「国際交流」に逃げる英語が出来ない人達

昼食時にはフィリピン人講師と英会話
写真はサウスピークの昼食時の光景。食事をしながらフィリピン人講師と英会話の練習を行います。

「英語力向上」か「国際交流」か

あなたの語学留学の目的は「英語力向上」か「国際交流」のどちらでしょうか。そしてまた、英語がほとんど出来ないにも関わらずに、積極的に「国際交流」をしたいという人は多いです。

最初にはっきりというと、フィリピン留学において英語が出来ない日本人が現地人や留学している韓国人と交流をしようとしても問題に巻き込まれるだけです。そのため私は基本的に問題が発生しても自分で対処できるくらいの英語力があるくらいになるまでは交流することをお勧めしていません。

お互いの共通語である「英語」が出来ないで有意義な交流が出来るとは全く思えません。食べ歩き・スポーツ・ダンス・音楽などの「言語を伴わない交流」で「国際交流」は出来るかもしれませんが、それは語学留学に来ている学生があえてするべき交流でもないでしょう。

例えばですが、「韓国の大学受験・大学教育」「韓国人の就職活動」「韓国における軍役の位置づけ」「韓国人の労働観」について韓国人から英語で説明された際にあなたは英語でどのような返答が出来ますか。英語が出来ない人の場合には、「へー、そうなんだ」という以上の返答は出来ません。そのため会話は盛り上げることなくあっという間に立ち消えになってしまいます。また、英語が本当に出来ない人の場合だと、そもそも相手の話している内容を理解出来ないかもしれません。

英語が出来ない日本人、韓国人、台湾人が交流して意義のある交流をしているという話を私は一度も聞いたことがありません。具体的な交流の例としてセブ島でよく見かける光景をここで紹介します。英語が出来ない日本人と韓国人が一緒に出かけて、最初は英語で頑張って交流をしようとします。でも英語では満足に意思疎通が出来ないため、途中から日本語と韓国語を話し出します。そして出かけた人達は最終的には国籍毎に分かれて会話をする、そんななんとも言えない光景を私は何度もセブ島で目撃しました。

最初から「遊び目的」の人は除きますが、英語が出来ない人が語学留学という機会に「国際交流」をしたいと言っても、それはやるべき勉強から逃げるための口実にしか思えません。「国際交流」という綺麗な言葉に逃げるのはもう止めにしましょう。

「国際交流」は英語力を伸ばせない時に言い訳として使われる言葉

フィリピン留学業界関係者の間で共有されている「暗黙の常識」には、「フィリピン留学(語学留学)で英語力を伸ばせるのは全体のわずか2割未満の留学生だけ」というものが有ります。実は語学留学は失敗する人の方が圧倒的に多いのです。

考えてみれば当たり前で、真面目に勉強する語学学校が2割くらいしかないのだから、成功するのは2割未満というのは納得の数字です。
真面目に勉強する語学留学は少数しかない。

そして英語力を伸ばすことが出来ない語学学校にとってとても便利な言葉が「国際交流」です。「国際交流」という「魔法の言葉」を使えば、英語力を伸ばせなかったという不都合な真実を覆い隠せます。だからこそ、「国際交流」という言葉は教育に不熱心な語学学校で非常に重宝されています。そして、「英語はあまり出来るようにならなかったけれど、フィリピン人(韓国人)の友達が出来た!」というように考え、英語力を伸ばせなかった現実から目を逸らす留学生は非常に多いです。

逆説的ですが、日本人のみ・韓国人のみに絞って英語教育に特化している語学学校の方が、多国籍の生徒が多く在籍する語学学校よりも、英語力は伸ばせます。これがフィリピン留学の現実です。これは単一国籍でも英語力を伸ばせるから、あえて学習の効率を落とす多国籍運営をする必要が無いためです。

「国際交流」や「異文化体験」は語学学校経営者にとってとても便利な魔法の言葉

語学留学には「語学力向上」だけでなく、「国際交流」や「異文化体験」という側面が有ります。そして「国際交流」や「異文化体験」はフィリピンに行きさえすれば自動的に体験できることです。「語学力向上」は地道な努力が必要ですが、「国際交流」や「異文化体験」は地道な努力がなくてもすぐに体験出来ます。

そして語学学校にとっては「国際交流」や「異文化体験」は非常に便利な言葉です。なぜなら「語学力向上」に失敗した生徒でも、「国際交流」や「異文化体験」が出来たのであれば、自分自信のフィリピン留学にとても満足するからです。要は、「楽しい思い出」や「楽しい出会い」があれば、語学力を高めることに失敗したフィリピン留学でも、それは素晴らしい体験だった、と生徒自身が勝手に納得してくれるからです。

この事を分かっている語学学校関係者、特に英語力を高めることに注力していない語学学校、もっとはっきり言うと「英語力を高められない語学学校」ほど、「国際交流」や「異文化体験」を前面に打ち出してきます。ある語学学校経営者は「フィリピン人スタッフとの交流時間が増えれば増えるほど、生徒の満足度は増す」と公言しており、実際その語学学校では生徒に勉強してもらうことよりも、生徒がフィリピン人スタッフ達と遊ぶ時間を多く取っています。

英語力を高められない語学学校が、自分達のサービスの満足度を高めるために使う魔法の言葉が「国際交流」や「異文化体験」なのです。「国際交流」や「異文化体験」も語学留学の大事な要素ではあると思いますが、本来の目的である「語学力向上」は忘れないで下さい。また語学学校側の手口もごまかされないために知っておきましょう。

フィリピン留学ではTOEIC(R)試験で800点を目指しましょう。

フィリピン留学を活用すれば「TOEIC®試験で900点以上、かつTOEIC SW試験で360点以上(90%の得点)」という非常に高い水準の英語力を日本にいる時よりもずっと短期間に習得出来ます。

TOEIC®試験で400点の人、600点の人、800点の人、この人達が見えている景色は全く別のものです。英語力を向上させて、出来ればTOEIC®試験800点以上の人達が見ることが出来る美しい景色を一緒に見ましょう。そして、800点以上に到達すれば韓国人学生とも問題なく会話することが出来るようになります。まずは「国際交流」に逃げずに、英語力を向上させて下さい。

(次の記事)フィリピン人の英語力、フィリピン人の英語は訛っているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る