当校の流れ

留学までの流れ

FAQ よくあるご質問

FAQの目次
サウスピークやフィリピンなどについてのよくある質問をまとめています。こちらで分からない場合は、メールでのお問い合わせもございますのでご利用ください。

1.サウスピークについて

2.フィリピンについて

3.予約・申し込みについて

4.レッスンの進め方について

5.生活について

6.その他の質問

 

1 サウスピークについて

1-1 サウスピークはどのような学校ですか?

日本人が運営する日本人生徒のためのフィリピンにある語学学校です。大きな特徴は3つ有ります。

特徴1. 日本人の英語教育の専門家が最先端の英語学習カリキュラム、3ヶ月でTOEIC試験の点数が200点上がる学習カリキュラムを提供していること。
特徴2 平均10時間の学習時間、徹底的に英語学習が出来る環境
特徴3 優秀なフィリピン人講師達

特徴の詳細はこちらのビデオをご確認ください。

1-2 事前のカリキュラム相談はどのような内容ですか?

生徒がフィリピンに来る前にスカイプを通じて約30分間のカリキュラム相談を行います。カリキュラム相談では、「留学前の事前学習で使用する参考書」と「留学中に使用する参考書」を決定します。その上で日本で事前に英語参考書を購入してきてもらいます。

また、事前に英語参考書を決めることで日本にいる内から留学に備えた英語学習を行うことが出来ます。詳細は下記の記事を確認下さい。

(参考記事)サウスピークは留学前にTOEICを200点上げることも可能です。

1-3 1日のスケジュールを教えてください。

午前と午後にそれぞれ4時間の学習時間が確保されています。そして1日で最低8時間の学習をしていただきます。8時間の内訳はマンツーマンレッスンが3時間、グループレッスンが1時間、義務予習が最低4時間となっています。

1-4 どうして4時間もの義務予習時間が定められているのですか?

サウスピークでは「英会話能力を高める」だけでなく「英語書籍や英文記事が読める」「英語のニュースが聞ける」「TOEIC試験で高得点を取れる」ようになるための学習カリキュラムの提供をしています。そのためにあえて4時間の義務予習時間をカリキュラムに組み込まれています。

フィリピンの語学学校の多くの学校では通常マンツーマンレッスンの時間が長いことを宣伝文句にしています。確かにマンツーマンレッスンは楽しいですし、英会話に慣れるのには有効ですが、しっかりと予習・復習の時間を取らない限りすぐに英語力の伸びは頭打してしまいます。これはサウスピークの英語学習アドバイザー(柴田 @HAL_J )が自らの留学経験と長年語学留学をする生徒関わった経験からはっきりと認識している点です。詳細は下記の記事を確認下さい。

(参考記事)フィリピン留学、セブ島留学の”常識”である長時間マンツーマンレッスンを否定しました。

1-5 学校の場所はどこですか?

サウスピークはリゾート地として有名なフィリピン・セブ島のセブ市中心部にあります(Original校)。また、新校舎(Premium校)はセブ市の隣にあるマンダウエ市に有ります。どちらの校舎もレストランやショッピングモールからも近く便利な場所に有ります。

1-6 宿舎はどこにありますか?

学校施設と宿舎は同じ施設内に有ります。そのため移動時間を無駄に使うことなく、英語学習に集中することができます。

1-7 学校へ辿り着くまでの道のりが少し不安です。

現地スタッフが空港までお出迎え致します。待合せ場所の詳細も事前にお伝えしますので、海外が初めての方でも問題ありません。ご安心下さい。

1-8 食べ物は日本人に合いますか?

サウスピークで提供される料理は日本人の口に合う味付けで提供されます。長期滞在の方もご安心下さい。日本人向けに日々料理の質を高めているため、今や一般的な韓国系語学学校よりもずっと食事の評判が良いです。

1-9 医療体制はどのようになっていますか?

サウスピークは日本人対応の医療サービス「ジャパニーズヘルプデスク」と提携しています。万が一の場合は日本人スタッフが医師とのコミュニケーションを対応する体制となっております。どの校舎も病院が近くにありますので、ご安心ください。

1-10 年齢制限はありますか?

