東南アジアへの海外就職の前にフィリピン留学、日高葵さん?スピーチ動画・原稿有り?

名前 : 日高葵さん

年齢 : 20代女性、会社員(海外就職の準備期間中)

留学期間 : 8週間

開始時の英語力 : TOEIC 770点 (L390, R380)

Aoiさん

たくさんの生徒の方々に見送られる葵さん。葵さんはサウスピーク在学中に3回、スピーチコンテンストで入賞しました。そのスピーチ動画と原稿を記事の最後で紹介しています。

 

フィリピン留学の動機

もともと転職を考えていて、次に仕事をする場所として海外で仕事をすることを検討していました。そして出来れば日本人以外の人達と働きたかったので、英語を武器として身に付けたいと考えていました。

私は大学時代に留学生が暮らす学生寮で暮らしていたためもともと英語はある程度できていました。でも、その英語は日常生活で使える程度のあくまでブロークンな英語でした。仕事場で使えるフォーマルな英語を身に付けたいと思い今回留学を決めました。

留学先にサウスピークを選んだ理由

2013年3月に都内で行われたサウスピークの留学説明会で「勉強したい人だけきてほしい。遊びたい人は他校へ行って下さい」という他の語学学校と大きく異なる方針を打ち出している点に惹かれました。

また、他の語学学校にあるような長時間のマンツーマンレッスンではなく、自習時間(インプット学習)の時間がたくさんある点に惹かれました。これなら自分のペースで自分のやりたい学習が出来ると思いました。

サウスピークでの英語学習の総評

文法がめちゃくちゃ単語の使い方も不適切、でもなんとか通じる。私はそういうサバイバル英語を使っていました。だからそういうサバイバル英語を抜けだし、より正確で洗練された英語表現を使いこなせるようになりたかったです。

そして、サウスピークでの学習の結果、途中であきらめずに最後までアウトプットをやり切る力がついたと思います。いままでは自分が英語で言えることしか言えていませんでした。伝えたいことがあっても、英語力の不足で伝えることが出来ない時には諦めていました。でも、サウスピークでの学習を通じて、伝えたいことを伝えられるようになりました。

留学前はメールや電話に関する英語表現は全く知りませんでした。でも、今ならこれらも対応出来ます。オフィスで働いたことのあるフィリピン人講師の指導はためになりました。

本気で予習して、本気でレッスンを受けるのは疲れました。消耗しました。最初はサウスピークのマンツーマンレッスンの時間が短いと思っていましたが、いまは最低4時間の義務自習があるサウスピークの時間割は合理的だと思えるようになりました。

サウスピーク良かった点

私は最上級クラス(TOEIC800点以上)が最高でした。クラスの方々の背景がいろいろと違って、グループレッスンが本当に勉強になりました。

グループレッスン中に他の人が使う英語表現を学んで、また難しい英単語をあえて使おうとする人達がいるのも良かったです。日本人同士でも英語でどんどんと話していく感じが良かったです。日本人が英語を出来るようになりたいのであれば、臆面なく、照れずに、日本人同士でもどんどんと英語で話すようにした方が良いと私は思っています。そして5つ星の人達はこういう積極的な人達だったので、また他のクラスの人達も含めて、サウスピークは生徒ががんばる人達ばかりだったのが良かったです。

上級グループレッスンを担当していたKen講師とAnna講師も良かったです。

サウスピーク改善希望点

上級グループレッスンの話になりますが、ディスカッションさせて、オブザーバーをつけるレッスンがあっても良いかなと思った。

これからサウスピークへ来る人へ

英語ができない自分を早く認めて、どうなりたいのかを具体的に想像しましょう。そしてサウスピークで努力の仕方を身につけるのが良いと思います。

結局は自分が変わるしか無いのだから、変わるためにサウスピークという環境を利用すれば良いです。

サウスピークでの学習の記録

発音矯正レッスン 

1. フォニックス“発音”トレーニングBook

2. 英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

3. <フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本

⇒上記参考書をそれぞれ1周。

4. 英語耳ボイトレ 発声術を学べば一発で通じる、聞き取れる

⇒3周。歌に合わせて英語を読む箇所で、自分の日本語訛りのイントネーション・語感を壊す起爆剤なりました。英語を英語らしく話したいと考える人にこの教材はお勧めです。

 

英文音読&英作文クラス

シーン別 本当に使える 実践ビジネス英会話(CD付)?

