フィリピンは国民の90%以上がキリスト教徒のため、祝日の多くがキリスト教に関する物です。そのため、日本の祝日とは日程が異なりますので、フィリピンに来る前にフィリピンの祝日を確認しておきましょう。

また、日本とは異なり、フィリピンの祝日は急に変更となったり制定されたりすることがあります。また大統領命令で祝日が変更になることもあります。その際の休講に関しても補講あるいは別途補償、返金はございませんので予めご了承下さい。フィリピンの祝日には授業は行われません。その際の補填あるいは別途補償、返金はありませんのでご注意ください。

*1〜3週間の短期留学の方にはなるべくレッスンの補填を行なっておりますので、事前にメールにてご確認ください。事前に下記にまとめてあるフィリピンの暫定祝祭日情報をご確認ください。クリスマスなど重要とされる祝日に関しては短期留学の方でも授業を提供できませんので、その点はご了承ください。

*祝日は食事の提供を行っておりません。

日程 祝日名(2018年)*土日は授業への影響はなし
1月1日(月) New Year’s Day
2月16日(金) Chinese New Year(授業・食事提供予定)
2月25日(日) EDSA People Power Revolution Anniversary(授業・食事提供予定)
3月29日(木) Maundy Thursday(授業・食事提供予定)
3月30日(金) Good Friday
3月31日(土) Black Saturday(食事のみ提供予定)
4月9日(月) Araw ng Kagitingan
5月1日(火) Labor Day
6月12日(火) Independence Day
8月21日(火) Ninoy Aquino Day
Eid’l Adha⇛【8/15発表の大統領令により祝日】
8月27日(月) National Heroes Day
11月1日(木) All Saints Day(授業・食事提供予定)
11月2日(金) Additional special (non-working) day
11月30日(金) Bonifacio Day
12月24日(月) Christmas Eve
12月25日(火) Christmas Day
12月30日(日) Rizal Day
12月31日(月) Last Day of the Year
1月1日(火) New year’s day

 

 

 

(次の記事へ)払い戻し規定