理系人材のグローバル化を応援するメディア

Powered by Souspeak

プログラミング言語PHPとは?できることや利用のメリットを具体的に解説!

こんにちは!理系エイゴです。

 

今回はプログラミング言語PHPについて解説します。
プログラミング初心者が抱えやすい「PHPでどんなことができるの?」「PHPは初心者に向いてるの?」といった疑問に答えます。

 

PHPは世界中で使われているプログラミング言語です。主にWebアプリケーションの開発に使用されることが多く、世界最大SNSであるFacebookもリリース当初はPHPで記述されていたと言われています。

 

PHPでWebサイトを作ってみたいと考えている方は、ぜひこの記事を読んで、PHPの基礎知識を身につけてください。

参考記事:AI開発に用いられるプログラミング言語Pythonとは?

PHPとは

PHPは、Web開発の領域で用いられるプログラミング言語です。1994年に誕生した言語で、元々は単純なテンプレート処理を行うだけのものでしたが、機能追加などを繰り返したことにより、様々な目的で汎用的に使用できるプログラミング言語となりました。

 

PHPは文法もシンプルで書きやすいので、初心者におすすめなプログラミング言語の一つです。様々なPHP用のフレームワークも存在するため、それらを活用すれば、比較的簡単にWebアプリケーションの構築も可能です。

コンパイル不要のプログラミング言語

コンパイルとは、プログラム実行時にソースコードをコンピューターが読解可能な形に変換するプロセスです。コンパイルが必要な言語はコンパイラ言語と呼ばれます。一方で、コンパイル不要で、プログラムの記述や実行を比較的簡易に行うことができる言語はスクリプト言語と呼ばれます。

 

スクリプト言語は、自然なテキストベースでプログラムを記述することができるため、習得が比較的容易であると言われています。

 

PHPはスクリプト言語であるため、コンパイル処理が必要なく、テキストベースで記述したプログラムをそのまま実行することが可能です。

PHPの市場ニーズ

PHPは世界的に使用されているプログラミング言語です。
W3Terchsによると、サーバーサイドのプログラミング言語として、PHPは83.1%もの割合のサービスで使われているとも言われています。

 

ブログやWebサイトを簡単に作ることができるCMS(Contents Management System)サービスで有名な「WrordPress」がPHPで構築されていることは有名です。

WordPress本体のプログラムはもちろん、テーマやプラグインなどもPHPで作成することができるので、PHPを習得することで、オリジナルのテーマを作って販売したり、カスタマイズすることが可能になるでしょう。


国内の企業では、ネットショップ作成サービスのBASEや飲食店レビューサイトRettyなどもPHPを使用していると言われています。

課題が残るプログラミング言語

PHPはコードの記述が非常に自由であるという特徴がありますが、これは不完全なコードであってもある程度動いてしまう、というデメリットにもなります。技術者によって書き方が異なる場合、開発のスピードにも影響してくるでしょう。またセキュリティ面でも課題が残っているとも言われています。

PHPでできること

HTMLを動的に表示する

Webページは「静的ページ」「動的ページ」に分けられます。動的ページとはユーザーのアクションや状況に応じて、ページの内容が変化していくページです。ユーザーが記事を投稿したり、それを見た他のユーザーがコメントしていくようなサイトがこれにあたります。一方静的ページは、閲覧側で内容が変化しないサイト(サーバ上に置いたHTMLファイルをそのままブラウザに表示するなど)です。

 

HTMLファイルだけでは、動的なコンテンツを作ることはできません(またHTMLは正確にはマークアップ言語。プログラミング言語ではありません)。そのためHTMLだけで投稿機能が搭載されたサイトを作ることは不可能。機能が制限されたサイトになってしまいます。

 

しかしPHPを使用することにより、HTMLによって表示されるデータを、条件などによって適宜変えて表示させることができるようになるのです。

データを扱う

PHPは、MySqlやPostgerSQLなどのデータベースシステムと連携し、データを扱うことができます。これにより、データにあわせてページの表示を変更することができるようになります。例えばユーザー投稿型のサイトであれば、ユーザーが書いた記事などをデータベースに記録し、アクセスに応じてその記事をデータベースから読み込んで表示させます。

送信された情報を受け取る

ユーザーが入力した情報をPHPは受け取ることができます。ユーザーは主にHTMLのフォームに情報を入力することになりますが、HTMLだけで構成されたサイトではそのデータをサーバーとやり取りすることはできません。ですがPHPで構成されたプログラムであれば、送信された情報を受け取ってデータベースに格納したり、情報にあわせた表示を行うことができます。