サウスピークへの留学は15歳以上の方から可能です。大学受験対策にも非常に有効なカリキュラムを提供しております。
15歳未満の方は親子・保護者同伴であれば留学可能です。これまでの最年少留学者は13歳です。⇒(参考記事)中学生の子ども二人と親子三人で留学された平野さん一家の体験談

1-11 長期留学はできませんが、留学はできますか?

サウスピークでは1週間からの短期留学も受け付けております。1週間の滞在の方が留学を最大限有効活用できる学習カリキュラムの提供をサウスピークでは行なっております。

短期留学の詳細は下記のビデオでご確認ください。

1-12 週末にレッスンはありますか?

土曜日に4時間のレッスンを行っております。TOEIC試験が600点未満の生徒の方々は4時間の義務自習を学内で行ってもらっております。この自習では出欠の確認を行っております。※TOEIC(R)試験で600点以上の生徒様は出席の必要が有りません。

また、追加料金(7,000円)をいただければ、希望する生徒様に週末も3時間のマンツーマンレッスンを行っております。短期留学の方には特にお勧めです。

2 フィリピンについて

2-1 セブ島について教えてください

フィリピン・セブ島はリゾート地として日本ではとても有名な場所です。珊瑚礁が多くあり、ダイビングスポットとしても有名です。最近では1年中ジンベイザメが見られることでも人気があります。

また16世紀にマゼランが到達した地として、フィリピンの中でも長い歴史を持つ都市です。近年では欧米のBPO(Business Process Outsourcing 自社の業務処理の一部を、外部の業者にアウトソーシングすること)やコールセンターが多く進出し、国際色豊かな都市として発展しています。セブ島ではフィリピン人以外にアメリカ人、韓国人、日本人、中国人と多様な国籍の人々を見かけます。

その他情報はWikipediaを確認下さい。事前に英語版も読み込んでおくと留学がより充実したものになります。

セブ島 Wikipedia 

2-2 入国にビザは必要ですか

入国時にビザは必要ありません。学校到着後、スタッフが各生徒様に滞在に必要な手続きを進めます。入国時には帰国の際の航空券と6ヶ月以上の有効期限のあるパスポートをご持参ください。

2-3 フィリピンの物価はどのくらいですか?

日本の物価の3分の1?5分の1程度を想定して下さい。レストランでの食事が400円から、タクシーの初乗りが80円程度と日本と比べると物価は安いです。

2-4 フィリピン人の英語の「なまり」は大丈夫ですか?

フィリピン人の英語は「世界で一番聞き取りやすい英語」と言われています。詳細はフィリピン人の英語力、フィリピン人の英語は訛っているのかの記事を確認下さい。フィリピン人の英語力についてまとめています。

2-5 フィリピン・ペソを日本で準備した方がいいですか?

日本では両替レートが悪いため、サウスピークに到着するまではフィリピン国内の空港で両替することをお勧め致します。ただし、空港よりも校舎近くのショッピングモールの方がレートが良いため、空港でも最小限(2,000円以下)の両替に留めておくことをお勧め致します。

2-6 先生は全員フィリピン人ですか?

マンツーマンレッスンを担当する講師は全員TOEIC(R)試験で900点以上を獲得しているフィリピン人です。

(参考記事)TOEIC®試験で900点以上のサウスピーク・フィリピン人講師達

2-7 フィリピンの祝日について教えてください。また、祝日には授業は行われますか?

フィリピンの祝日及び、年末年始は学校が休みとなります。祝日による休講に関しましては、振替レッスンや料金の返金は行っておりませんのでご了承ください。

詳細はフィリピンの祝日についての記事を確認下さい。

3 予約・申し込みについて

3-1 いつまでに申し込みをした方が良いですか?

