サウスピークは生徒のTOEIC LR試験の点数が、3ヶ月で「平均」226点上がる語学学校です。

しかし、決してサウスピークは「TOEIC LR試験に特化した専門学校」な訳ではありません。

サウスピークの学習カリキュラムに沿って勉強することで、英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)をまんべんなく伸ばすことができます。

その証拠として、生徒の「留学前後が比較できるスピーキング動画」をご紹介します。

サウスピークで、どのように英語を話す力が向上するのかをご覧ください。

<英語力別ビフォーアフター動画>

初級者レベルから留学をスタートさせた生徒
 (TOEIC400点未満)

初中級者レベルから留学をスタートさせた生徒
 (TOEIC400点以上600点未満)

中級者レベルから留学をスタートさせた生徒
 (TOEIC600点以上800点未満)

上級者レベルから留学をスタートさせた生徒
 (TOEIC LR試験800点以上)

初級者レベルから留学をスタートさせた生徒


サウスピークには、半年でTOEIC LR試験300点から600点へアップさせる生徒様や、半年で300点後半から800点まで伸ばす生徒様が多くいらっしゃいます。

TOEIC LR試験の点数を向上させるだけでなく、海外就職や海外インターンシップに挑戦できるほど「スピーキング力」を伸ばした方々をご覧ください。

Natsukiさん

大学生 / 26週間 / TOEIC385点から810点までアップ!

大学を1年間休学して、サウスピークへ留学されたNatsukiさんのスピーキング比較動画です。

留学当初と比べて「語彙の数が増え、発音が向上し、正確な文法で英語を話せる」ようになっています。

「高校英文法」という基礎をしっかりと固めた上で、スピーキング・ライティングレッスン(SWレッスン)を受講したことで、スピーキング力を大幅に伸ばされました。

(参考体験談:大学を休学して半年間のセブ島留学でTOEIC385点から810点まで425点アップ!英語の総合力と共にスピーキング力も大きく向上させたNatsukiさん

Saeruさん

大学生 / 17週間 / TOEIC380点から680点へアップ!

大学4年次を休学して、サウスピークへ留学されたSaeruさんのスピーキング比較動画です。

留学当初と比べて「発音やイントネーションが改善し、以前は話せなかった”自分の夢”について自信を持って話せる」ようになっています。

音読・リスニング学習を通して語彙力を向上させ、積極的にスピーチコンテスト*に参加することで、スピーキング力を大幅に伸ばされました。(*サウスピークで卒業式と一緒に行われている、スピーチのコンテスト)

(参考体験談:「勉強の仕方が分からなかったので、ひたすらカリキュラム通りの勉強をしました」大学生のSaeruさん TOEIC380点から680点まで伸ばし、自信をつけた4ヶ月間

Tomomiさん

社会人(転職活動中)/ 26週間 / TOEIC270点から645点までアップ!

Tomomiさんは4年間勤めた会社を辞め、異業種・海外への転職を実現するために「フィリピン留学での英語力向上」を決意されました。

留学当初と比べて「Rなどの発音が改善し、英語らしいイントネーションを身につけ、自信を持って大衆の前で話せる」ようになっています。

「フィリピン人講師に英語が伝わらなかった」という悔しさをバネに、英語の4技能を向上させる4Sレッスンの予習・復習に力を入れ、スピーチコンテストに参加することで、スピーキング力を大幅に伸ばされました。

(参考体験談:「この子の英語を通訳して」フィリピン人講師を手こずらせるほど英語超初心者だった私が、TOEICスコアを270から645まで上げて海外就職を目指すまで

初中級者レベル(TOEIC400点以上600点未満)から留学をスタートさせた生徒


サウスピークには、半年でTOEIC400点から800点へのばす生徒様や、3ヶ月でTOEIC600点から800点へのばす生徒様がいらっしゃいます。

TOEIC LR試験の点数を向上させるだけでなく、海外インターンシップに参加したり、転職先で英語を使った仕事をしたりできるほど「スピーキング力」を伸ばした方々をご覧ください。

Shinさん

大学生 / 13週間 / TOEIC570点から850点ヘアップ!

