本気留学サウスピークは、関西学院大学と産学連携し、2019年度より教育学部生を対象にした「海外派遣プログラム」を実施いたします。

2020年度に行われる「小学校での英語教科化」に向け、世間では、教員の指導力不足が問題視されています。

今回のプログラムは、教員志望の大学生が「発音矯正レッスンの受講」や「フィリピンの現地小学校での補助教員体験」を通して、英語教科の指導に自信を持つことができる内容になっています。

💡海外派遣プログラムの内容

1. フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンの受講
2. スラム街の子どもを支援するNPO法人でのボランティア
3. セブ島の公立小学校でのTA(補助教員)体験

サウスピークは、今後より多くの教員志望の大学生や、英語力向上を目指す大学生の英語学習に貢献するために、他大学との連携を進めて参ります。

「本気留学サウスピークと関西学院大学の産学連携」に関するプレスリリースの詳細な内容については、こちらのページをご覧ください。