サウスピークは3ヶ月で、全生徒平均でTOEIC L&R試験200点UPという成果を達成しています。TOEIC L&R試験を受けた生徒の膨大なデータを保有しており、各パートの特徴や対策についても分析しています。⇒日本初TOEIC L&R試験(平均)200点UP(過去記事)

TOEIC L&R試験はパート1、パート2、パート3、パート4、パート5、パート6、パート7で構成されており、それぞれのパート毎に形式、難易度、ひいては対策法も異なってきます。

本記事ではTOEIC L&R試験のパート6(part6)について様々な角度から分析していきます。本記事を読むことでパート6の概要および点数別の勉強法を知ることができます。

TOEIC パート6は、「文章を読む中で必要となる文法的な知識」および「基礎的な文脈を追う能力」が問われているパートであり、パート5(短文穴埋め問題)とパート7(長文読解問題)をつなぐパートです。パート5と比較して、一目見た時の問題文の長さから尻込みしてしまいがちなパート6ですが、「パート5の積み重ね+α」と考えてよいでしょう。

目次

1)TOEIC パート6の特徴(問題構成、配点割合、1問の目安時間)
2)TOEIC パート6で測っている基礎英語力
3)TOEIC パート6を解答するための基礎英語力(勉強法)
4)TOEIC パート6の解答テクニック
5)文法力を中心にTOEICスコアを上げた生徒体験談
6)サウスピークのTOEICに関する取り組み
7)TOEIC各パートの特徴と対策勉強方法
8)サウスピーク留学説明会(東京・大阪・名古屋)について

1)TOEIC パート6の問題構成と特徴

TOEIC パート6の問題数は全部で16問です。
1つのまとまりのある文章から4つ問題が出題されるので、「大問が4つ。それぞれの大問につき、4問ずつで16問」という形式です。
200問中16問の割合なので、他のパートに比べて占める割合は大きくありませんが、パート5(短文穴埋め問題)とパート7(長文読解問題)の両方の要素を持つパートですので、パート6を攻略することはパート7の対策の足がかりとしても重要です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-17-39-48

問題の形式はやや長い文章の中での穴埋め問題です。
文章の中で空欄になっているところがあり、その空欄に最も適する選択肢を1つ、4つの中から選びます。1つのまとまりのある文章(大問)からは4問ずつ出題されます。

意味的にまとまった連続する文章の中から複数題、穴埋め問題が出題されているので、パート5に比べて見た目としては長くなっていますが、それぞれ独立して考えることのできる問題も多く、パート5(短文穴埋め問題)の延長として考えることができる設問も多くあります。

1問あたりの解答時間の目安としては30秒程度です。1分以上考えても分からない問題は飛ばすか、一番適切だと思うものをマークして次の問題に進んでしまいましょう。基本的には知識を問うている問題なので、わからない問題をあまり悩んでも解決されることは少ないでしょう。ただし、文脈で答えが決まる問題(文挿入問題、接続詞問題、文意に適した語彙を選ぶ問題)に関しては分かりそうであれば、時間をかける価値があります。この問題タイプの見極めに関しては後ほど記述します。

2)TOEIC パート6はどのような基礎英語力を測っているのか?

dsc03381

パート5の延長と考えることができると言いましたが、TOEICパート6で測られている基礎英語力は「パート5と同様の文法力および語彙力」+「文脈を追って適切な文の流れを見定める力」です。

まずは、文法力と言ってもざっくりとしているので、どのような項目が問われているのか詳しく見てみましょう。以下のように設問を分類することが可能です。

品詞
動詞の形(時制、態、分詞)
代名詞・関係代名詞・限定詞
前置詞・接続詞
語彙

これらの項目に関する正確な知識の有無を測っているのがTOEIC パート6です。ここまではパート5でも求められていた内容です。

パート6ではさらに文脈の理解も求められます。具体的に言うと、パート5とパート6を大きく分けるのは「文挿入問題」の有無です。

132.
(A) We could send you one of these right away.
(B) Thank you for returning them.
(C) These will be available early next season.
(D) You may exchange your new suits for a larger size.
−引用:『TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編』p.51より