Shinさんは「起業」という夢を実現するために「英語力アップ → 海外インターン参加で視野を広げる」というプランを考え、サウスピークへ留学されました。

留学当初と比べて「語彙数が格段に増え、発音も向上し、即興でも自分の意見が正確に伝えられる」ようになっています。

新しく目にした単語を「腕に書く → 実際に使う」ことで語彙力を増やし、スピーチコンテストへ参加することで、格段にスピーキング力を成長させました。

(参考体験談:英語もできないノースキル文系大学生が13週間でTOEIC570→850に!アフリカでのインターンに挑戦する真意とは? Shinさん

Kaoruさん

社会人(転職活動中)/ 13週間 / TOEIC400点から745点までアップ!

システムエンジニアとして「英語力の必要性」に気がつき、転職を機に英語力向上を決意されたKaoruさんのスピーキング比較動画です。

留学当初と比べて「語彙数が格段に増え、発音も向上し、即興でも自分の意見が正確に伝えられる」ようになっています。

サウスピークの「学習カリキュラム」を愚直にこなし、特にスピーキング・ライティングレッスン(SWレッスン)を通して「英語で意見を言うための型」を学び、順序立てて自分の言いたいことを伝える練習をしたことで、大幅にスピーキング力を伸ばされました。

(参考体験談:三十路サラリーマンKaoruさんが3ヶ月でTOEIC400→745!独学で何度も失敗し諦めかけた英語をフィリピン留学で武器にするまで

Shotaさん

大学生(休学中)/ 26週間 / TOEIC405点から915点へアップ!

Shotaさんは「就職活動に向けて、自分の強みとも言えるスキルが欲しい」と考え、サウスピークでの英語力向上を決意されました。

留学当初と比べて「語彙数が格段に増え、発音も向上し、即興でも自分の意見が正確に伝えられる」ようになっています。

Shotaさんは留学当初から1日12時間もの勉強時間を確保し続けてきたと言います。

音読学習を通して「英語を話す時に日本語を経由せずに、英語でアウトプットする思考回路」を手に入れ、スピーキング・ライティングレッスン(SWレッスン)を通して「自分の意見を即座に表現する力」を養ったことで、スピーキング力を大きく向上されました。

(参考体験談:「英会話もTOEICも両立できる!」半年間のセブ留学でTOEIC405点から915点まで伸ばしたShotaさんの体験談

中級者レベル(TOEIC600点以上800点未満)から留学をスタートさせた生徒


サウスピークには、8~13週間でTOEIC LR試験600点から800点まで伸ばす生徒様や、8~13週間で800~900点へのばす生徒様が多くいらっしゃいます。

TOEIC LR試験の点数を向上させるだけでなく、交換留学先でのディスカッションに積極的に参加したり、転職先で英語を使って働いたりすることができるほど「スピーキング力」を伸ばした方々をご覧ください。

Kenzoさん(13週間でTOEIC640点から710点までアップ!)

大学生(就職活動終了)/ 13週間 / TOEIC640点から710点までアップ!

就職活動を終えた大学4年生のKenzoさんは、就職前に海外インターンシップに参加するために、サウスピークでの留学を決意されました。

留学当初と比べて「文章組み立て能力が向上し、Rの発音は改善され、表情豊かに自分の話を観衆に届けられる」ようになっています。

「英語漬けの環境」を求めて日本語禁止校へと転校してからは、特に発音矯正に力を注いだそうです。さらにスピーキングレッスンを通して「会話力」を身につけ、積極的にスピーチコンテストに参加することで、スピーキング力を大きく向上されました。

(参考体験談:13週間のフィリピン留学でスピーキングに目覚めたKenzoさん!英語オンリー+スピーチ+発音矯正で会話力に磨きをかける。

Naokiさん

大学生 / 8週間 / TOEIC665点から795点までアップ!

