就活を控えている大学生の中には、就活を有利に進めるために、海外でインターンを経験したいと考えている人も多いと思います。

そのような大学生が海外インターンをするのなら、英語力を伸ばしながら海外での実務経験が積みやすい、フィリピン・セブ島でのインターンをおすすめします

英語力と社会人としての基礎力があれば、就活の際に周りの大学生と大きな差をつけられて、有利に進められることは間違いないです。

しかし何も考えずにただインターンをするだけでは、大きな成果を得られない可能性が高いです。

そこでこの記事では、フィリピン・セブ島でインターンをするメリットやインターン先の見つけ方を紹介していきます。

当記事を読んで、就活に有利になるためのインターン活用方法についての理解を深めてください。

フィリピン・セブ島でインターンをするメリット

フィリピン・セブ島には数多くの日系企業が進出していて、インターン生を募集しているところが数多くあります。

インターン先としては、非営利団体(NPO)や非政府組織(NGO)、コールセンターなど、多くの選択肢があります。

日本人のスタッフが常駐している企業も多いので、海外に出るのが初めてだという人でも、大きな不安なく挑戦可能です。

まずは、フィリピン・セブ島でインターンをするメリットを紹介していきます。

フィリピン・セブ島でインターンをするメリット

英語力を伸ばせる

フィリピンの公用語はタガログ語と英語です。

学校教育の多くを英語で受けていることから、フィリピン人の多くは英語を流暢に話します。

業務内容にもよりますが、現地の人とコミュニケーションを取る際には英語を話すことになるので、仕事を通して英語力の向上を見込めます。

海外での生活経験を味わえる

インターンをする魅力の一つとして、その現地での生活を満喫できることが挙げられます

海外に憧れがあったり、実際に住んでみたいと思っていたりする人におすすめです。

留学経験がある人でも、インターンをしてみると、それまでと違った発見があるかもしれません。

またフィリピンは、人口が急激に増え続けている国であり、2018年には人口が約180万人増加しました。

このことから、人口が減少している日本とは対極に、国としてとても勢いがあることがわかります。

以下の記事では、フィリピンの人口爆発について詳しく紹介しています。あわせてご覧ください。

関連記事:【人口爆発】フィリピンの人口増加と人口問題について

社会人基礎力が身につく

将来的に、海外や日本の外資系企業で働くことを視野に入れている学生にとって、仕事上のコミュニケーションを通じて、外国人と働く経験を積めるのは大きなメリットです。

それと同時に英語力も向上すれば、就活において有利になるのは間違いないでしょう。

フィリピンにある日経企業のような、日本人と外国人が混在している場所で働くことで、より多くの学びがあるはずです。

フィリピン・セブ島の語学学校でインターンをするメリット

フィリピンは英語留学先として強い人気があり、数多くの語学学校があります。

そのなかにはインターンを募集している学校も多いため、選択肢が豊富です。

そこでここからは、フィリピン・セブ島のインターン先のなかでも特に、語学学校でインターンをするメリットについて話していきます。

セブ島の語学学校であるサウスピークでもインターン制度を採用しているため、語学学校で働くメリットを正確にお伝えすることが可能です。

語学学校でインターンをするメリット

英語力がさらに向上する

フィリピンにある企業の中でも、語学学校でインターンをすれば英語力を着実に伸ばしていけます。

なぜなら、語学学校でインターンをする場合、その学校のレッスンを受けられることが大半だからです。

1日のうち数時間を英語学習に割けるため、実務経験を積みながら英語力を向上させられる点が大きな魅力です。

就活前の大学生であれば、TOEICの点数を大きく伸ばすことも可能なので、フィリピンでインターンをするのは効率の良い選択でしょう。

留学に比べて低コスト

フィリピンにある語学学校でインターンをする場合、インターンに参加するためにお金を支払うケースはほとんどありません。

毎日決められた時間その学校で働くことにより、住居や食事、英語レッスンを無償で提供してもらえることが大半です。

留学と違いまとまったお金がなくても挑戦できることからも、フィリピンでのインターンはおすすめです。

フィリピン・セブ島でインターンをするデメリット

フィリピン・セブ島でインターンをする際には、メリットだけではなくデメリットもあるのであわせてご紹介します。

英語力が満足に伸びないこともある

インターンをする目的として、英語力を伸ばすことを主な目的としている人も多いと思いますが、ある程度の基礎が固まっていないと伸び悩む可能性があります。

具体的には、インターン開始前から中学・高校の英語の基礎が身についていて、TOEIC600点は取れる程度の英語力があることが望ましいです。

それだけの英語力がない状態でインターンに参加しても、英語で正確なコミュニケーションを取ることは困難であることに加え、そもそも英語を使う業務を任せてもらえない可能性が高いです。

