Aikoさん TOEIC290からのフィリピン留学

名前 : Aiko.Sさん

年齢、職業 : 30代 会社員

留学期間 : 4週間

留学開始時点の英語力 : TOEIC290点

 

Aikoさん

フィリピン留学をすることを決めた理由

フィリピン留学を決めた理由は3つ有ります。

1 つ目の理由は英語を仕事で活かしたかったからです。私はゲーム業界で仕事をしていす。現在のゲームのグラフィック品質は過去と比べて驚くほど質が上がって います。その質は映画とかわらないくらいの水準です。ゲームはリアルタイムに高画質の画像を表現する必要があります。そしてリアルタイムに高画質を実現す るためには技術が必要です。この技術が進んでいるのは米国や欧州です。日本よりもゲーム技術では欧米が進んでいます。そしてそういった知識・情報は今やイ ンターネット上で公開され、各種の会議や研究会で話されています。

ここで問題になるのが、それら情報は基本的に英語で公開されていることです。英語が分からないと情報を理解出来ませんし、接することが出来ません。私の英語力では海外のウェブサイトの情報ですら理解出来ませんでした。

2 つ目の理由は英会話力を上げたかったからです。情報を吸収するだけなら読解力だけ鍛えれば間に合います。でも、私がもし十分な英語力があって GDC(Game developers conference)に参加したならば、そこで最前線の話が聞けます。また業界関係者から直接、翻訳されていない話を聞くことが出来ます。その人達と話 したいから、私には読解力だけでなく、英会話力も身につけたいと思いました。

3つ目の理由は自由に海外に行って、そこで出会う人達とやり取りをしたいと考えているからです。仕事がきっかけで最近海外旅行に行くようになりました。そこでは他国の人達が時には単独で旅行しています。そういう人達と交流したいと考えました。

サウスピークを選んだきっかけ

ゲーム業界で英語を学習する集いがあり、そこで知り合った人に@HAL_Jさんのことを紹介されました。そして『20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ』の事を知りました。

2012 年の9月から英語学習を開始しましたが、私は最初何から手をつけて良いのか分かりませんでした。いろいろな参考書やサービスに手を出しましたが、どれも上 手くいかなかったです。オンライン英会話やLanguage Exchangeもしましたが、どれもストレスが有り、そしてこういうことをやっても身にならないと考えました。それは、中学英文法すら身についてなかっ たからです。そんな時に『20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ』を読んで、私に必要な英語学習はこれだと思いました。

そ してまたTwitterでハタチエイゴのカリキュラムを前提としたサウスピークが出来るのを知りここが良いと思って決めました。他の学校を比較する前にサ ウスピークのことを知り、フィリピン留学するならここしかないと思ったのでそれ以上他の学校については調べませんでした。

サウスピークでの学習の成果

(基礎英会話)

1ヶ月の留学で、自分が理解している文法は口から出るようになりました。基礎的な英会話が出来るようになりました。これは瞬間英作文のおかげです。

サウスピークの説明会直後から瞬間英作文に取り組みましたが、その時は文法についての理解が足りておらず辛かったです。でも、その後も学習を続けて、文法の 本を読んで言葉の構成を理解するようになってからは辛く無くなりました。そしてさらにセブ島に来てからも毎日の小テストを通じて瞬間英作文が出来るように なりました。

(使用した参考書)(英文法)くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで

(使用した参考書)(英文法)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

発音矯正レッスン

発音学習は一人では理解できなかったし、辛かったです。フォニックスも留学前に一人で学習をしていましたが、独学では自分の発音が正しいのか間違っているのかが分かりませんでした。日本で独学で行なっていた発音学習は雲を掴んでいるような感じでした。

一方、セブ島に来てからはフィリピン人講師の方々が目の前で口の動かし方から説明してくれたので単語であればちゃんと発音が出来るようになりました。まだ文章の発音は難しいです。

(使用した参考書)(発音矯正)フォニックス“発音”トレーニングBook

 

(英文音読&英作文レッスン)

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.2は留学の後半になって良さが分かりました。私はあまり記憶力がなく、理解して、レッスンの中で使っても、普段の生活の中ですぐに学んだ表現を使えるようにはなりませんでした。