サウスピークに2回の留学をして、スピーキング力を大幅に伸ばしたNaokiさんの動画です。

留学当初と比べて「語彙数が格段に増え、Vの発音は改善され、ジェスチャーを交えながら堂々とプレゼンをできる」ようになっています。

Naokiさんは2回目の留学であえて「英語漬け」という厳しい環境である日本語禁止校を選びました。英語上級者や学習意欲の生徒と生活を共にしたことで、語彙力も増え、同時に英会話能力も向上したと実感されたそうです。

(参考体験談:日本語禁止校でなぜ日常英会話能力が向上するのか?2つの校舎でサウスピーク留学を経験したNaokiさんが語る

Masakiさん

大学院生(ルーマニアへ交換留学中) / 11週間 / TOEIC785点から935点までアップ!

研究者を目指すMasakiさんは、交換留学先での「うまく英語で意見を伝えられない」「他の学生の言ってることがわからない」という状況を打破するために、サウスピークへの留学を決意されました。

留学当初と比べて「文章組み立て能力が向上し、発音やイントネーションも改善され、即興でも相手の意見を理解した上で自分の意見表明をできる」ようになっています。

4Sレッスンを通して「英作文をする能力」「文章組み立てに必要な語彙力」を鍛え、TOEFL&IELTsクラスを通して「自分の意見を構成して話す練習」を繰り返したことで、スピーキング能力を大きく向上されました。

(参考体験談:海外の大学に留学中のMasakiさん、11週間のセブ留学で「英語で議論する自信」を手に入れる

Norifumiさん

社会人 / 16週間 / TOEIC700点から855点までアップ!

「海外と関わりたい」という思いで転職を決意し、サウスピークへの留学を決めたNorifumiさんのスピーキング比較動画です。

留学当初と比べて「英語らしい発音やイントネーションを身につけ、使う語彙は格段に洗練され、大衆の面前で英語を話す余裕が生まれて」います。

4Sレッスンを通して「英語を英語の語順で理解できる」ようになり、10回のスピーチコンテストを通して「相手に伝えるための発音・イントネーション」を培い、スピーキング力を向上されました。

(参考体験談:【TOEIC700→855】スピーチコンテストを通し、話す力を劇的に向上させたNorifumiさん。

上級者レベル(TOEIC LR試験800点以上)から留学をスタートさせた生徒


サウスピークでは、TOEIC LR試験800点以上の英語力を持つ上級者が「英会話力を向上したい」「発音を矯正したい」といった目的で留学されています。

そんな上級者の方のスピーキング動画をご紹介します。

Shuntaroさん

医大生 / 5週間 / TOEIC910点
医学部医学科4年生のShuntaroさんは、イギリス留学のために「IELTS 7.0の取得」を目指してサウスピークへ留学されました。そんなShuntaroさんの即興スピーチ動画です。(スピーチは1分22秒あたりから始まります。)

留学中、ShuntaroさんはIELTS対策と発音矯正を中心に英語学習をされました。

発音矯正レッスンでは「意識したことのない種類の音」を学び、IELTSレッスンでは「自分の欠点を知り、即座に思いつく英語表現・単語を増やした」ことで、スピーキング力を向上されました。

(関連記事:フィリピン留学・セブ留学でIELTsのスコアは伸ばせるのか?IELTs 7.0の医大生が分析してみた

(おまけ)スピーキング動画を公開しない語学学校にはご注意を!

「スピーキング能力が向上する」という宣伝文句を使いながらも、断固として「生徒が英語を話す動画」を公開しない語学学校は多くあります。

そういった語学学校は、学校や個人の主観で「生徒のスピーキング力が伸びた」と判断している可能性があります。

一方サウスピークは「生徒の留学前後が比較できるスピーキング動画」という客観的な情報を踏まえて、生徒の「語彙、発音、文章組み立て能力」が変化していると判断しています。

サウスピークが胸を張って「生徒のスピーキング力が伸びる」と言えるのには、きちんとした「証拠」があるからです。

「英語を話せるようになりたい!」と考えている方は、ぜひサウスピークへの留学をご検討ください。

<半年留学プランのお知らせ>

サウスピークでは、半年間の留学(レッスン料、食費、宿泊費など全額込み)を100万円ぴったりでできる「半年留学プラン」を実施中です。