⇒1周。教材で使われる英語は米国英語であるため、米国人と仕事をする人向けにお勧め。ブロークンな英語からちゃんとしたフォーマルな英語へのレベルアップで使えます。

ビジネス Quick English All in One?

⇒1周。メールの書き方・電話のかけ方の箇所を中心に行いました。即戦力ですぐに使える表現が載っていて良かったです。レッスンではひたすらロールプレイングをしていました。

メールの書き方は事前に宿題として作成して、それを添削してもらっていました。

速読速聴・英単語TOEIC(R) TEST GLOBAL 900

教材自体が難しかったのと、レッスンのやり方自体を創意工夫したいと思い、あまり使いませんでした。次に述べるニュース英語への学習に切り替えました。

ニュース記事を使用 The Economist・BBC

いろいろな人が書いた文章を読みたい、最新のニュースに触れたいと思い、これらを教材として採用しました。例えば下記のような記事を使用しました。

(BBC)Making Time: Helping child workers save their earnings

(The Economist)Infrastructure in Laos, One night to Bangkok

記事を要約して、自分の言葉で言い換えることを行いました。最初は記事の要点について上手くまとめることが出来ませんでした。また、明確に簡潔に話すのが出来ませんでした。このように文章を読み込んで、自分の言葉でアウトプットする練習は必要だと感じていました。

レッスンの進め方としては要約や言い換え表現はレッスン前にまとめていました。このレッスンを通じて上級者の人にこそインプット学習の時間が必要だと思いました。

 

写真描写レッスン(Picture Description) ※マンツーマンレッスン向け

自分の意見や想像を話すのはいつでも出来ると思ったので、できる限り正確に描写することを行いました。例えば、肘をつく、足を組む、といったなかなか言えそうで言えない表現を学びました。

 

葵さんのスピーチ動画

葵さんはサウスピーク在学中に3回、スピーチコンテンストで入賞しました。そのスピーチ動画と原稿を下記に公開します。


10月6日のスピーチコンテンスト 2位


9月21日のスピーチコンテンスト 1位


9月7日のスピーチコンテンスト 1位

 

葵さんのスピーチ原稿 10/6分

“Mom, I’m home!! I’m hungry, what’s today’s menu?”

“Today I cooked “Beef stew”!”

“Wow! I love it!”

“Are you ready? then, Itadaki-masu!!”

 

This is a certain scene in Japanese common home.

Almost all Japanese are disciplined in home or school to say “Itadaki-masu” and “Gochiso-sama-deshita” at the meal time. What do those mean?

 

We say “Itadaki-masu” before eating foods. This expression shows mainly 2 meanings.

First, it means “Thank you for your life.” we appreciate all of the ingredients existence.? Through them we can live. Thanks to their sacrifices.

Second, we thank the person who is involved in all of the process in preparing foods. Various people get engaged with the process: farmers, fishermen, and of course, the person who cooked those foods.

After eating, we say “Gochiso-sama.” ”Chiso” means “run around” in Japanese. Long long time ago, Japanese expressed their appreciation/ for people who scrambled for searching ingredients/ while riding horse to welcome precious guests.

Then, why do we put our hands together while saying that?

Both expressions rooted from the origin words of “True Pure Land Buddhism.”

This expression contains “Thankfulness” at the core. Unconsciously, our attitude is affected by one of our religions.

 

Are we appreciating while eating nowadays? I’m ashamed to say, “Sometimes.”

This generation /is called/ the “Age of plenty.” Fortunately, we can eat anything we want as long as we can make payment for that. Here is one astonishing story in Japan that I‘ve heard. This is what happened.

