Asahiさん、卒業式にて。

名前 Asahiさん
職業/年齢 大学生、21歳(3年生)
留学期間 6週間
開始時の英語力 TOEIC600点

ずっと英語のことを考えられる環境に行きたい!日本語禁止校への留学を決意。

ーー6週間の留学お疲れさまです!まずは留学するにあたっての経緯を教えていただけますか?

はい。ずっと英語のことを考えられる環境に行きたいと思ったので、留学することを決めました。というのも英語でコミュニケーションをとれるようになって、将来は仕事で英語を使いたいんです。

以前は英会話教室に4ヶ月間通っていましたが、週に1回50分のレッスンだけだったので、常に英語に触れているわけではありませんでした。

ーー週に1回のレッスンでは、英会話力の伸びを実感できなかったということでしょうか?

インタビューを受けるAsahiさん

そうですね。「英会話教室に行っては日本語の生活に戻る」の繰り返しで、英語力が伸びている実感がなかったんです。レッスンが終わると、日本語しか使わない世界に戻ってしまうのが残念でした。

ーー英会話教室以外で英語の勉強はされていましたか?

英会話教室の予習・復習を、合わせて2時間ほどしていました。

ーー具体的にはどのように予習・復習されていたんでしょうか?

予習はリスニング音源を聴きながら英文をオーバーラッピングするように言われていたので、その通りにしていました。

※オーバーラッピング・・・リスニング音源に合わせて、英文を見ながら声に出して読むこと。

復習は「こういうことを学んだなぁ、ふんふん」という程度で終わっていましたね。そのほかは洋楽を聞いたりもしていましたが、リスニングの練習にはなっていなかったです。とにかく学習時間が足りていないなと感じていました。

ーー学習時間をそれ以上増やせなかったのは、どうしてでしょうか?

インタビューを担当するインターンのHinako(左)とAsahiさん(右)

予習で使用するリスニング音源は、レッスンの予約を入れたときに、その週のレッスンで学ぶ範囲のみがダウンロードできる仕組みでした。レッスンはグループで行われ、ダウンロードできる音源は週に1つと決まっているため、自分のペースで先に進めることはできません。

日常生活の中でこなすには負荷が少なく、ちょうど良い量だと思います。しかしそれだけでは不十分だと感じていました。でももともと英語の勉強は嫌いなので、他に何をすれば良いのか分からなかったんです。

なので思い切って英語だけを考えられる環境に身を置き、しっかり英語の勉強に取り組もうと、サウスピークへ留学することを決めました。

勉強好きなタイプじゃないけど、ストレスなく勉強できたサウスピークの学習環境

ーー英会話教室と比べて、サウスピークでの学習量はいかがでしたか?

学習カリキュラムに各レッスンの予習・復習方法が記載されています。

4Sレッスンの予習では、最低3記事を進めてください」など、量は全然違いました。まず勉強方法を知らなかったので、教材ごとにどのくらいの時間をかけて、どのように予習・復習すればいいのか細かく書かれている学習カリキュラムは、とてもありがたかったです。

あまり勉強が好きなタイプじゃないんですが、ストレスなく勉強できました。

ーー元々は勉強が嫌いなAsahiさんが、なぜ勉強を続けることができたのか、学習カリキュラムの他にも理由はありますか?

大学、バイト、遊ぶ予定など、日常のことを考える必要がなく、勉強しかしなくて良いという環境がすごく楽しかったからだと思います。そして勉強場所へ行くまでのストレスがないのも最高でした。

参考記事:平均10時間の学習時間、徹底的に英語学習が出来る環境

日本だと「家では勉強できないから図書館に行こう」と思っても、移動が一苦労なんです。「勉強しにわざわざ家を出るのか…面倒くさいな…」となってしまうんですよね。

でもサウスピークでは自分の部屋でお昼寝したとしても、階段を上り下りするだけですぐに自習室に戻れます。1日10時間の勉強というとかなり大変そうに聞こえますが、一気に10時間も続けてする必要はないんです。

ベッドでのお昼寝を途中に挟みながら、少しずつ積み重ねても10時間、勉強に充てることができます。というのも炊事・洗濯・掃除はスタッフがしてくれるので、勉強以外にすることがないんです。

ほかに考えること・することがない分、日本にいたときよりも集中して勉強ができました。

ーー勉強に最適な環境とはいえ、やる気がなくなることもあったのでは?

24時間英語を話す日本語禁止校では、日常生活の中で英会話の練習だけでなく、新たな英語表現を覚える機会も多くあります。

1日を振り返ったときに、「あの時こう言いたかった」と思ったことを「どう伝えれば良かったのか」と考えたり調べたりするのが楽しくて、それが勉強のやる気につながっていました。

「本当にやばい、今は何にもやる気が起きない」という場合でも、音読学習に使用した記事をリスニングし、英語から完全には離れてしまわないようにしていました。

日本語禁止校・6階で学習に励む生徒たち

何より周りの生徒がみんな勉強しているので「自分もやらなきゃ」と刺激を受けていましたね。

ーーとはいえ24時間、英語を使う環境というのは苦しくなかったですか?

