セブ島でのアクティビティ

ここでは、サウスピークに留学した生徒が体験できる代表的なアクティビティを紹介いたします。

1 ジンベイザメツアー
2 ボラカイビーチ
3 セブ島スタディツアー、NPOボランティアプログラム

1 ジンベイザメツアー

セブ市から南に3時間程度車で行った場所にあるオスロブという小さな街には、毎日数匹〜10匹以上のジンベイザメが訪れます。ジンベイザメは非常に浅瀬で泳いでいる為、ジンベイザメを間近にシュノーケリングをしたり、ダイビングをすることができます。

また、ジンベイザメが定住しているため、よほど天候が悪いなどの理由がない限り、ほとんど100%の確率でジンベイザメを観察できます。しかも通常、複数匹を同時に見ることが出来ます。自然のジンベイザメをこれほど近くで体験できることは世界的に見てもセブ島以外ではほとんどありません。勉強の息抜きや、留学後の自分のご褒美に一度訪問してみてはいかがでしょうか?

サウスピークでは、講師と一緒にジンベイザメを見に行くツアーを定期的に開催しております。バンを貸切で実施するため、車内では講師と英会話をしながら過ごすことができます。休日に息抜きをしながら、かつ英会話が学べる環境を提供致します。

2 ボラカイビーチ

ボラカイにはセブ島から、飛行機で1時間程度で行けます。ボラカイはアメリカの旅行雑誌にも世界最高の島と評価されたこともある美しい島です。約4Kmの長い砂浜が広がっており、各国から良好者が訪れます。長期留学の方は、週末やサバティカル制度を利用して訪れてみてはいかがでしょうか。

3 セブ島スタディツアー、NPOボランティアプログラム

セブ島で音楽教育を伝える活動をしているセブンスピリットという日本のNPO法人があります。そのセブンスピリットが提供しているセブ島の貧困の実態学び、貧困層の子供達への音楽教育を体験できるツアーに毎週日曜日に参加することが出来ます。

セブ島の貧困層の実態を学ぶ為の見学では、各週ごとに下記のような様々な場所に訪れるプログラムが組まれております。南国リゾートセブ島というだけでなく、多角的な観点からセブを知りたい方は是非参加していただきたいプログラムです。

*日本人のスタッフが日本に一時帰国している場合、開催されない可能性がございます。セブンスピリットのウェブサイトで最新の日程をご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る