申し込み期限は2週間前までになっております。

ただし、大学生の長期休み期間である春期(1月末から3月末)や夏期(7月末から9月末)は混雑が予想されます。お早めにご予約されますことをお勧め致します。2ヶ月以上前から申し込みいただけると確実に予約出来ます。

一方、下記にいつから申し込み可能か、という回答をまとめました。

・3週間以下の留学お申込みは留学開始日の『6ヶ月前』から可能です。
・4週間以上の留学お申込みは留学開始日の『12ヶ月前』から可能です。

【注意1】3週間以下の短期留学を計画されている方は繁忙期期間(1月末?3月末、7月末?9月末、GW期間)に関しては2ヶ月前からのみお申込み可能です。

【注意2】6人部屋プランを希望されている方で、3週間以下の短期留学を計画されている方は
繁忙期・閑散期を問わず、2ヶ月前からのみお申込み可能です。

3-2 学校についてから留学期間を変更できますか?

可能です。延長される場合には、差額をお支払いしていただきます。また、短縮する場合には、こちらのキャンセルポリシーをご確認ください。

3-3 空港には何時に到着すれば良いですか

日曜日にセブ島に到着する便を予約下さい。現地スタッフが空港までお出迎えに参ります。そしてまた、寮からの退去日は毎週金曜日?土曜日の正午となっております。この「土日到着⇒金土に退寮」のスケジュールが難しい方は留学相談からご相談ください。

3-4 友達と一緒に留学したいのですが、同室になれますか?

可能です。メールでのお申し込みの際にその旨をお伝えください。

3-5 留学費用以外に月々いくら位必要ですか?

外食や観光のために使う金額は月額1-3万円程度の使用を想定してください。ただし、ダイビングやリゾートホテルを楽しまれる方ですと、もう少し余分に必要となります。

3-6 セブ島行きのおすすめの航空会社はありますか?

日本からセブ島には、LCC(格安航空会社)を利用する方法、直行便を利用する方法、第三国を経由する方法といろいろな手段があります。生徒様のスケジュールや予算に応じて、おすすめの航空会社は異なりますが、日本からセブ島への航空券についての記事を読んだ上で、各航空会社を比較・検討いただければと思います。

3-7 海外保険には加入した方が良いですか?

サウスピークでは留学する生徒の皆様全員に海外保険への加入を薦めています。フィリピンに長期留学される場合、一度は体調を崩される方が多いです。また、怪我や病気だけでなく盗難などの様々なトラブルに対応した海外保険があります。そして、下記の海外保険を加入していただきますと、留学中にお客様が治療費を立て替える必要がございません。

【現金をその場で支払う必要がない海外保険一覧】
あいおいニッセイ同和損保
朝日火災
エース損保
ジェイアイ損害火災
セコム損保
損保ジャパン
日新火災海上
日本興亜損保
富士火災
三井住友海上

3-8 ビザは事前に取得した方が良いですか?

フィリピンでは、事前にビザを申告する必要はありません。学校到着後、スタッフが各生徒様に必要なビザ更新を代行いたします。

3-9 留学前にどのように勉強すれば良いですか?

お申込み直後に、一度サウスピークのスタッフとSkypeで学習面談を行います。英語学習アドバイザーである柴田 @HAL_J が作成した学習カリキュラム作成を元に、スカイプ学習面談を行います。面談時に学習の進め方もお伝えします。

3-10 クレジットカードは持ってきた方がいいですか?

クレジットカードがあれば多額の現金を持ち歩くこと無く現地で買い物が出来ます。また、国際キャッシング機能が付いたクレジットカードであれば、現地のATMから直接外貨(フィリピン・ペソ)の引き出しが可能です。手数料は各社異なりますので、事前に御確認下さい。

また、クレジットカードはリゾートホテルに宿泊する際の身分証明にもなります。何らかの事情で帰国日が延期された場合にも、航空チケットを取得するのに役立ちます。もし現在クレジットカードを持っていないという学生の方も、このフィリピン留学を機会にクレジットカードを取得されることをお勧めします。

ほとんどのカードがフィリピンで使用可能ですが(VISA, MASTER CARDは問題なし)、出国前に一度クレジットカード会社にフィリピンでの使用が可能か確認することをお勧め致します。

4 レッスンの進め方について

4-1 英語が苦手で自信がないのですが、留学しても大丈夫でしょうか?

