するように、転職理由は上手に説明できるように念入りに準備しておきましょう。

自己PR

また、書類選考や面接において鍵を握る「自己PR」も、自己分析をすることによって作成していきます。

転職活動というのは、言い方を変えると「自分自身を売り込む活動」です。そこで、重要になるのが、この自己PRです。

例えば、「自分はコミュニケーションが得意です」というような在り来たりな表現は絶対にNGです。今までのキャリアと実績を通じて、どのようにアピールすれば採用担当者が欲しくなるのかを真剣に考えてみましょう。

自分の強み

そして、自己PRでポイントになるのが、「強み」です。これも、自己分析を通じて見出す項目で、他人にはない独自の強みを見つけることを意識してみてください。

例えば、誰もができるような業務のスキルをアピールされても、企業の採用担当者はその人材を欲しいとは思いませんよね。

やりたい仕事

また、自己分析によって自分がやりたい仕事を明確にしておくことも大切です。そもそも、やりたい仕事が明確でなければ、理想の仕事を見つけることはできませんよね。

やりたい仕事を見つけるポイントは、「自分はどのようなときに喜びを感じるか」を考えてみることです。一人で黙々と仕事をするのが好きなのか、チームと一緒に働いていくのが好きなのか、というように自己分析を行ってみてください。

理想の職場に転職できた人というのは、やりたい仕事がハッキリと分かっていたからこそ、理想を見つけることができたのです。十分に時間をとって、本当にやりたい仕事は何なのかを考えてみてください。

施策2、スケジュール管理

転職活動の成功率を高める施策として、次に解説するのがスケジュール管理です。

転職活動は平均して3ヶ月

転職活動を始めて内定が決まるまでに、早い人で一ヶ月、遅い人で半年もの期間がかかるケースがあり。一般的に、内定が決まるまでの平均期間は3ヶ月と言われています。

この長い期間、現職の仕事をしながら続けていくためには、しっかりとプランを立てて行動していくことが大切です。

転職活動を始めたら、履歴書に貼る写真の撮影や職務経歴書の準備、企業研究というようにやるべき事が山ほど出てくるのです。だからこそ、綿密にスケジュールを立てて活動していくことが求められているのです。

退職前に転職活動を始める

スケジュールにおいて重要なポイントは、現職を続けながら平行して転職活動を進めていくことです。次の職場の内定が決まってから退職するのが、転職活動の理想だからです。

内定が決まる前に、もしくは退職してから転職活動を始めると、キャリアに空白が生まれてしまうので好ましくありません。長期に渡って働いていない期間があれば、転職ではマイナスになるからです。

時間の使い方

転職活動のスケジュール管理を徹底するには、やはり時間の使い方を工夫しなければいけません。現職の仕事を続けながら平行して進めていく転職活動では、時間ほど貴重な存在はないからです。

例えば、平日は履歴書や職務経歴書の書類作成の時間に充てて、週末は転職エージェントやハローワークを訪れる、というような時間配分です。

効率の良い求人探し

そして、時間を有効に使うためのポイントが、効率よく求人情報を探すことです。世の中には膨大な数の求人情報が溢れており、その中から自分の希望に合った求人を見つけるのは苦労するものです。

お勧めは、インターネットを活用して求人情報にアクセスすることです。求人サイトや転職エージェント、ネット版の求人情報誌などを利用して効率よく求人を探しましょう。

施策3、プロフェッショナルに相談する

そして、私自身が強く勧めるのが、プロフェッショナルに相談することです。プロフェッショナルとは、転職エージェントのキャリアアドバイザーや転職コンサルタントのことを指しています。

転職エージェントに相談する

多くの求職者の転職活動をサポートしてきたアドバイザーに相談することで、転職活動を有利に進めていくことができます。とくに、無料で利用することができる転職エージェントはお勧めです。

例えば、「特定の業界における職務経歴書の書き方」「面接でアピールするポイント」というような疑問や悩みは何でも相談しましょう。

私自身も転職を成功させたときは、転職エージェントのキャリアアドバイザーに職務経歴書をチェックしてもらったり、面接のアドバイスをもらったりしました。第三者からアドバイスをもらうことで、転職活動の成功率を大いに高めることが可能です。

キャリアコンサルタントに相談する

同じように、キャリアコンサルタントや転職コンサルタントに相談することもできます。ただし、ほとんどは有料になりますので注意してください。

全国職業相談センターに相談する

また、「全国職業相談センター」を活用することもできます。全国職業相談センターとは、株式会社日本技術総合研究所が運営する機関です。仕事に関する相談窓口で、電話や対面による相談が可能です。

転職活動を始めることになった経緯や仕事における悩みなどを相談することができます。職業相談のプロフェッショナルに相談することで、転職におけるヒントを掴むことができるかも知れません。

ハローワークに相談する

また、ハローワークを活用するのも有効な手段です。ハローワークとは、厚生労働省の管轄により運営されている職業紹介所です。国の機関ですので、当然ながら無料で利用することができます。

相談することで、ハローワークの職員が求人探しや職業相談に応じてくれます。さらに、面接対策のアドバイスなどももらうことも可能です。安心して利用できる国の機関ですので、積極的に活用しましょう。

徹底した準備が転職の成功率を高める

さて、ここでは転職の成功率を高めるために内定獲得者が実施した3つの施策を紹介してきました。転職活動を始めるにあたって、非常に参考になったのではないでしょうか。

今回、紹介した転職活動のポイントが、以下の3つです。

施策1、徹底した自己分析
施策2、スケジュール管理
施策3、プロフェッショナルに相談する

内定をスムーズに獲得できた人達は、徹底して転職の準備を行っています。徹底して自己分析を行ったからこそ、採用担当者を納得させるアピールをすることができたのです。

また、長期に渡る転職活動では、スケジュール管理もとても大切です。一つ一つのタスクをしっかりと管理して、転職活動を進めていかなければいけません。悩みや迷いごとがあったら、転職のプロフェッショナルに相談するようにしましょう。

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集室

Naoki Kitayama

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-海外就職・転職ノウハウ

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.