40代後半から英語の勉強を始め2年間の独学の末にサウスピークで16週間留学されたHidenariさん

サウスピークのAnna講師。Hidenariさんには、サウスピークの講師は素晴らしいと何度も褒めて頂きました。

サウスピークのAnna講師。Hidenariさんには、サウスピークの講師は素晴らしいと何度も褒めて頂きました。

?名前 : Hidenariさん
職業、年齢 : 転職活動中、40代、男性
留学期間 : 16週間
開始時の英語力 : TOEIC570点(L220 :R350 )

TOEIC対策と発音矯正にしぼって学習されたHidenariさん。TOEICで800点を越えた在校生の話を聞いて、TOEIC対策をされました。留学後はサウスピークで身に付けた勉強習慣を活かし、TOEICと英検準1級の勉強を継続されます。

講師からも評判が良かったHidenariさんの卒業スピーチ

入学時の英語での自己紹介です。下の16週間後の卒業スピーチと比較していただけるとどれだけ英語力が高まったかが分かります。

16週間の留学を終えた後の卒業スピーチです。

友人と作った会社が軌道にのらず47歳から英語の勉強を始めた

私が力を入れて英語の勉強を再開したの約2年前、私が47歳のときでした。当時は、友人と始めた会社が軌道に乗らず、「このままではいけない、何か新しい事をやらなければ」という気持ちでした。やりたいことを思い浮かべる中で、私はかつて外国語大学の短期大学に通っていた事や、農業研修でアメリカに2年間住んでいたという事もあり英語を使って何かできるようになりたい、英語の勉強をしようと思い立ちました。

 

独学で英検2級に合格後の準1級の壁

サウスピークに出会う前、私は日本で英検2級合格を目指して独学を行っていました。英語の勉強を再開始める際に、和田秀樹氏の受験に関する本を読んでいました。私は、その本に載っていた通りに『くもんの中学英文法』を中学1年生から順番に勉強して行きました。そして、2年後2014年の1月に英検2級に合格することができました。その後、英検準1合格に向けて勉強を始めました。しかし、準1級の内容は高校の英文法を十分に理解できていない当時の私にとっては難しく、行き詰まりを感じました。

 

独学の限界を打破するためにサウスピークへの留学を決め事前学習を開始

英検準1級の学習に悩み、英語の独学による学習に限界を感じ始めていたことと、英検の2次試験対策のためにスピーキング力をつけたいと思った私は、留学をすることを検討し始めました。最初は、他の語学学校も検討していたのですが、サウスピークのウェブサイトを見て自分の考え方に合った語学学校だと思ったので、サウスピークに16週間(4ヶ月)留学することに決めました。私は、卒業生の留学体験談も全て読んだのですが、自分が昔アメリカで経験したインプットなしでは英語の上達はないとう考え方を実践している学校だと思いました。留学前の事前学習では学習アドバイザーの柴田さんに作成していただいたカリキュラムを元に、中学英文法の本(どんどん話すための瞬間英作文トレーニング)と高校の英文文法(高校3年間の英語を10日間で復習する本)を2周終わらせることができました。

 

TOEIC800点越えの方から聞いたアドバイス 教材を絞る事、決めた教材を深くやりこむ事を実行した

入学して間もなく、自分と年齢の近いSeijiさんいう生徒とご飯を食べる機会がありました。彼はサウスピークに既に20週間くらい留学されていたのですが、「16週間は長いようであっという間だから、教材も目標も絞った方がいい」というアドバイスをもらいました。このお話を伺い、私は転職のためにTOEICの点数を高めることと、発音矯正を体得することにしぼって学習を進めました。

TOEICの勉強に関しては、私が入学していた期間でTOEIC800点を越えた生徒さんが4人(Hiroakiさん、Tetsufumiさん、Daisukeさん、Masahiroさん)いました。私は毎回TOEICの点数が800点を越えた生徒さんにはどのように対策をしているのか聞くことにしていました。そして、4名の勉強方法から分かった事は、学習カリキュラムで指定されているテキストの中から自身がこれだと思えるテキストをとにかく深くやりこんでいたということでした。この事実を知り、私も二度目のTOEIC受験前は一度目のTOEICで弱かったPart5対策を重点的に行いました。その結果リーディングパートは220点から320点に点数を上げる事ができ、対策の効果を実感しました。

 

独学ではできない不可能な発音矯正

せっかくサウスピークに来たのだから何か来た証を持って帰りたいと思いました。私にとってそれが発音でした。なぜならCDの音声を使っての独学では正しい発音を習得する事は無理だと判断したからでした。実は私たちの年代は学校で発音記号を勉強したんで一応理解していました。しかしマウスフォーメーションまでは分かりませんでした。発音の正しい口の作り方や舌の動かし方は留学していなければ学ぶことは不可能だったと思います。もちろん今でも全て完璧な発音するのは無理ですが、どうすれば正しく発音できるかは分かるようになりました。今は頭では解っていても体がまだ覚えていない状況です。これからの訓練によって上達させたいです。

 

?勉強仲間がいて成果を出した人は勉強方法を共有してくれる

サウスピークで勉強している生徒は、皆それぞれ自分の目標に向かって学習していますが、生徒の方々は仲間だと思います。誰かがTOEICで高い点数を取ったからといって、他の人が下がるという勝ち負けの世界ではないので、サウスピークには、勉強方法や分からない英語の学習で分からない事があれば他の人に教えてあげるという環境があります。私自身、英文法に関して他の生徒さんから質問を受けることもありましたが、私が分かる範囲で質問に答えていました。私自身もそうだったように初心者レベルの方は、文法書を見ても理解できない内容は自分のレベルより高い方に質問した方がいいと思います。

 

40代以上の方からよくお問い合わせを受けるのですが、「今から英語の学習を始めるのは無謀ですか?」という質問に対して

暗記力に年齢は関係ないと思います。ただ、体力面では若い生徒さんに負けると思います。私は、留学初日から、オリエンテーションで言われていたように学習時間を記録してきましたが、留学期間が後半になるにつれ1日の合計勉強時間が少なくなってしまいました。今思うと、週に2回でもYogaやランニングをする機会を取り入れていた方がよかったなと思います。実際、サウスピークの周辺でもジムなどの施設があるので、定期的にジムに通っている人やランニングをしている人もいました。長期の人は、彼らのように規則的な生活をした方がいいかもしれません。

?サウスピークに留学される方に一言

周りの人と比べないという事です。サウスピークには英語のレベルも経歴もさまざまな方がいらっしゃいます。周りの人を自身の学習のモチベーションにする事はよいと思います。ただし、他の人のやり方やレベルを気にしすぎてしまうと、学習のペースを乱したり、精神的に落ち込んでしまう事があります。サウスピークでは集団生活を送っていましたが、私は人と比べないという事を意識していました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」