そうならないためにも、海外インターンに参加する前には、最低限の英語力を身につけておくことをおすすめします。

海外生活に慣れるまで大変

これはインターンに限った話ではないですが、長期間海外に滞在するとなると、その場所での生活に慣れるまでが大変です。

特にフィリピンは東南アジアの国なので、日本での生活に比べたら不便さを感じることも少なくないでしょう。

さらに海外インターンの場合は、半年以上の長期間滞在することが大半なので、下調べや事前準備を入念に行う必要があります。

インターン先を間違えると雑務ばかり

後ほど紹介しますが、インターン中の業務は多岐にわたります。

たとえば語学学校の中には、誰でもできるような簡単な仕事を、低コストで働いてもらえるインターンスタッフに任せているような学校もあります。

そのため実際に働いてみて「思っていたのと違う……」と落胆してしまうケースも珍しくないので、業務内容の確認は怠らないでください。

フィリピン・セブ島のインターンでの仕事内容

次に、フィリピン・セブ島のインターンのなかでも、インターン先として人気のある語学学校での主な仕事内容を紹介していきます。

  • 事務作業
  • 生徒対応
  • 生徒の送迎
  • Webマーケティング
  • プログラミング

事務作業

多くのインターン先では、パソコンを使った資料作成やデータ処理などの事務作業を行うことになります。

インターン終了後にも役立つスキルなので、ぜひ積極的に学んでください。

生徒対応

その学校に留学している生徒からの質問に答えたり、学習の進捗管理をしたりする業務もあります。

対人コミュニケーション能力を伸ばすのにはうってつけなので、就職前の大学生には特におすすめします。

生徒の送迎

その学校に留学に来た生徒を、空港まで迎えに行ったり送り出したりする業務もあります。

しかし、この業務を毎週のように行わなければならない学校へのインターンはおすすめしません

まず自身のスキルアップに繋がりませんし、学校と空港の距離によっては、かなりの時間を割くことになります。

例えば、フィリピンの留学先として比較的知名度が高いバギオにある語学学校は、空港からバスで片道5時間以上かかる場所にあります。

このような場所から、生徒の送迎を行うのは大変ですよね?

貴重な時間を無駄にしないためにも、生徒の送迎業務に割く時間が多い学校でインターンをすることは極力避けてください。

Webマーケティング

インターン先の学校によっては、このような専門的な業務がメインになっていることもあります。

Webマーケティングというと少し難しく聞こえるかもしれませんが、集客のためにWeb記事を書いたり、広告やSNSを運用したりする業務のことを指します。

英語に加えて専門的なスキルを身につけた人は、このような業務をインターン生に任せている学校を選びましょう。

プログラミング

フィリピン・セブ島には、英語とプログラミングスキルを同時に教えている語学学校もあります。

そのような学校でインターンをする場合には、実際の業務を通して、基礎的なプログラミング言語を学んでいけるでしょう。

最近では、プログラマーとしてレベルアップするには英語が必須だといわれているので、英語とプログラミングスキルの両方を同時に身につけたい人におすすめです。

フィリピン・セブ島でのインターンの見つけ方

フィリピン・セブ島でインターンをするメリット・デメリットや、業務内容についてお伝えしたところで、ここからはフィリピンでインターン先を見つけるための手順を説明していきます。

具体的なステップは以下の通りです。

  1. インターンを通して身につけたいことを明確にする
  2. インターネットで検索する
  3. 気になったインターン先に問い合わせる

1.インターンを通して身につけたいことを明確にする

まずは自分は、フィリピンでのインターンを通してどのようなことを身につけたいのかを明確にしましょう。

目標が定まっていない状態で学校選びをした場合、実際の希望と異なる場所を選んでしまう可能性があります。

この点をはっきりとさせておくだけで、インターン先をかなり絞れるはずです。

2.インターネットで検索する

インターンを通して身につけたいことが定まったら、次はインターネットで検索しましょう。

例えば「フィリピン マーケティング インターン」や「フィリピン プログラミング インターン」と検索するだけで、多くのインターン先が見つかります。

検索結果に出てきたインターン先を入念に比較検討して、自分の希望に沿っていそうな場所を見つけてください。

3.気になったインターン先に問い合わせる

行きたいインターン先が決まったら、直接問い合わせてみましょう。

その際には、質問事項などをあらかじめまとめておくと、スムーズに話が進みます。

また企業の中には、インターンを募集していることをホームページ内で公表しているところもあるので、そのような場所でインターンをしたい場合には、直接申し込んでみてもいいかもしれません。