全くきつくなかったです。むしろ日本人同士でも、日本語で話すより英語で話す方が楽しいと感じました。

というのも英会話教室に通っていたとき、クラスメートはほとんど社会人の方で、気まずい感じがあったんです。レッスン中は ”Hello” と英語で挨拶するんですが、レッスンが終わると「お疲れ様です。ちょっと、先に行きます。」と敬語を使うことで、結構距離を感じていたんですよね。

毎週ほとんど変わらないメンバーでしたが、週に1回しか顔も合わせないので、それほど親しくなることはありませんでした。

ご飯時間も、もちろん英語で話します。

ですが日本語禁止校では、生徒のみなさんと一日中ずっと同じ建物内にいますし、歳が離れていても英語のおかげで気軽に話すことができました。なのでレッスン以外にも常にアウトプットする機会があり、おかげで留学前に比べ英語を話すこと、勉強することが楽しいと感じてきています。

留学期間を2週間延長したんですが、サウスピーク卒業後のインターンを取り消してさらに延ばしたいくらい、日本に帰りたくないなと思いました。

ーーそうなんですね。英語に対して前向きな気持ちになったのはとても嬉しいですね。

1対1でこそ正しい発音が体得できる。発音矯正レッスン

ーーマンツーマンの発音矯正レッスンはいかがでしたか?

発音矯正レッスンを受けてみて、発音方法の知識はあるのに、実際は定着していなかったんだと痛感しました。というのも英会話教室で発音方法を教わっていたんですが、会話中に指摘されることがなかったので、正しく発音できていないことに気づかせてもらえなかったんです。

発音矯正レッスンの様子

マンツーマンレッスンではフィリピン人講師が「あ、その音違うよ。今 ”R”の音が弱かったよ」と、その都度すごく厳しく指摘してくれたので、正しい発音が身につきました。

ーーやはりグループレッスンで発音を矯正するのは難しいんでしょうか?

英会話教室のように生徒2〜4人のグループレッスンでは先生が1人にかけられる時間は限られているので難しいと思います。それに生徒それぞれの進捗に合わせることができません。

英語がネイティブの講師が発する発音を5、6回真似して、できているか分からないけど、次に進む。知識はつきますが、実際に言えているかというと、言えてないんです。

ーーそれではリスニング音源を聞いて、ただ真似しているのと同じ状況ですね。

正にそうです。しかしサウスピークの発音矯正レッスンは1対1なので、50分間を自分のためだけに使ってもらえます。正しく言えるまで何十回も繰り返し、顔の筋肉が疲れるまで徹底的に練習することができます。

ーー具体的にどのような発音が苦手でしたか?

フィリピン人講師によって、口のイラストや発音記号が書き込まれています。

“D” の発音が難しかったですね。フィリピン人講師に何回も口の動きを見せてもらい、色々なコツを教えてもらえたので、なんとか言えるようになりました。

ーー具体的にどのようなコツを教えてくれたんですか?

「舌をこの位置に付けて、喉を振動させて押す ! ”n” の音に似ているよ」というように、的確に教えてくれました。日本語にはない音なので、とても難しかったです。復習の際に見直せるよう、講師自身の口の動きのビデオを撮らせてもらえたりなど、至れり尽くせりでした。

参考記事:サウスピークが英語発音矯正レッスンで行った2つの革新

発音テストの結果。正しく発音できなかった音にチェックが付いています。

初めてのレッスンでは発音テストを受け、正しく発音できなかったものをリストアップしてもらいます。発音できていなかったものから重点的に取り組むので、6週間という短期間でも正しい発音を定着させることができました。

留学後も活きる学習習慣と勉強法

ーー最後に留学を検討されている方へのメッセージをお願いします。

「1年留学に行ってもやっぱり変わらない。2年行ってやっと喋れるようになった」という動画を見たことがあって、「まぁまぁそういうもんだろうな。6週間で簡単に喋れるようにはならないだろう」と思いながらサウスピークへ留学しました。

その前提で留学してみて思ったことは、長期で留学するのは難しいけれど英語力を伸ばしたい人にとって、サウスピークは「英語学習を続けるすごくいい動機付けになる」ということです。

6週間あれば、学習カリキュラム通りの効率的な勉強法を知識として得るだけじゃなく、自分の中にしっかり落とし込んで習慣付けることができます。正しい発音も定着しますし、帰国後も英語の勉強を続けるための、すごく良いトレーニング期間になると感じました。

ーー本日はありがとうございました。帰国後も引き続き、英語学習頑張ってくださいね。応援しています!

ーーーーーーーーーーーーーー

【初心者歓迎!】無料・英語発音矯正レッスン in 新宿 11月25日(土)〜12月3日(日)

2017年11月25日(土)〜12月3日(日)までの東京・新宿でサウスピークの人気講師が無料でレッスンを提供致します。奮ってご応募ください!

【初心者歓迎!】無料・英語発音矯正レッスン in 新宿 11月25日(土)〜12月3日(日)