上記は文挿入問題の例。選択肢は全て文法的には正しい文章。どの文が最も文脈に適しているかで正解を決めます。

4題に1題の割合で空欄部の選択肢が全て文となっている問題があります。この問題では選択肢である文は基本的に全て文法的には正しいものなので、文法力は関係ありません。その代りに必要とされるのが、文脈を追って正しい文の流れを見定める力です。それゆえ、パート5に比べて要求される英語力も高く、難しくなりますが、下記でどのような対策をしていけばよいのか見ていきましょう。

3)TOEIC パート6を解くための基礎英語力(勉強法)

このパートにおいては英語の総合力も必要とはされますが、より重要なのが、個々の文法知識の正確さや単語の知識です。どのように勉強していけばよいでしょうか。

以下にレベル別の勉強法のリンクと、その記事の中からパート6(part6)の点数を上げるために必要な部分の抜粋を記しておきます。

手順(1)学習の準備 リスニング音源を聴きこむ
手順(2)本文を精読し、品詞分解を行う
手順(3)音読+リスニングを最低10回し、英文の内容を頭にインプットする
手順(4)リスニング音源を毎日最低2時間は聴き続けて下さい。

下記のレベル別の勉強法のリンクにも書いてありますが、基本的には手順(1)から手順(4)までを継続的に学習するのが良いでしょう。その中でも特に、手順(2)及び手順(3)をより重点的に学習することでパート6の点数は伸ばすことができます。

注意点としては手順(3)の「音読+リスニング」も必ず必要であることです。英文を構造的に把握することは手順(2)の「本文を精読し、品詞分解を行う」ことで訓練できますが、学んだ学習内容を定着させるために「音読+リスニング」を行う必要があります。

以下、それぞれのレベル別の推奨参考書を紹介いたします。より詳しい学習方法に関して各レベル別勉強法のリンク先をご参照ください。

各レベル別の勉強法の記事リンク
TOEIC300点レベルからの脱出法!(中学英語からの再スタート)

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。
⇒全ての基礎を支える英文法を学び直すための教材
どんどん話せる 驚異の中学英語
⇒4コママンガとそれに続く解説のページを読み、さらにDialog(英会話文)を読み込むことで、「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」を自分の中に定着させます。
長文が読めるようになる中学英単語必修1200
⇒英単語を学ぶ教材。長文が20含まれています。

TOEIC600点レベルに届く最短勉強法(TOEIC600点への道)

高校英文法をひとつひとつわかりやすく
⇒最低2周して下さい。丸暗記することよりも理解することを優先して読み進めて下さい。別冊の回答英文をリスニングCDを使って暗記するまで聴きこんで下さい。
高校英文読解をひとつひとつわかりやすく
⇒最低2周して下さい。丸暗記することよりも理解することを優先して読み進めて下さい。本書を使うことで『高校英文法をひとつひとつわかりやすく』で学んだ内容を定着させて下さい。また、空き時間には復習としてリスニングCDを聴きこんで下さい。P122からの「音読用英文の一覧」は暗唱できるようになるくらいに音読して下さい。
新TOEICテスト出る語句
⇒これまで本格的に英文読解の学習をしたことが無い方は、本書を使ってTOEIC L&R試験向けの語彙力を増やして下さい。本書は日常英会話の表現も多く使われているため、基礎の英会話表現を学ぶのにも有効です。

TOEIC800点を徹底分析(勉強法・体験談あり)|TOEIC800点の英語レベルとは?

