シルバーウィーク 1週間からのフィリピン留学

 

Yusuke写真はサウスピークに2週間の短期留学をされたYusukeさん

 

会社を辞めずに留学出来る、最短1週間からのフィリピン・セブ島への語学留学

フィリピンはその近さから留学開始日から最短で1週間で留学可能です。また、1週間からの短期留学も可能です。そのため今年のシルバーウィークを利用して1?2週間の短期留学をされる生徒様からの申し込みもすでに複数名受け付けております。

この記事では1?3週間の短期フィリピン留学の事例を紹介しています。

最初に短期の語学留学を行うことで得られる3つの利点を紹介致します。

 

短期の語学留学を行うことで得られる3つの利点
理由(1)勉強熱心で優秀な人達に会える

理由(2)英語学習のやる気を飛躍的に高められる

理由(3)英語学習の方法を学べる

理由(4)フィリピン留学でしか出来ない発音矯正レッスンを受講できる。

 

短期留学をお勧めする理由(1)勉強熱心で優秀な人達に会える

フィリピン留学では特にゴールデンウィーク、夏休みのお盆、シルバーウィークの期間に短期的に集中してフィリピン留学をされる生徒の方々が多いです。この休暇期間中に「会社を辞めずに、そしてまた数少ない長期休暇を使って、語学留学をする」のはとても変わった方々です。

長期休暇中に休まずにあえて語学留学をする。しかも未だあまり知られていないフィリピン留学をする人。この選択をする人たちはとても面白い人達が多いです。「1週間の休暇を使ってセブ島で英語学んでくる」というのは現時点では相当トガッた人たちがする選択です。

またこの選択をあえてする人達は、これまでのサウスピーク卒業生から分かった傾向として英語がそれなりに出来る人達や英語を業務で使用している人達が多いです。そしてまた、1週間の休暇で英語力をさらに高めようとする向学心のある人達です。

ゴールデンウィーク、夏休みのお盆、シルバーウィークの期間にはこのような面白い人達に出会える機会がセブ島に有ります。また、この勉強熱心な人達と接することで英語学習に対するモチベーションが上がります。

 

短期留学をお勧めする理由(2)英語学習のやる気を飛躍的に高められる

フィリピンは日本から最も近い英語を公用語としている国です。そしてたとえ短期間であれ、英語を使って暮らしている人たちが暮らす国を訪れることは、間違いなくあなたの中の英語学習に意欲・熱意を高めます。百聞は一見にしか ず、というのはまさに本当のことでインターネットで外国の情報を見ているのと、実際に現地を訪れて得られる情報量は、文字通り、桁違いに違います。

格安オンライン英会話を使うことによって、外国人と話すことは簡単に出来るよ うになりました。でも、オンライン英会話と現地で話すのでは情報力が全く違います。繰り返しますが、桁違いに違います。

フィリピンであれば、従来の北米留学とくらべて近くて安いので、思い立ったらすぐに行ってしまいましょう。北米留学であれば3?6ヶ月前からの準備を勧め られます。でも、フィリピンの場合は近くて安いので、留学予定日まで1ヶ月を切ってからの留学申し込みもかなり多いです。

英語学習を行なっている人は出来るだけ早い時期に外国に行った方が良いです。フィリピン・セブ島であれば、片道2.5万円?6万円以内で簡単に行けます。

 

短期留学をお勧めする理由(3)英語学習の方法を学べる

サウスピークに来れば、自分の英語学習においてやるべきことが分かります。

 

英語学習においてやるべき学習法
英文音読&英作文クラス(Reading&Writing)

 

日本にいて試験のために英語を学習しているだけでは、試験で良い点数が取れるようになるだけです。実際に英語は使えるようにはなりません。それはどのように学習をすれば英語が話せるようになるのかが分からない、英語が書けるようになるのが分からない、つまり具体的に出来るようになる自分を想像出来ないからです。

