名前:Hajimeさん

年齢:20代

出身大学:上智大学 教育学専攻

留学期間:8週間

開始時の英語力:TOEIC600点程度(センター試験で筆記190点/リスニング45点) → TOEIC805点(L:405,R:400) 260点UP!

英語を流暢に話せれば、旅をより一層楽しむことができる。短期間で高効率の学習をするためにフィリピン留学を決意

――8週間の留学お疲れ様でした! まずは今回の留学の経緯をお聞かせください。

今回インタビューにご協力してくださったHajimeさん

私は現在二度目の世界一周中なのですが、旅をより一層楽しむためには英語力が必須だと思ったからです。大学生の頃にも休学をして世界一周をしたのですが、振り返ってみると、知識や経験が不足していたことで存分に楽しめていなかった部分がありました。

――どのような場面で知識や経験不足を感じたのですか?

特に歴史的建造物や由緒ある場所を訪れた際に感じました。当時は20代前半で、人生経験が不足していたことに加えて、その場所に関する背景知識が不十分でした。そのほかには現地の人とコミュニケーションをする際にも、英語の能力不足を感じていました。言いたいことをなかなか伝えることができず、もどかしい思いをしたことを覚えています。

――やはり海外で円滑なコミュニケーションを取るためには、十分な英語力を身につけておくことが大切なのですね。

そう思います。私は半年間ほど世界を巡っていたのですが、中途半端な英語力では友人を作ることも難しかったです。ある程度の会話力を身につけてから旅に出ればよかったと、今でも少し後悔しています。今回の世界一周旅行ではそんな後悔をしないためにも、より実用的な英語力を身につけたいという思いを胸に秘めていました。

――一度目の世界一周をする前には、英語を学ばれていたのですか?

はい。大学受験の際に学んでいました。その結果、センター試験の英語でほとんど満点が取れたくらいです。今思い返せば、あのときが人生で一番英語を勉強した時期だったと思います。

――センター試験で高得点が取れても、英会話は難しいのですね。

そうですね。やはり受験英語ができることと、英会話ができることは違うことだと思います。日本の学校教育では英語を話す機会が十分にないため、なかなか会話力を向上させることができません。しかし本気留学を謳っているサウスピークで英語を学べば、日本では伸ばすことが難しい実践的な英会話ができるようになると思い期待を寄せていました。

――なぜ欧米留学ではなく、フィリピン留学に決めたのですか?

欧米留学に比べ、フィリピン留学は圧倒的にコストパフォーマンスがいいからです。フィリピンは物価が安いため、授業料以外の費用も安く抑えることができます。しかし同じ期間カナダやアメリカに留学するとしたら、合計でかかる費用が2倍近くになってしまいます。せっかく英語を学ぶからには、費用対効果の高い選択をしたいと考えていました。

※留学費用に関して……フィリピンの語学学校への留学費用には、食費や寮費も含まれています。欧米留学ではこれらの費用が含まれていない場合がほとんどであるため、フィリピン留学に比べ2倍近くの費用がかかってしまいます。その他のフィリピン留学と欧米留学の違いについては「フィリピン留学と欧米の語学学校の比較について」で詳しく紹介しています。

――数ある語学学校の中から、サウスピークを選んだ理由を教えてください。

今回の留学は友人と2人で来ていて、その友人からサウスピークのことを勧められたからです。そのあとに新宿で開かれていた留学説明会に行き、ここなら英語力を伸ばせると思いました。そのほかに、発音矯正レッスンを受けたいという強い思いもありました。フィリピンのほかの語学学校でも、発音矯正レッスンを受けられる学校はあるのですが、その中でもサウスピークの評判が一番良かったです。

発音矯正レッスンを受けたことによって、英会話により一層自信が持てるようになった

――サウスピークの発音矯正レッスンは期待通りのものでしたか?

発音矯正レッスンでは音の繋がりや抑揚を学び、英語らしい発音を身につけます

はい。たった2ヶ月間の留学で、これまで何年もの間、身につけることができなかった、正しい発音の基礎を身につけることができました。以前日本で発音の勉強をしたことがあったため発音にはある程度の自信があったのですが、発音矯正レッスンを受けてみて、いかに自分が適当な発音で英語を話していたのかということを痛感しました。これほどまでにできないとは思ってもみなかったので、悔しく思ったのと同時に絶対に正しい発音を身につけようと決心しました。

※発音矯正レッスン(Pronunciation)については『英語発音矯正レッスン。フィリピン語学留学で最も効果的なレッスン』で詳しく紹介しています。

――正しい英語の発音は身につきましたか?

まだまだ完璧とはいえませんが、正しい発音の基礎は身についたと思います。英文を普通の速さで話しながら発音を意識することはまだ難しいですが、1つの英単語だけを発音するときには、ほとんど間違えることなく発音できるようになりました。円滑なコミュニケーションをとるために正しい発音を身につけることは必要不可欠なことであるため、発音矯正レッスンを受けてよかったです。

――なぜ円滑なコミュニケーションをとるために、正しい発音を学ぶ必要があるのですか?

間違った発音で話すと、聞き手にストレスを感じさせてしまうからです。私自身今まで様々な国を巡ってきたため、いろいろな英語を聞いてきました。その際にクセが強い英語を話されると、聞きとろうとするだけで体力を消耗してしまいます。そうなるとお互い話す気力がなくなってしまうため、英語で深いコミュニケーションをとるためには、正しい発音を身につけることが必須だと思います。それに、上手に発音できたほうがかっこいいですしね(笑)

――発音矯正レッスンでどのように発音を学んだのですか?

<フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 』では音の繋がりや抑揚を学び、より英語らしい発音を身につけます

3冊の教材を使って、発音のほかに抑揚やアクセントを学びました。学習カリキュラムにより使用する教材の順番が決められているため、自分のレベルに適したレッスンを受けることができました。この3冊の教材を一通り終えたところで、正しい発音で話すための基礎が身につきました。

※学習カリキュラムとは……「英語学習法」×「日本の参考書」×「学習環境」×「フィリピン人講師」を意識して作成された学習の手引き。日本人の学習計画アドバイザーが、1人1人に最適な学習カリキュラムを作成しています。別記事「3ヵ月でTOEICの点数が平均200点上がる学習カリキュラム」で詳しく紹介しています。

英語で自分の意見を伝えるための基礎が身につき、会話の幅が広がった

――世界一周旅行をより一層楽しむための英会話力は身につきましたか?

そうですね。以前に比べたら随分と深い話ができるようになりました。はじめの頃は思うように言葉が出てこず辛かったですが、しばらく経った頃には英語で自分の意見を伝えることが苦ではなくなりました。

――なぜ英語で伝える力が向上したのですか?

ダイニングエリアで予習をしている様子

4Sレッスンやその予習を通して、英語の基礎力が総合的に向上したからだと思います。このレッスンでも発音矯正レッスンと同様に、カリキュラムに沿って学習を進めていました。一番効果的だったのは、英文の音読とリスニングを繰り返し行う学習です。予習の時間にそれぞれ合計で20回前後行い、英単語と文法の定着を深めていました。最終的には初めて聞く英文でも、内容を8割程度理解できるまでになりました。

スムーズに英会話を行うためには、基礎的な単語と文法を頭に染み込ませることが不可欠であり、このレッスンではその両方を効率的に学ぶことができました。レッスンの時間には雇用問題や環境問題など、日本語で討論することすらも難しいような高度なトピックについて毎日英語で話していたため、この点も英会話力の向上に繋がったと思います。

※4 Skills(4S)レッスン……英語の4技能(Reading, Listening, Writing, Speaking)の全てを伸ばすためのレッスン。この4Sレッスンにより、サウスピークでは3ヶ月でTOEICの点数を200点、300点も上げることが可能になっています。

――4Sレッスンを通じて英語の基礎力が身についたのですね。

はい、おかげで思ったことを瞬時に口にできる力がつきました。これは日本で中学・高校・大学の10年間英語を学んできても身につけることができなかった力です。それをたった2ヶ月で身につけることができたため、留学して正解だったなと思います。将来自分の子どもにも、サウスピークで英語を学ばせようと思えました。

英語学習だけではなく、程よく気分転換ができたフィリピン留学。セブ島の綺麗なビーチでダイビングを満喫

――サウスピークへ留学してみていかがでしたか?

想像以上に英語学習に集中できる環境でした。特に私が滞在しているプレミアム校舎では、生徒一人一人にキュービクルと呼ばれる自習室が設けられており、快適に学習ができました。それにキュービクルにいる多くの生徒は勉強をしているため、それを見て自分も負けていられないとモチベーションが向上しました。さらに身の回りの家事を全てスタッフが行ってくれたため、学習に多くの時間を割くことができた点もよかったです。

※キュービクルに関して……プレミアム校舎では生徒一人一人に専用の個室自習室が割り当てられます。内装や使用用途について「【学習効率◎】サウスピーク・プレミアム校の専用個室自習室は何がいいの?実際に体験してみた。」で詳しく紹介しています。

※食事提供に関して……サウスピークでは3食の食事提供の他、洗濯や部屋の掃除といった家事を全てフィリピン人スタッフが行います。別記事「フィリピン留学、セブ島留学において3食の食事を提供しない語学学校に行くことの2つの大きな損失」で詳しく紹介しています。

――集中して英語学習に取り組めたのですね。

はい。日本にいたらこれほどまでに集中することはできなかったと思います。やはり効率的な学習をするためには、優れた学習環境に身を置くことが一番です。それに加えてセブ島はリゾート地であるため、休日にはビーチやショッピングに行き、程よく気分転換ができました。

セブの綺麗な海でダイビングした際の1枚。透き通った海でたくさんの魚が見られます

ウミガメと記念撮影をするHajimeさん。

ギンガメアジの大群。日本ではなかなか見られません

――素敵な写真ですね。

日本で同じようにマリンスポーツを楽しむとしたらかなりの費用がかかってしまいます。しかしフィリピンは全体的に物価が安いため、1回のダイビングを5千円以下で楽しむことができます。そのため英語を学びつつビーチも満喫したい人にとって、フィリピン・セブ留学は理想的です。世界を周っている私から見てもとても魅力的な環境でした。8週間という短期間の留学でしたが、英語学習にも遊びにも本気で取り組み、いい思い出がたくさんできました。

――留学のあとはどちらへ行かれるのですか?

次はヨーロッパへ行く予定です。サウスピークで身につけた英語力を活かし、今まで以上に面白く有意義な旅にしていきたいです。また将来的に、仕事で英語を使う機会もあるかもしれないため、これからも継続して英語学習を行っていきます。

――ありがとうございました! Hajimeさんの今後の旅が、より実りあるものになることを願っています。