ある程度の学習量が溜まった段階で、BASICの中ですごく使いたいと思った言葉を普段の生活で、またスピーチレッスンの中で使えるようになりました。 BASICにはすごく使いやすい表現があると学習を振り返って分かりました。もう1ヶ月留学出来たら、さらに新しい表現を学んで実践できたと思うと、留学 生活を4週間で切り上げることを残念に思いました。

英文音読&英作文レッスンでは英作文を作る宿題が出るのが良かったです。自分の日々の生活のために、自分の使いたい言葉を使って英作文をするのが良かったです。英語での文章作成が苦手だったのですが、そのスキルも日々の学習をこなしていく中で身につきました。

私は英文音読&英作文レッスンのために毎日4時間の予習・復習をしていました。午前中の義務自習の時間に自習をしていました。日本で事前にBASICの予習をしていたら、もっと学習を速く進めることが出来たと思います。

予習は時間をかけてやりました。本文を20回を音読しただけでなく、文法的に全部分解して、言葉の節で区切って、読んで、使い方が分からない言葉を抽出して、英語を音だけで理解できるまで自習をしました。

実際のレッスンでは分からない箇所について質問をしました。例えば前置詞の使い方が不明な場合はレッスンで「なぜここで in を使うのか、なぜ on じゃないのか」と言ったことを尋ねました。BASICは帰国してからも学習を続けて一通り終わらせます。そしてさらに2周目の復習をして、自分の中にどこ まで学んだ英語が残っているのか、どこまで理解できているのかを確認したいです。

 

サウスピークの良かった点

私はサウスピークが開学したばかりに入学した最初の4人です。生徒数が少なかったので、少人数制であるサウスピークをさらに少人数で過ごすことが出来て良かったです。

サウスピークでは日本の書店で販売されている日本語の英語参考書を使えたことでストレスなく学習を出来て良かったです。日本人向けに作られた参考書なので文 法的に分からない点をすぐに自分で調べられました。日本人向け参考書を使用することで、フィリピン人講師にいちいち質問することなく、自己完結的に学習で きるのが良かったです。そして参考書の中で理解できなかったものについてはフィリピン人講師に質問をしていました。

サウスピークはみんなが 勉強する環境が良かったです。他の生徒さんが勉強するのを見て、誰かが頑張っているのを見て、自分も頑張らなくちゃと自習室に向かっていました。この勉強 する環境が自分の甘ったれた気持ちを引き締めてくれました。サウスピークの環境が自分を勉強に追い込んでくれました。

フィリピン人講師にも恵まれました。Marvieは丁寧で、John厳しいけど細かく英語を直してくれて、Kenは楽しく教えてくれて、あとスーパーバイザーのFifiも英文添削に付き合ってくれて良かったです。

生徒さんは社会人が多かったのが良かったです。私はあんまり若くてチャラチャラしている雰囲気が苦手なので、みんなが落ち着いて勉強が出来るサウスピークの雰囲気が良かったです。

 

サウスピーク 改善希望点

私は開学したばかりに入学したので、運営側が安定していなかったのを見ていますが、ここを根本的に変えてほしいというのは今のところありません。

運営が安定していないのもそれはそれで楽しかったです。開学当初にしか見ることが出来ない舞台裏を見ている感じでした。生徒数も少なくて居心地が良かったですし。

 

今後にサウスピークに来る人へ

私は日本での事前学習の時間をあまり取ることが出来ませんでした。これから来る人は出来る限り日本でインプット学習をしてくるのが理想です。

私は英文音読&英作文レッスンで使用する参考書のBasicの学習の仕方が最初は分からなかったです。本文に目を通して、自分でその言葉をどう使えるのかを理解して、精読をしっかりとする。また、言葉を試行錯誤をして英語と格闘して下さい。

その上でリスニング音源を100回聞けば、音を聞いただけで内容を理解できるようになります。そしてその上でレッスンで様々な使用法を試すことで理解が出来 るようになります。動詞の使い方、形容詞の使い方はレッスンの中で指摘されて理解しました。そしてここまでやって、やっと英文読解の学習法を確立すること が出来ました。

Aikoさん2

Aikoさん3

この記事を執筆した人 @HAL_J

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」