一方、上記で紹介した英文音読&英作文クラス(Reading&Writing)の学習法、英語で読む・聞く・書く・話すための能力を総合的に高める上記学習法も実際に一度体験してしまえば、具体的に何をやるべきかが分かります。そして、試験勉強をしながらも『アウトプットを前提としたインプット学習』が出来るようになります。

特に日本の英語参考書を教材として採用しているサウスピークの場合、留学前・留学中・留学後の全ての場面において、同じ参考書を使って学習をすることが出来ます。

これはサウスピークからの提案になりますが、会社を辞めることが出来ない方の場合には次の留学方法をお勧めします。

 

サウスピークが提案する会社を辞めることが出来ない日本人のための新しい留学形式
手順1. 英語学習の方法を学ぶ1回目の短期留学
手順2. 日本国内でアウトプットを前提としたインプット学習(自習)を行う (3?6ヶ月)
手順3. 仕上げとなる2度目の短期留学

 

上記で提案した学習法を実践出来れば長期留学に匹敵する学習が出来ます。

理想的には3?6ヶ月の留学で一気に英語力を高めてしまう方が効率が良いですし、また確実に英語力が上がります。しかしながら、長期休暇をなかなか取れない日本の 社会人にとってこの選択はできないため、このページで紹介している「1回目の短期留学を行う。その後に日本国内でのアウトプットを前提としたインプット学 習を行う。そして仕上げの2回目の短期留学を行う」という語学留学が今後の日本において一般的な留学形式になると予想しています。

近くて安いフィリピン留学が日本でも一般的になってきています。このフィリピン留学を活かして、多くの日本人が今よりずっと英語力を高められますようになればと思います。

そして短期留学を行うことで、「今後の英語学習を行うための強い動機」「確実に英語力が高まる英語学習法」のそれぞれを身につけて帰国していただければと思います。

 

短期留学をお勧めする理由(4)フィリピン留学でしか出来ない発音矯正レッスンを受講できる。

サウスピークに短期留学をされた生徒の方々にとって最も評判の良いレッスンは下記に紹介する発音矯正レッスンです。

 

 

短期留学をされた方々の体験談を参考にしていただきたいですが、この発音矯正レッスンを一度受けると「これまで英語の発音をいかに間違って学習していた」のかが分かります。

例えば There are~ という見慣れた表現を正確に発音できる日本人は数少ないです。THとRの音を正しく発音できる日本人はほとんどいません。ゼアラアと読んでも全く通じません。

(少し専門的なのでここは飛ばしても良いです)There areをアルファベットで表示すると、 Their-rar となります。日本語のゼアラアと全く違います。Thで舌を歯の間から出し、続けて r の音に繋げるために舌を45度上にカールさせ、そしての a の音で口を大きく開け、そして最後の r の音に繋げます。

There are~ くらいのごく簡単な表現の発音を正確に出来るようになれないのが日本の英語教育の現状です。この状態で新しい英単語を覚えていっても誤った音で単語を覚えるだけです。その誤った音では暗記の後に行う英会話で非常に苦労します。

この苦労をしないで済むためのレッスンが、サウスピークの発音矯正レッスンになります。文章で説明をしても発音矯正レッスンの良さは伝わらないのが残念です。良さは下記の体験談を読むことで間接的に感じていただければと思います。

 

サウスピーク 短期留学体験談

サウスピークに1?3週間の短期留学をされた方々で主な体験談を下記に紹介します。短期留学を考えている方は参考にして下さい。

 

上原知之さん 忙しい仕事の合間に一週間のフィリピン留学を行う?フィリピン留学の最大の成果は正しい発音が出来るようになったことです?

Yumikoさん 1週間の短期留学で密度の濃い学習を行う

坂本功治さん GW休暇にあえて2週間の短期留学

オンライン英会話を2年間受講した後にフィリピンへ1週間の短期留学をしたKazu.Tさん

Aki.Oさん 外資系コンサルティング会社の勤務の合間に1週間のフィリピン留学

Taroさん 経営コンサルティング会社へ転職する前に3週間のフィリピン留学を行う。

この記事を書いた人 @HAL_J

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」