上記TOEIC600点を徹底分析でも挙げている、「高校英文法をひとつひとつわかりやすく」「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく」を学習した後、以下の参考書で問題演習をし、学んだ内容を定着させましょう。

TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part?5 & 6
※アルクにダウンロード音源有り
新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック!即効レッスン1
※Febeにダウンロード音源有り

TOEIC900点を徹底分析(勉強法・留学体験談あり)|TOEIC900点の英語レベルとは?

◆TOEIC L&R試験対策のための参考書に取り組む
⇒新公式問題を3冊(新形式Vol.1, Vol.6, Vol.5)は終わらせる必要が有り
◆試験対策の参考書を学習するのに加えて、他に多読・多聴の学習
⇒新公式問題を3冊(新形式Vol.1, Vol.6, Vol.5)を音読・リスニング学習でしっかりと丸暗記するくらいにやりこんだら、次はVol.4, Vol.3, Vol.2, Vol.1と古いVersionのものを軽めに流して取り組みましょう
◆TOEIC問題集に加えて、ビジネスに関わる英文を読み込み・聴き込む
⇒例えば、NHKの入門ビジネス英語がTOEIC L&R試験との相性が良いです。他にも900点を目指す人であればNHK英語教材で最難関の実践ビジネス英語に着手されても良いかもしれません。難易度は非常に高いですが、最先端のビジネス事情や洒落た会話表現について学べるのでお勧めです。

また、このような演習を通して単に文法的な知識を要求されている問題は瞬時に解答を見極められる、文脈理解が求められる問題に関してもあまり悩まずに正答を選べるまで英文を読み込む必要があります。

地道な作業ではありますが、普段から英文を読む際にある単語や表現が一つの文章の中でどのように言い換えられていくのか(英文では同じ語彙を繰り返し使うことを嫌うので、同じことをいう場合にも他の表現で言い換えられます。結果として文中には同じ意味を持つ異なる表現が散りばめられることになります。)を追っていく癖をつけることも効果的でしょう。

下記の文章は単純な例ですが、マークしてある「others」「passengers」「those around you」は全て「電車の中にいる人々」を表しています。このように様々に形を変えてゆく英語表現を追うことで、文全体のまとまり=文脈を追うことが可能になります。

Additionally, we would like to remind passengers to be (141) to others at all
times. An increasing number of passengers are expressing irritation with the
level of (142). Please remain mindful of those around you and keep mobile
phone use at minimum when you ride the train.
−引用:『TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編』p.53より

また、単語が使われる状況に対する理解を深めるためにも多読をする必要があります。ある単語の理解を深めるためには、その単語が異なる文の中でどのように使われているのかを見ることを通して、その単語が使われるべき共通の文脈を捉えることが重要です。この「ある単語が使われるべき共通の文脈」に関する知識のストックが文脈に適した単語を選択する上で必要になってきます。

900点以上を目指す場合には設問をすべて解き終わることも重要なので、いかにパート6で時間をかけずに解けるかも重要ですが、上で述べた「単語が使用される文脈のストック」を増やすことで短い時間で正答にたどり着くことも可能です。

4)TOEIC パート6(part6)の解答テクニック(有効な試験対策とは?)

TOEIC試験でよい点数を取るためには基礎的な英語力を向上させることも必要ですが、同時にTOEIC試験の形式にも慣れておく必要があります。ここではTOEIC L&R試験を受けるにあたって、必要十分な解答テクニックをご紹介いたします。

もっとも重要なことは読む量を減らす(いわゆる”捨てる部分を作る”)ことに注力しすぎない、ということです。このパートでは文脈に依存しない問題もあり、その箇所に関しては文全体を読まなくても解答することが可能です。

しかし、文章全体としての文脈を追っていく必要があるので、直近の穴埋めを正解するのには読む必要のなかった部分に、後の空欄部での正解を定めるのに必要な情報が含まれている場合も多々有ります。

ですので、テクニックにこだわりすぎて読む量を減らすのではなく、全体をきっちり読んだ上で分からない問題に関して考える時間を割くかどうかの判断に問題のタイプ分類を利用するのが良いでしょう。パート6では「急がば回れ」の精神が重要です。

