フィリピンのセブ島へ到着後、生徒様には「現地で必要な費用」をお支払いただきます。

<この記事の目次>

フィリピン到着後に必要な費用

観光ビザの延長料金

「現地で必要になる費用」を試算しました

フィリピン到着後に必要な費用

フィリピン現地では家事代行サービス費を含んだ「サービスチャージ」フィリピンに滞在するために必要な「許可証の申請費用」をお支払い頂く必要があります。

フィリピン現地には日本円が無いため「フィリピン・ペソでのお支払い」をお願いしています。現地でお支払いただく費用の内訳は、以下の通りです。

項目 料金 参考
サービスチャージ 1,000ペソ/ 週
(約2,000円)
電気代、水道代、光熱費、洗濯代、ネット代、清掃費用、警備費用
SSP取得費用 7,000ペソ
(約14,000円)
SSP(Special Study Permit)とは、フィリピンで勉強するために必要な「特別勉強許可証」のことです。

フィリピン政府に納める税金の一種で、1~26週間の滞在が認められます。
27週間以上の滞在には再発行が必要です。

ACR I Card 4,000ペソ
(約8,000円)
ACR I-Cardとは「外国人登録証」のことです。

60日以上フィリピンに滞在する全ての外国人が取得する必要があります。
8週以下の滞在であれば、申請は免除となります。

※上記の価格は2018年10月10日現在のものです。(1ペソ=2円で換算)

※フィリピン政府の法改正等の事由により各種申請費用(SSP、ACR-i Card、ビザ延長にかかる費用)が変更になることがございます。その場合、現地納入費用が変更になる可能性がございますことをご了承ください。

観光ビザの延長料金

5週間以上フィリピンに滞在される生徒さまは「観光ビザの延長手続き」をする必要があります。

滞在期間ごとの延長料金は以下の通りです。

期間 料金
1-4週間の滞在 無料
5-8週間の滞在 4,000ペソ
(約8,000円)
9-15週間の滞在 10,000ペソ
(約20,000円)
16-20週間の滞在 14,000ペソ
(28,000円)
21-23週間の滞在 17,000ペソ
(約34,000円)
24-26週間の滞在 21,500ペソ
(約43,000円)
27-29週間の滞在 24,500ペソ
(約49,000円)
30-34週間の滞在 27,500ペソ
(約55,000円)
35-39週間の滞在 30,500ペソ
(約61,000円)

※上記の延長料金は2018年10月10日現在のものです。(1ペソ=2円で換算)

「現地で必要になる費用」を試算しました

結局、現地ではいくら必要になるのかを試算いたしました。

滞在期間 サービスチャージ SSP取得費用 ACR-I card 観光ビザ延長費用 合計
2週間 2,000ペソ
(約4,000円)
7,000ペソ
(約14,000円)
なし なし 9,000ペソ
(約18,000円)
4週間 4,000ペソ
(約8,000円)
7,000ペソ
(約14,000円)
なし なし 11,000ペソ
(約22,000円)
8週間 8,000ペソ
(約16,000円)
7,000ペソ
(約14,000円)
なし 4,000ペソ
(約8,000円)
19,000ペソ
(約38,000円)
13週間 13,000ペソ
(約26,000円)
7,000ペソ
(約14,000円)
4,000ペソ
(約8,000円)
10,000ペソ
(約20,000円)
34,000ペソ
(約68,000円)
26週間 26,000ペソ
(約52,000円)
7,000ペソ
(約14,000円)
4,000ペソ
(約8,000円)
21,500ペソ
(約43,000円)
58,500ペソ
(約117,000円)

※為替レートは日々変化しますので、常に最新レートでご確認下さい。(2018年10月10日現在、1ペソ=2.09円)

(次の記事へ)セブでのTOEIC試験の受験について