One day, a guardian complained to the elementary school. ”We are paying the school for lunch fees. Why does the teacher force my child to say “Itadaki-masu” and “Gochiso-sama”!? My child doesn’t need to say that!! ”

Sad to say, some people have shallow idea about this tradition/ like the guardian. Human beings can’t live only by themselves, we should realize that reality. To express thankfulness through those expressions is one of the admirable(admayrable) Japanese cultures.

Please just imagine the foods which are placed in front of you, WHO made that? What are you eating? I hope you will realize that.

 

葵さんのスピーチ原稿 9/21分

Theme : Cultural differences

Hello! <POSE> thank you.

But how do you react if somebody does not reply to your greetings?

What comes to your mind?

 

In my life, the most impressive memory was during university days from Bachelor 3 to 4. I was the only Japanese in 4th floor in “Kagoshima university International residence hall.” I was a tutor for foreign students.’

 

After becoming a tutor, I found my ignorance about many things.

There is one episode that triggers my thinking about my ignorance.

 

One day, I rode in my bicycle going ahead to university. On my way, I noticed one foreign researcher heading to my direction. He was from Bangladesh. I knew his name, so I said “Hello!!” to him friendly with my hand waving. But he didn’t answer, and just passed by? as if nothing happened. I was really shocked, and thought about my attitude.

Did I make a mistake? Did I show some bad attitude to him unconsciously?

Later on I talked with my friend from Malaysia, so I told him about that. He taught me about my misunderstanding. He said, “Aoi, you did not do any kind of bad things. He is a very pious Muslim. You are not his wife, so he could not answer you. ”

After his explanation, I was perfectly convinced. After that experience, I started asking foreign friends about their own culture in detail.

 

I reckon that we shouldn’t judge everything by only our sense of value. If we don’t expand our knowledge, we will never know about the “real world.” Sometimes we face difficult situation, but in the future, these difficult situations would be useful to understand people around you.

Our backgrounds are different from each other, but first of all, we must accept other person’s culture, the way of thinking, and their sense of value.

I suggest we should not escape from differences. The world is very huge and filled with new discovery for us. As long as you try to understand someone or something, it is never too late.

 

葵さんのスピーチ原稿 9/7分

Have you ever heard “MONSTER customer?” It is a coined term but I think it has already been familiar with Japanese.

Some Japanese people tend to transform themselves, specially, when they are in CUSTOMER position.

I realized that the way of thinking to “Service” in Japan is totally different compared with other countries.

 

Here is one situation. Last July, I went to Laos for job-interview. After that, I wanted to go to the café which is managed by Japanese. That name was “OKERA café.” Before I rode in Tuk-tuk, I confirmed the driver while showing the map. ?“Do you know OKERA café? Can you take me there?” He answered confidently, “Sure, I can!!” After 15 minutes, we have arrived “JOMO café” safely. I was so confused and criticized him. “Sir, here is not OKERA café. This is not the place I requested!! ” He looked so blank and his answer was following. “But, here is also café, isn’t it?”

 

What comes to your mind? Now this became a laughing matter, but at that time, I was so mad to him. In my mind, I should have served great service same as Japan.

Let us turn the situation to be in Japan.

In my perspective, some Japanese customers demand excessive treatment so much.

Only they have to be paying few for services, tendency they behave as if they are King or Queen.

Sad to say, some Japanese decided to commit suicide because of overwork, and I reckon that it is caused by egoistic customer’s demand.

 

Excessive services and being idealist will kill someone soon and also worsen the economy.

When we get services, we must pay equivalent payment. It is a consequent point, but recently, it seems to go some wrong direction in Japan.

Everybody, it’s time to rethink whether we pay appropriate something to services or not.

We should focus on one side, “Quality” or “Price.” We should not demand cheap and at the same time excellent one.

“Nothing is free in this world.”

 

この記事を書いた人 @HAL_J

サウスピーク・フィリピン留学説明会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」