この読む量を減らさずに全体を読むことが結局は文脈を正確に追うことにもつながってきます

例えば以下の問題ですが、文全体を読まなければ解答できない問題の例です。

The Fern Community Center is an entirely volunteer-run organization serving the Fern Lake community. (131) known among locals as “the Fern,” our center offers high-quality after-school care for local children of working parents. We also
(132) educational programs for all ages in our buildings on Quentin Street. (133)

In addition, the community center offers several (134) events throughout the
year. The largest and most famous is our annual Fern Fair. All residents are
invited
to join us on April 12 this year on the Broad Street Pier to enjoy the
area’s best food, crafts, and musical performances while savoring the cool
spring breeze.

−引用:『TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編』p.93より

(132)の問題を解くためには上の2箇所のオレンジ色の文字の部分を読む必要が有ります。
「Our center offers high-quality after-school care for….(私たちのセンターは高品質の放課後のケアを提供しています)」の文と「We also ___ educational programs for …(私たちは…に向けた教育プログラムも___ しています)」は「also」で繋がれているので、共通点があります。

「high-quality after-school care」と「educational programs」どちらも「our center」が提供しているものと考えることができますので、空欄部には「offer」と同義語の英単語が入ると考えることができます。

そこまで考えた上で選択肢を見てみると、ちゃんとありますね。

132.
(A) participate (B) claim (C) enroll (D) host
−引用:『TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編』p.93より

(D)の「host(〜を主催する)」が、最も適切な「offer(〜を提供する)」の言い換えです。

次に続きの部分も見てみましょう。

The Fern Community Center is an entirely volunteer-run organization serving the Fern Lake community. (131) known among locals as “the Fern,” our center offers high-quality after-school care for local children of working parents. We also
(132) educational programs for all ages in our buildings on Quentin Street. (133)

In addition, the community center offers several (134) events throughout the
year. The largest and most famous is our annual Fern Fair. (1)All residents are
invited
to join us on April 12 this year on the (2)Broad Street Pier to enjoy
(3)the area’s best food, crafts, and musical performances (4)while savoring
the cool spring breeze.

−引用:『TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編』p.93より

134の問題を解くためには2つ目の段落はほぼ全て読む必要があります。
選択肢も見てみましょう。

134.
(A) outdoor (B) exclusive (C) athletic (D) formal
−引用:『TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編』p.93より

(B) exclusive(排他的な) はオレンジ色の文字の部分(1)の「All residents are invited(全ての住民が招待されている)」に反するので、正答ではありません。

次に(3)の箇所に「the area’s best food, crafts, and musical performances(地域の最高の料理や工芸品、音楽演奏)」との記述がありますが、選択肢の「athletic(運動の)」は内容に合わないので正答ではありません。

正答の可能性として残るのは「outdoor(野外の)」もしくは「formal(堅い、堅苦しい)」ですが、(2)の箇所に「Broad Street Pier(Broad通り埠頭)」という記述があること及び、(4)の箇所に「while savoring the cool spring breeze(涼しい春のそよ風を堪能しながら)」という記述があるので、野外で行うイベントであることが分かります。

場所やイベントに関する説明から堅苦しいところは伺えないので、イベントを説明する語彙としては選択肢の中では「outdoor(野外の)」が最も適切でしょう。

このように全体を読むことで、正答に至る確度を上げることができます。

次に文脈に依存するタイプの問題であるのかどうかを見極めることは必要です。
文脈に依存しないタイプの問題は考えても分からないので、分からない場合には時間をかけすぎないようにしてください。

文脈に依存するタイプの問題の代表例は「文挿入問題、接続詞問題、文意に適した語彙を選ぶ問題」です。これらの問題は時間をかけて文を丁寧に読めば解決しそうであれば、時間をかける価値がある問題です。