「英会話の経験が全くない」「英会話が全くできない」場合でも問題ありません。英語学習の専門家が中学1年生レベルからの英語の学び方を指導します。またサウスピークは日本語で書かれた英語の参考書を採用しております。下記に実際に中学レベルから学習をされたサウスピーク卒業生の体験談を紹介致します。

○.「三単現のs」から初めて英会話ができるまで成長したYoutaさんの留学体験談
○.「英語を喋れるようになりたいから勉強した」TOEIC340点から610点まで向上したShunさんの体験談

4-2 サウスピークで学習することでどういった英語力が身に付くのか

サウスピークは次に記す2つの要望を満たすために日本人経営の語学学校です。

初心者の方であれば英語の基礎から学ぶことが出来ます。また上級者の方であれば、ビジネスやアカデミックで利用できる高度な運用力を鍛えることが可能です。

中学生レベルから留学を開始して基礎力を身につけた方の体験談

「英語を喋れるようになりたいから勉強した」TOEIC340点から610点まで向上したShunさんの体験談

休学中に英語の苦手意識を克服!TOEIC300点代から600点代まで向上させたMomoさんの留学体験談

上級者の方でさらに高度な英語力を身につけた方の体験談

Azusaさん、英語で議論ができるようになるために9週間のフィリピン留学

Hayatoさん 2度目のフィリピン留学で「自分の意見を英語で発信する力」をつける

4−3.授業内容を決めることはできますか?

サウスピークでは、ご契約いただきました後に「現在の英語力」×「英語学習の目的」×「留学の期間」を元に英語学習指導のプロが個別にカリキュラムを作成しております。カリキュラム作成後にSkypeで学習相談を行なっておりますので、その際にカリキュラムについてご相談ください。

4−4.参考書は現地で購入できないのでしょうか

参考書は日本で販売されているものを利用していますので、現地の購入はできません。海外から直接サウスピークに来る場合には、サウスピークに在庫のある教材をかりて頂くか、日本から発送して頂くこととなります。その場合、時間がかかることもありますので、なるべくお早めにご相談ください。

4−5.海外から直接入学することは可能ですか?

今まで多くの生徒様が海外から直接サウスピークに入学されております。ただし、参考書の購入等の準備がございますので、お早めにご連絡ください。

4−6.講師は毎日変わるのですか?

講師は週毎に変わります。同じ講師から継続的に教わると特定の講師に慣れることと英語での意思疎通が出来ることを勘違いしてしまうことがあります。それを避けるため講師は毎週入れ替えています。ただし、レッスンマニュアル統一されているため講師によって授業の教え方が全く異なるといったことはございませんので、ご安心ください。

4−7.子供でもレッスンを受けられますか?

15歳以上であれば、留学が可能です。保護者と一緒に留学される場合は中学生からの留学を受け付けております。ただし、保護者様もお子様間も英語の学習をしっかりするということが条件となります。

中学生の子ども二人と親子三人で留学された平野さん一家の体験談

5−1.日本の電化製品は使えますか?

フィリピンのコンセントの形は日本と同じ形です。ただし、電圧が220Vと日本より高いため、変圧器のついた家電以外は使用はできません。通常、ノートパソコン、デジカメなどには充電器に変圧器がついております。

5−2.日用品や雑貨の購入はできますか?

全ての校舎から徒歩圏内の場所に日用品が購入できるスーパーがあります。ただし、こだわりがあるもの等に関しては、日本からご持参いただくことをお勧め致します。

5−3.洗濯について教えて下さい。

週に3回、学校で洗濯物を提出することができます。提出されますと2、3日後に折畳まれて返却されます。

5−4.休日に映画やレストランを楽しみたいです

タクシーで10分程度(200円くらい)のところにモールがあり映画の鑑賞やレストランに行くことが可能です。

5−5.お酒やタバコは、部屋や学校内で飲めますか

学内でアルコール飲料を飲むことは禁止されています。また、タバコに関しましては、学内の指定の場所のみで利用可能です。

6−1.リゾート地に行けますか?

学校から約30分くらいの場所がリゾート地ですので、週末にリゾートホテルに宿泊される方も多くいらっしゃいます。

6−2.ボランティア活動などはありますか?

NPO法人セブンスピリットのスタディーツアーに参加することが可能です。

(次の記事へ)セブ島への航空便、航空券について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る