事前の面談があるはずなので、その際に気になった点を質問すればいいでしょう。

フィリピンでインターンをする際のおすすめな地域

インターンをする際に、特におすすめな地域はフィリピンのセブ島です。

なぜならセブ島は、フィリピンの中でも日本人に人気のある場所で、ほかの地域と比べて多くの日系企業があるからです。

その分、自身に合ったインターン先を見つけやすいので、まずはセブ島でのインターンを検討してみてください。

セブ島で希望のインターン先が見つからなかった場合には、マニラやバギオといった、比較的人気の高い地域で探してみることをおすすめします。

フィリピン・セブ島でインターンをする際の費用

インターン先の候補が絞れたら、滞在中の費用についても気になるところだと思います。

以下で、フィリピンで半年間インターンをする際にかかる費用の一例を紹介します。

項目費用
海外保険8万円
航空券7万円
生活費10万円
ビザ3万円
合計28万円

上記の通り、半年のインターンで約30万円の費用がかかります。

また、長期インターンの場合は、住居を会社が負担してくれるケースが大半なので、その分の費用は抜いています。

同じ期間フィリピンに留学するとしたら、この3倍から4倍程度の費用がかかるので、比較的低費用で済むのも魅力的です。

さらにインターン先によっては、1万〜3万ペソ(約2万〜6万円)の給与が出る場合があるため、そのような場所を選べば金銭的負担がより軽減されます。

フィリピン・セブ島でのインターンが向いている人

これまでの内容で、フィリピン・セブ島でインターンをする魅力が伝わったのではないでしょうか?

ここからは、どのような人にインターンをおすすめできるかという話をしていきます。

フィリピン・セブ島でのインターンが向いている人は、以下に該当する人です。

  • 将来的に外国人と仕事をしたいと思っている人
  • 英語力を向上させながら、社会人経験を積みたい人
  • インターンを通して学ぶ姿勢がある人
  • 就活前にスキルアップしたい人

上記に該当する人は、自分に合ったインターン先で働ければ、半年間から1年間のインターンを通して大きく成長できるはずです。

反対に、フィリピン・セブ島でのインターンが向いていない人も紹介しておきます。

  • 英語を伸ばすことだけが目的な人
  • 主体的に行動できない人
  • インターンを通して達成したい目標がない人

フィリピン・セブ島でインターンをすれば、英語を使う機会は頻繁にあるので、たしかに英語力を伸ばせると思います。

しかしそれだけを目的としてしまうと、インターン先での業務が疎かになってしまう恐れもあります。

そのため企業からしたら、最初から英語学習だけを目的としている人を採用したくないのです。

海外でインターンをする際には、自分の成長だけではなく、企業にとっても価値を提供する必要があるということを忘れないようにしましょう。

フィリピン・セブ島でインターンをすればリゾートも満喫できます

現地での仕事の話が多くなってしまいましたが、フィリピン・セブ島は世界有数のリゾート地なので、休日にはビーチリゾートやダイビングなどのウォーターアクティビティも満喫できます。

またインターン先によっては、取材記事を書くために実際にダイビングを体験できたり、リゾートホテルの施設を利用できたりと、働きながら南国の良さを味わうこともできるのです。

実際サウスピークのインターン生は、以下のような取材記事を書くために、業務の一環としてリゾート地に行ったり、セブ市内にあるレストラン・カフェを巡ったりすることもあります。

仕事と遊びを両立できるのも、観光地でありセブ島でインターンをする大きな魅力だといえますね。

関連記事:

・セブ島はダイビングスポットの宝庫! セブ留学の息抜きに満喫できるダイビングツアーを紹介

・【セブ島 アイランドホッピング】英語が話せなくても簡単に行ける、天国に1番近い島!

・【まとめ】セブ島・おすすめの人気レストラン最新2019年版。語学学校が厳選したレストラン40個紹介します!