具体的にどんなことができるのか

身近な例でいうと、お問い合わせフォームやユーザーの投稿機能をPHPで実装することができます。またECサイトでよく見かけるショッピングカートなども作ることができます。ユーザーの動き(商品をカートに入れる)にあわせて総計を表示することも可能です。

プログラミング初心者がPHPを学ぶ利点

読み書きしやすい文法

PHPは学習しやすく、初心者におすすめのプログラミング言語であると言われています。PHPの文法は読み書きしやすく、比較的自由な書き方ができるので、初心者が手を動かしながらプログラミングを学ぶには最適です。JavaやC言語などは、変数にデータを格納する際、「これは数値」「これは整数」と明示的に定義する必要があります。しかしPHPはこれらの過程を自動で行ってくれるので、型を意識しなくてもコードを記述することができます。

Webや書籍などの情報が多い

PHPは世界中のWebサイトで圧倒的な使用率を誇るプログラミング言語です。PHPを使う人が多いということは、その分Web上の情報を多くなります。情報交換も活発に行われていたり、ソースコードのサンプルや解説なども充実しており、必要な情報を簡単に見つけることができます。プログラミング初心者にとって、必要な情報がすぐに見つかるというのは非常に重要です。またPHPの書籍も多数出版されているので、学習しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

Webサービスをスピーディに作ることができる

PHPはWebサービス・アプリケーションの開発に用いられる言語です。特にフレームワークを活用することで、安全で多機能なWebサービスを作ることができます。PHPはWeb開発に用いられる言語の中でも、特にシェアが大きく、多数のフレームワークが存在します。

環境構築のハードルが低い

プログラミングを学ぶ上で、開発環境の構築は非常に挫折しやすいポイントです。ここで難しく感じてしまい、プログラムを書くまえに諦めてしまう人も少なくありません。PHPには、プログラムを動かすためのハードルが低いという特徴があります。PHPに対応したサーバーにファイルをアップするだけでプログラムが動作します。ただし、データベースと連携したWebアプリケーションを構築する際には、別途作業が必要となります。

PHPのWebアプリケーションフレームワーク

CakePHP

「CakePHP」は2005年に誕生したWebフレームワークです。「ケーキを焼く様に簡単にPHPで開発ができる」というコンセプトが名前の由来となっています。CakePHPは非常にハイペースでバージョンアップを重ねているフレームワークで、コミュニティも活発。情報もたくさんあり、国内外で「PHPのフレームワークと言えばCakePHP」という位置付けとして存在しています。PHPの開発経験が浅い人でも、ストレスフリーで使うことができ、効率よくスピーディに開発できる仕様となっています。

Laravel

2011年に誕生した新しいフレームワーク「Laravel」。

自由に美しいコードが書けるよう設計されているフレームワークです。Githubでの評価も非常に高く、CakePHPのシェアを奪う存在になるのではないかと注目を集めています。動作の遅さなどのデメリットもありながら、徐々にシェアを拡大しています。

Symfony

「Symfony」は、CakePHPと同時期に誕生したフレームワークです。フランスのIT企業が中心となり開発されています。Symfonyの特徴的な部分は、企業のシステム開発を担うことを想定した堅牢な設計です。CakePHPは誰でも簡単にWebサイトを開発できることを目標にしたフレームワークでしたが、Symfonyは機能テストやデバックの為のツール群が標準装備されているので、安全かつ大規模な開発でも対応できます。

CodeIgniter

「CodeIgniter」は、2006年に誕生したフレームワークです。CakePHPやSymfonyは誰でも高い品質のコードを記述するために、様々な規約が存在していました。ですがCodeIgniterは規約が厳しくなく、かなり自由な記述が可能です。非常に高速の動作を実現でき、多くの技術者からの支持を受けています。

PHPは世界中で使われるWeb開発の言語

この記事では、PHPの基本やできること、PHPのフレームワークについて解説しました。

 

PHPが初心者にあった言語であることが理解いただけたのではないでしょうか。世界中で使われている言語なので、エラーに関する情報なども非常に見つけやすいです。もし「プログラミングを始めたい」「できるだけハードルが低い言語を学びたい」という方であれば、PHPを学ぶのは非常におすすめです。

また、
理系エイゴでは、エンジニア人材のグローバル化を目指し、日々情報発信を行っています。

エンジニア人材のグローバル化というビジョンを実現すべく、キャリア相談の受付を開始いたしました。

詳しくは下記をご参照くださいませ!