もし、その問題が文脈に依存しないものであれば、穴埋めの周辺部や穴埋めが含まれている文章だけを見れば解答することが可能です。文脈に依存しない問題は、端的に言うと「定型表現に関する問題、文型など文法事項だけで正答を導ける問題」です。

極端な例では文章の穴埋めが含まれている文以外は一切読まなくても解答できる問題もあります。これらの文脈に依存しない問題は分からなければ時間をかけても正解を導くことは難しい問題なので、他の問題に時間を使ったほうがよいです。

We apologize for any inconvenience this may cause you. We (134) forward to
serving
you and providing you with fashionable apparel in the future.

Sincerely,

Fabrizio Donetti
Customer Service Representative

134.
(A) look (B) looked (C) were looking (D) had been looking

−引用:『TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編』p.51より

上の問題は典型的な文脈に依存しない問題ですので、文全体を読まなくても蛍光ペンでマークした部分だけに注目すれば解答することが可能です。

「We __ forward to serving」とあるので、「look forward to ~ing(〜するのを楽しみにしている)」という基本的な表現を思い浮かべることが可能です。ここまでは単純に語彙、英語表現に関する知識の問題です。

この知識があれば、空欄部には動詞「look」の時制が変化したものが入ることが予測できます。(実はこの問題では選択肢として「look」の時制が変化したものしかないので、この知識がなくても同じ結論にはたどり着きますが、自分の知識をもとに積極的に問題を解き進めたほうが解答に対する確度を向上することが可能です。)

さらに2つ目の蛍光ペンでマークしている箇所で「in the future」と動詞の時制を決める表現が含まれています。基本的には未来のことを表現できる時制を選択すればよいので、空欄部に入る動詞「look」の時制は選択肢の中では「現在から未来へと及ぶ話し手の判断、気持ちを表現できる現在形」である「look」を選ぶことが可能です。

Dear Ms Nishida:

I am writing to invite you to participate in the India Materials Engineering
Association’s (IMEA) trade show this year. As always, the event will provide (143) opportunities for networking.

Many vendors have already…..

143.
(A) extend (B) extends (C) extensively (D) extensive

−引用:『TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編』p.54より

同様に上記の画像の問題は、空欄周辺部、より厳密に言うと「provide ___ opportunities 」の部分だけを見て解答することも可能です。

文型を意識することはパート5と同様にパート6でも重要な考え方です。
文型を意識しながら設問を読むことができれば、設問の文章に入る品詞が分かることもあり、その場合はそれだけで2つ、場合によっては正解に辿り着けることもあります。

実際に上の画像の問題でも空欄があるのが第3文型の文であり、「他動詞+目的語」が揃っていることが分かれば、空欄の選択肢として可能性があるのは形容詞、副詞しかなく、直後に名詞が来るので、名詞を修飾できる形容詞が適切でしょう。

また、文章問題は時間が足りない方がほとんどですので、どのような時間配分で試験に望めばよいのかも気になる場合も多いでしょう。時間配分に関しては下記の記事に詳しく解説してあります。
TOEIC新形式の時間配分とテクニックについて

5)文法力を中心にTOEICスコアを上げた生徒体験談

文法力を中心としてTOEICスコアを上げた生徒の体験談を紹介します。彼ら・彼女らがどのように勉強したのか、文法でお悩みの方は実際にご覧下さい。

dsc02167

大学を休学して半年間のセブ島留学でTOEIC385点から810点まで425点アップ!英語の総合力と共にスピーキング力も大きく向上させたNatsukiさん。

3ヶ月でTOEIC700点から945点にアップ 「英語力を伸ばす唯一の道はカリキュラムを信じること」Hinakoさん

【TOEIC650→865】英語教師になるためにフィリピン留学。生徒の前でも恥ずかしくない発音を手に入れたMaikoさん

10週間のフィリピン留学でTOEIC255点から660点まで410点アップ!「英語で話せるようになるために品詞分解した」Takamitsuさん

TOEIC490点から865点に375点UP!海外の学術論文を読むために実践的な英語力をみにつけたYoshieさん

6)サウスピークのTOEICに対する取り組み

サウスピークではTOEIC LR試験のリスニングパート対策としても、英文法の学習、語彙の拡充を中心に据えています。これもリスニング力と英文読解力が大きく結びついているためです。