海外インターンをするなら、事前に英語力を向上させておくべき

ここまで読んでいただいた方には、フィリピンでインターンをする魅力が伝わったと思います。

しかし先ほどもお話した通り、英語力が不十分な状態でインターンに参加しても、大きく英語力を伸ばせない可能性が高いです。

この問題を解決するために、事前に語学学校に留学をして、海外でインターンをするための最低限の英語力(TOEIC600点以上)を習得しておくことをおすすめします。

また、大学生のTOEIC平均スコアが500点半ばなので、就活時に周りと大きく差をつけたい場合には、この機会に800点以上を取得しておけば、インターン後の就活が楽になるでしょう。

TOEIC800点を取得するメリットや具体的な学習方法については、以下の記事で詳しくまとめています。

参考記事:TOEIC800点のメリット、英語力のレベル、勉強方法、必要時間について

基礎的な英語力を習得するためにはフィリピン留学がおすすめ

インターン先としても魅力的なフィリピンですが、留学先としても最適な環境が整っています。

フィリピン留学がおすすめな理由は、以下の3点です。

  • 英語力の向上
  • 優秀な人との出会い
  • 人生の視野が広がる

それぞれ見ていきましょう。

英語力の向上

フィリピン留学はマンツーマンレッスンが主体なので、比較的短期間で英語力を伸ばせます

レッスンや自習の時間を含めて、1日に10時間以上勉強できることも珍しくないので、1ヶ月程度の留学であっても大きな成果を実感できることが多いです。

短期間で英語の基礎を身につけ、できるだけ早くインターンに挑戦したい人には効率の良い選択でしょう。

優秀な人との出会い

フィリピン留学に来る人の中でも、特にゴールデンウィークやお盆休みの期間に短期留学をするような社会人の方は、企業の海外部門にいたり、海外転職を目指していたりする優秀な人がほとんどです。

短期休みの間に留学に来るような人たちは、貴重な休みの時間を割いてまで英語力を向上させるために投資している方々なので、英語学習に対する意欲が抜群に高く、英語力を大きく伸ばすケースが多いです。

大学生の場合、多くの社会人と触れ合えること自体に価値があり、刺激を受けられることは間違いないでしょう。

人生の視野が広がる

フィリピンは発展途上の国であり、先進国の日本と比べて多くの違いがあります。

水道水が飲めなかったり、トイレットペーパーを流せなかったり、ストレートチルドレンがいたり。

日本で生活しているときに比べて、不自由さを感じることも多いでしょう。

しかしそんな環境で生活することにより、日本にいるだけでは気づけないような発見があるはずです。

フィリピン留学であれば、日本では得られないような経験を通し、人生の視野を広げられる可能性も期待できます。

フィリピン・セブ島留学で英語力を上げてからインターンをするなら「ノースキル文系プラン」がおすすめ

フィリピン留学の中でも特に、サウスピークに留学すれば、英語力を向上させた後にインターンをするまでの流れをスムーズに行えます。

なぜならサウスピークでは「ノースキル文系プラン」という、大学生を対象に留学とインターンをセットにしたコースを提供しているからです。

このコースでは、まずは当校への留学を通してTOEIC800点を取得した後に、海外インターンをするまでのサポートをいたします。

詳しくは以下の記事で説明していますので、あわせてご覧ください。

参考記事:【休学+留学+海外インターン】ノースキル文系プラン募集開始!TOEIC800点+インターン経験で就職活動を成功させるためのフィリピン留学(2019/2020年前期・後期)

