理系人材のグローバル化を応援するメディア

Powered by Souspeak

エンジニアx英語の希少な人材になるために。TOEIC825点メーカーエンジニアの私が実践した「忙しい毎日で勉強時間を最大化する方法」

英語を勉強したいのに時間がない、というのは良くある悩みなのではないでしょうか?

わたしはメーカーエンジニアとして働いていたので、とても忙しい日々を過ごしていました。

毎日、残業続きで夜22時まで仕事、帰宅後はほぼ寝るだけという生活。朝、家を出る時は娘は寝ていて、帰ってもやはり寝ている、そんな、悲しい生活を送っていたのです。

週末は家族と目一杯遊びたいので家族優先、なので勉強する時間なんてありません。

そんな中、スキマ時間だけを活用しながら英語のスキルを独学で磨き続け、TOEICで825点を取るに至りました。

わたしは、机に向かって英語の勉強をするというのが嫌いでした。そもそも多忙なエンジニアにとって、そんなまとまった時間はなかなか存在しません。

では、どうやって英語のスキルを身に着けたのか?

今回は、現状の生活を変えないまま、楽しく英語を習得するというモットーのもと、わたしが実践した勉強法を紹介させていただきたいと思います。

将来のビジョンを描く(大きな目標設定)

最初にやるべきことは、自分が将来どうなりたいかを描くことです。

わたしは何が何でも英語を習得し、将来海外で働きたいと考えていました。結果、英語学習を継続することができました。

おかげでTOEIC825点を達成し、現在アメリカで仕事をしています。自分の仕事の能力を日本国内国外問わず発揮できるというのは本当に嬉しいものです。

わたしは、アメリカに駐在するサラリーマンですが、2年前には夢にも思っていませんでした。英語というスキルがあったおかけで、自分が活躍出来るフィールドが、日本から世界に変わり、とても充実した気分です。

エンジニアとして業務を遂行できる人材は、掃いて捨てるほどいます。しかし、「エンジニア ✕ 英語」人材となると一気にその数は減り、希少な人材になることが出来るのです。

自分が英語を習得して実現したい像がわかったら、紙に書き出して壁に貼っておくのもおススメです。そうすることで自分に対するモチベーションを継続することができます。

わたしは、将来海外で英語を生かした仕事をしたい、という気持ちを紙に書いて貼っていました。今は、その夢がかなって今は最高に幸せな気分です。

現状把握~タスクのアサイン

英語学習は、「質 x 量 = 英語力」というシンプルな原則があります。英語学習の質についてはコントロールしにくいため、学習量をコントロールすることを先に考えましょう。しかし、多忙なメーカーエンジニアの私たちは、これ以上生活を変えることは難しいです。

今の生活を変えないまま独学で英語力を向上させる方法は、スキマ時間を活用するというのが、一番おすすめです。

ポイントは「本気で全てのスキマ時間を英語に当てる」のです。

普段の生活の中で、英語を勉強出来る「スキマ時間」がないか?何かをしながら勉強出来ないか?何かの行動を英語に結び付けれないか?ということを常に考えていました。今の生活スタイルを変えなくても英語力は伸ばせるんです。

スキマ時間の「見える化」

5:30〜7:00 起床直後~出勤まで
6:00頃 トイレタイム
6:30頃 歯磨き
7:00〜7:30 通勤時間
12:00〜12:45 お昼休憩
22:30〜23:00 お風呂タイム
23:00〜23:30 寝る前

 

スキマ時間に取り組めるタスクのアサイン

スキマ時間を可視化できれば、次に取り組むタスクを決めます。

・お気に入りのYoutube動画を見る
・着手中の英語参考書黙読
・シャドーイング
・リスニング学習
・スピーキング

 

毎日続けるコツ

①とにかく低い目標を立てる

英語の勉強を継続するコツは、いかに小さな成功体験を積んでいくか、いかに勉強を生活の一部にするか、に尽きます。

面倒なことには、だれしも腰が上がらないもの。寝る前に5分だけリスニングする、通勤時間に単語を一個だけ覚えるなど、少しでもいいからやってみるのが大切です。まるで生活の一部かのように小さなタスクをこなしましょう。

目標を立てて達成した!という成功体験を繰り返しているとそれをやらないと気持ち悪くなってくるんです。つまり勉強しないと気持ち悪くなるということ。こうなったら、こっちのものです。

②やる気が出ないときは、とりあえずやってみる

でも、どうしてもやる気が出ないことがありますよね。やる気が出ない時にはとりあえずやってみましょう。

一番大変なのは動き出しなのです。 自転車もこぎ始めが一番力が必要なのと同じように、英語の勉強もやり始めが一番力が必要です。一旦始めると、意外と気持ちは乗ってきます。

ハードルを下げて、とにかく着手するのが大事です。

まとめ

・目標設定
・現状把握~スキマ時間に英語学習をアサイン
・小さな成功体験を積み重ね、日々のモチベーション維持

AI、自動化が日々話題に上がる中、将来に対する不安は日々大きくなっていきます。しかし、英語力というスキルがあると、キャリアの選択肢が広がり、人生に思いもよらぬ良いことがあります。

まずは1週間続けることが大切です。1週間続ければ習慣になります。習慣になったら、こっちのもの。効果の目安は3ヶ月。3ヶ月経てば必ず変化を実感出来ます。わたしは、仕事で疲れた日も、奥さんと喧嘩した日も、飲み会のあとも必ずやってました。

リスニングしながら、そのまま寝てしまった…とかでも大丈夫です。実際、『睡眠学習』という言葉も科学的に証明されています。何にしろ続けるのが大事です。

この記事で、紹介した独学で英語を勉強する方法で、一人でも英語を習得して頂いたら、これ以上に嬉しいことはありません。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タピオカ by
アメリカに駐在するメーカーエンジニア。オーストラリアにワーホリに行ったことをきっかけに、英語の魅力に取りつかれる。バックパッカーで世界中を一人で旅をする。机に向かってする勉強を一切せず、TOEICで825点を達成。「英語は耳から始まる」をモットーに楽しみながら英語を習得する方法をブログにて発信中。