元コンサルタントのEMさん、みっちりと英語学習をするためにサウスピークへ留学

名前:EMさん
年齢、職業:30代、コンサルタント
開始時のTOEIC:640点
留学期間:3週間

EMさん

フィリピン留学のきっかけ

大学卒業後は、コンサルタントとして働いていました。仕事上、英文を読んだり、書いたりすることもありました。また、それほど多くはないですが、海外に出張に行く場合など英語を話したり、聞いたりする機会もありました。その際に、うまく話せず自分の伝えたいことがはっきり伝わらないなど、もどかしい思いをしたこともありました。

今回、仕事を辞めたので、それをきっかけに語学留学をしてみようと思いました。英語をきっちりと勉強したいと思っていましたので、日本にいながら毎日少しずつ勉強するよりも留学してみっちりと英語の勉強をしてみたいなと思っていました。

フィリピン留学に関しては、以前から知っており、価格も安くていいなと思っていました。エージェントの留学説明会に参加した際に、私としては韓国資本よりも日本資本の方がいいなと思いました。韓国資本の学校だとご飯が合わないなどいろいろ問題がある可能性があると思ったからです。そして、日本資本を調べてみた中で、サウスピークが一番自分に合うと思ったのでサウスピークに行くことに決めました。

サウスピークが合うと思った理由は、カリキュラムに自習時間がきっちり組み込まれていることです。過去に語学学校に通っていた経験から、復習やインプットをせずにレッスンだけ受けても英語力は身につかないと分かっていたので、頭の中を整理する時間である自習時間が必要だと思っていました。

学習の進捗

平日は、1日約10時間くらい勉強ができました。週末は日によりますが、勉強している日は6時間、7時間くらいは勉強ができました。

勉強した中では、発音が一番伸びたと思います。口の動かし方もよく分かるようになりました。日本人は普段あまり口を動かさず話すので、きっちりと口を動かすことが大切と気付きました。また、発音の参考書が日本語の教科書が分かりやすく助かりました。

その他の英語力の向上を自分で把握するのは難しいですが、ホテルでテレビをつけてBBCを見ていたのですが、比較的理解できるようになっていると感じたので、リスニング力も上がっていると思います。

サウスピーク良かった点

カリキュラムへのこだわりが一番良い点だと思います。マンツーマンの時間を抑えて、自習時間がきちんと取れる構成になっているのが良いと思います。自分はインプットもきっちりしたかったので良かったです。

次にフィリピン人の講師がよかったです。どの講師もかなり物知りで、バックグランドが広いなと感じました。例えば、マスコミュニケーション学科の講師は、環境問題のそれほど一般的でない事柄まで知っていました。

事前にご飯は日本と比べて、それほど美味しくないと聞いていましたが、全般的にご飯もおいしかったです。とくに野菜も多くて日本人に配慮していると思いました。また、食事の時間に講師と一緒に食べることになっていて、英語を話せるようになっているのも良いと思いました。

サウスピークの改善希望点

マンツーマンがもう少し多くてもいいかなと思いました。空き時間中の講師によく質問したいことがありましたが、時間が合わない場合がありました。

>> ご指摘ありがとうございます。マンツーマンの時間に関しては、ほとんどの人は、適切かもしくは少し多いと答えていただいていますが、今後、短期留学の人に向けにオプションを検討してみます。講師の空き時間をより効率的に使えるように検討致します。

3時間のマンツーマンが連続していると疲れてしまうので、授業時間がばらけていると良いと思いました。

>> こちらも検討致します。ありがとうございます。

ドミトリーの写真とかホテルの写真がウェブサイトからもっと見られると言いなと思いました。

>> 今後対応していきます。ありがとうございます。

ひとこと

日本での予習の中でも語彙力をある程度充実させておくとよいと思います。同じような意味の単語でもカジュアル・フォーマルなど、細かい使い方やニュアンスの違いが聞けて、自分の身になると思います。

英語勉強をしているけれども、あまり伸びないなと感じている人はサウスピークに来た方がいいです。いわゆる「日本人の英語」から抜け出せるきっかけになると思います。真面目に勉強をしたい人にはおすすめの語学学校ですね。

サウスピーク・フィリピン留学説明会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

丸山 要平

筑波大学国際総合学類を卒業後、すぐにフィリピンでオンライン英会話を起業。2013年からサウスピークの現地責任者として勤務。セブでは5年以上生活をしているため、現地の情報に明るい。