フィリピン・セブ島留学でサウスピークがおすすめな理由

サウスピークはこれまでに、2,000人以上の卒業生を輩出していることに加え、生徒のTOEICの点数を平均226点向上させた実績のある語学学校です。

当校での留学を通して、TOEICやTOEFLの点数を飛躍的に向上させ、海外就職や海外留学の切符を手にした人も多くいます。

そのような輝かしい実績があるサウスピークが、フィリピン留学の中でも特におすすめな語学学校である理由を、より詳しく紹介していきます。

TOEICの点数が上がる

上述の通り、サウスピークは3ヶ月で生徒のTOEICスコアを平均226点向上させた実績のある語学学校です。

そのため就活を控えている大学生にとって、短期間でTOEICの点数を向上させるための選択肢としておすすめできます。

留学開始時にTOEICの点数が300点台で英語がまったくできない人はもちろん、既に600点に到達しているような中級者でも飛躍的に英語力を伸ばせます。

以下の記事は「8週間でTOEIC330点から625点まで伸ばした生徒」と「13週間でTOEIC640点から910点まで伸ばした生徒」の体験談記事です。

どちらの記事も、すべての英語学習者にとって参考になると思います。ぜひご一読ください。

>>【TOEIC330→625点】外国語学部で英語力を伸ばせず交換留学の選考漏れ。環境を変え、大学の夏休みに英語力を一気に高めたReiさん。

>>3ヶ月でTOEIC640点から910点。就活の足切りも怖くない! 横浜国立大学4年生を休学中、セブ島留学勝ち組のNaokiさん

本気で英語を学んでいる人と出会える

サウスピークは『本気留学』を提唱している語学学校であり、生徒の平均学習時間は10時間以上にも及びます。

本気で英語を学びたい人が集まっている環境であるからこそ、有意義な出会いもあるのです。

特に大学生にとっては、人生経験豊富な社会人からいろいろな話を聞けるのは大きなメリットでしょう。

レベルの高い講師が揃っている

サウスピークでは、講師の採用条件が非常に厳しいです。

すべての講師は、TOEIC900点以上の取得が義務付けられていることに加えて、実際に英語教育を経験している必要があります。

セブ島にあるほかの語学学校では、TOEIC700点以上を採用基準としている学校もあるので、サウスピークの講師のレベルはとても高いといえます。

また、生徒に対する教え方が徹底的にマニュアル化されているため、講師によって当たり外れもありません

どの講師のレッスンを受けても、効率良く英語力を伸ばしていけるのが当校の大きな魅力のひとつです。

サウスピークの講師のレベルが高い理由については、以下の記事でより詳しく紹介しています。

>>サウスピークの特徴3 フィリピン人英語講師で上位10%の学力を持つ講師達

生徒に合わせた学習カリキュラムを提供している

サウスピークでは留学前に生徒と面談をして、各々に合わせた学習カリキュラムを作成しています。

この学習カリキュラムがあることにより、英語初学者でも「学習方法がわからない……」と悩む時間をなくすことができ、英語学習のみに集中できるようになるのです。

カリキュラムがない状態で闇雲に学んでも、なかなか英語力は向上しません。

英語教育のプロが提供するカリキュラムに沿って効率良く勉強できる点も、サウスピークの大きな魅力です。

すべての家事をスタッフが行ってくれる

サウスピークでは料理や洗濯、掃除をすべてフィリピン人スタッフが行います。

食事に関しては毎日3食提供されるので、外食をする必要もありません。

家事を代行してもらえることにより、生徒のみなさんは英語学習だけに集中できるので、毎日長時間机に向かうことができます。

サウスピークで長時間英語を学べるほかの理由について、以下の記事でまとめています。

関連記事:

サウスピークの特徴4 平均10時間の学習時間、徹底的に英語学習が出来る環境

週末にはリゾート地で息抜きもできる

フィリピン・セブ島はリゾート地であり、週末には綺麗なビーチやウォーターアクティビティを満喫できます。

日本の半分以下の費用で楽しめることがほとんどなので、お財布にも安心です。

留学中に訪れてほしい、おすすめの観光地については以下の記事でまとめています。合わせてご一読ください。

関連記事:【フィリピン・セブ島留学】4週間以下の短期留学生向け、おすすめレストラン&観光地5選

おわりに:フィリピン・セブ島留学ならサウスピークに留学しましょう!

今回は海外インターンのメリットやフィリピン留学の魅力についてお話しました。

フィリピン留学であれば費用もやすく、日本人にとって英語を学びやすい環境が整っています。

その中でも特にサウスピークへの留学であれば、短期間の留学で飛躍的に英語力の向上を目指せる上に、その後のインターン参加まで円滑に進めることができます。

以下の記事では、フィリピン留学がおすすめな理由やサウスピークの魅力をさらに詳しく紹介しているので、留学を検討中の方はあわせてご覧ください。

>>英語留学でフィリピン留学がおすすめなワケ。主要な留学先10か国と徹底比較!

>>語学学校サウスピークの魅力


サウスピークへの無料お見積もり

サウスピークへの留学をお考えの方は、ぜひサウスピークの無料見積もりページよりお申し込みください。

通常2営業日以内にご返信いたします。

また以下の記事では、フィリピン留学のメリットや失敗パターンについて詳しく紹介しています。

せっかく留学するからには、有意義なものにしたいですよね?

フィリピン留学を成功させて圧倒的に英語力を伸ばしたい方は、ぜひ一度ご覧ください。

フィリピン・セブ島留学のメリット・失敗パターン・成功法【体験談あり】(2019年5月更新) 今回は、TOEIC700点レベルの英語力についてお話します。 TOEICは、…続きを読む

サウスピーク無料留学説明会について

サウスピークは東京新宿のオフィスにて、毎週「無料留学説明会」を行っています。

また名古屋・大阪・京都でも月に1回、出張説明会を行っています。

「説明会で話す内容・開催日・場所」については、無料説明会のページをご覧ください。