サウスピークの学習カリキュラム総責任者 柴田浩幸

リスニングで読み上げられる文章を読んで理解することができなければ、聞いた時に理解することはできません。まずは英文法・語彙の学習に取り組むことで、TOEIC リスニングパートの解答に必要な文法知識を漏れ無く習得します。

1. 高校で学ぶ英文法の知識習得⇒2. 語彙の習得、英文読解練習⇒3. TOEIC リスニングパート対策

そのためサウスピークでは上記の順番で学びます。

「リスニングを対策するために英文法・語彙の学習から始めなければならないのか…」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、他の学問と同じように、英語も基礎の着実な積み重ねが最終的に大きな力の差に結びつきます。そして、リスニングパートにおいても最も基礎となるのは英文法の理解と豊富な語彙です。

サウスピークのカリキュラムの特徴の1つとして、英文法・英文読解の学習に用いる参考書は全て音源が付属している書籍を採用しています。ですので、英文法・英文読解を学習する際に同時にリスニングの学習も行うことができる学習プランを用意しています。リスニングと英文読解の学習が独立しておらず、並行して行うことができるので、より効率的に学習を進めることが可能です。

また、「自分で発音できる音は聞き取ることもできる」の考えの元に、発音矯正にも力を入れています。実際に自分で英文が音読できるようになることで、英語独特のリズムや、強弱、単語同士が連結する部分の音の変化も聞き取れるようになります。このような本来独学であれば難しいリスニング対策が可能なのも、発音矯正に定評のあるサウスピークならではの取り組みです。

参考記事:英語発音矯正レッスン?フィリピン語学留学で最も効果的なレッスン?

英語を第2言語として学ぶ私たちにとってリスニングの対策は、「長時間英語を聞いていたら自然と英語が聞けるようになった」というレベルよりも遥かに上のレベルで行う必要があります。ぜひ、本記事を参考に日々の学習を継続してください。

7)TOEIC各パートの特徴と対策勉強方法

TOEIC各パートの特徴と対策勉強方法

サウスピーク留学説明会(東京・大阪・名古屋)について

サウスピークではこの記事で書かれた学習法を実践しています。お気軽に説明会にご参加ください。主に東京新宿のオフィス、名古屋、大阪の出張説明会を行っています。下バナーのページに説明会で話す内容や、開催日、場所、など随時更新で掲載しています。↓↓↓

こちらの記事では、TOEICの解答テクニックに重点を置いて書きました。ですがサウスピークではTOEICスコアの向上だけではなく、英語力自体(文法、単語)から、聞く、話すといった全ての能力をバランスよく向上させる学習カリキュラム、学習環境を用意しています。
全体
「聴く」「読む」「話す」「書く」能力を高め、そして発音矯正をした上で、結果としてTOEIC LR試験の点数も上がる学習カリキュラムとなっています。これが3ヶ月で平均TOEIC200点UPが実現する理由です。⇒日本初3ヶ月間でTOEIC(平均)200点UPを実現した語学学校

サウスピークの特徴については、他のページを読んでいただいても分かるのですが、下のYou Tube動画で解説しています。 参考にしてください。↓↓↓

皆さんの英語学習が、英語力のUPだけではなく、就職、転職、を含めた人生のキャリアパス開拓に繋げる事が、我々のミッションであり、やりがいだと考えています。サウスピークの留学を通して、英語力という武器を得る事で、アドバンテージを獲得していただければと思っています。