人物紹介

氏名:Mubiくん

学年:新高校2年生

留学開始時の英語力:得意

 

留学の成果

1.スピーキング力とリスニング力が向上した

2.正しい英語の発音を身につけた

3.英語で語り合える良き友人ができた

大学受験に備えて、実践的な英語力を獲得するためにフィリピン留学を決意

今回インタビューに協力してくれた高校生のMubiくん

――10日間の留学お疲れさまでした! まずは今回の留学の経緯を教えてください。

留学の一番の目的は、大学受験に成功するために、英語のスピーキング力とリスニング力を高めることでした。

僕が大学受験をするときにはセンター試験が廃止になるので、そのときまでに十分な英語力が必要なのです。

――いままでの大学受験よりも、実践的な英語力が求められますからね。数ある語学学校の中から、なぜフィリピンのサウスピークを選んだのですか?

知り合いが以前フィリピンに留学していて、フィリピン留学は英語力を伸ばすのにうってつけだという話を聞いていました。

フィリピン留学は費用も安く、マンツーマンレッスンが主流なので。

その話を聞いた父が、フィリピンにある語学学校について調べてくれて、サウスピークの高校生留学プランを見つけたんです。

そして僕に、サウスピークへの留学を勧めてくれました。

――お父様からフィリピン留学を提案されたとき、どう思ったのですか?

もともと海外に行くのが好きなので、面白そうだなと思いました。

毎日10時間以上も英語学習をする必要があると聞いたときには、少し心配になりましたが(笑)。

――日本ではそれだけ長時間勉強することなんて、あまりないですしね。

そうなんですよ。

僕は集中力が高い方ではないので、2時間も勉強したら気が散ってしまいます。

でも、サウスピークに留学している間は、毎日10時間以上勉強できました。

――長時間の英語学習は、大変ではありませんでしたか?

確かに大変でした。

しかし、高校生プランに参加しているほかの高校生たちもみんな同じように長時間学習していたので、周りに負けてられないと、常に高いモチベーションを保てていました。

それに留学中は、日本にいるときと違って娯楽がなく、勉強以外にすることがなかったんですよ。

誘惑が少ない環境は、僕にとって好都合でした。

――毎日それだけ長時間学習できていたら、大きな成長も実感できたのではないでしょうか?

そう思います。

英語の正しい発音や、思ったことを正確に伝える力、リスニング力などが向上しました。

短期間でこれだけ成長を実感できるとは思っていなかったので、正直自分でも驚いています。

将来は外国人と仕事がしたい。正確なコミュニケーションを取るためには英語の基礎が必要

フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンで、苦手なポイントを重点的に学習していきます

――大学受験のための留学だというお話でしたが、大学に入ったあとの目標はありますか?

将来は商社や貿易会社で、外国人と繋がりを持てる仕事をしたいです。

大学受験はもちろん就職時にも英語が必要になると思うので、早い段階で英語の基礎を身につけておきたいと考えていました。

――具体的にどのような能力を向上させたかったのですか?

一番は英語の正しい発音です。

外国人と話す際に、正確な発音で話せないとなかなか伝わりづらいと思いますし、実際にフィリピン人講師と話したときにもそう感じました。

もともと発音には少し自信があったのですが、発音矯正レッスンを通してきちんと発音できていない音がたくさんあることに気が付きました。

――発音矯正レッスンを受けてみていかがでしたか?

普段日本語を話すときにはしないような口の動きをしていたので、最初のころはレッスン後に顎が痛くなっていました。

しかし回数を重ねていくうちに慣れていって、最終的に正しい発音を意識して英語を話せるようになりました。

舌や顔の筋肉の動きが滑らかになったのを実感しています。

――繰り返すことによって、徐々に正しい発音を習得したのですね。そのほかに、英語力の向上を実感した点はありますか?

4S(4skills)レッスンを通して、即興で英語を話す力と正しく文法を使う力が付きました。

このレッスンは、サウスピークのレッスンの中でも特に自習に時間がかかるレッスンなので大変ではありましたが、その分大きな効果を得られました。

それに、レッスン中にフィリピン人講師からたくさんの類義語を教えてもらえたので、ボキャブラリーの増加にも繋がったと思います。

結果的に、総合的な英語力を向上させられました。

※4S(4 Skills)レッスン……英語の4技能(Reading, Listening, Writing, Speaking)のすべてを伸ばすためのレッスン。

このレッスンを通して「3ヶ月でTOEICの点数を200点以上向上させるための基礎英語力」を習得できます。

ルームメイトとも英語で話していた。レッスン外でも英語漬けだった10日間

短期間の留学でしたが、良き友人もできました

――サウスピークの学習環境はいかがでしたか?

1日中英語を学べる環境に身を置けていました。

レッスン中はもちろん、空き時間にフィリピン人講師と話したり、部屋に戻ったときにはルームメイトと英語で話したりしていました。

日本人同士で英語を話すことは、最初は少し恥ずかしかったですが、話していくうちに徐々に慣れていきました。

講師の話す英語を、ルームメイトのみんなと真似したりしていて、楽しみながら英語を話せていたんですよ。

――生活の中に英語が浸透していったのですね。

そうですね。

もちろん日本語で話すこともありましたが、それはそれで良い息抜きになりました。

高校生のうちから留学に来ている人たちは、いい意味で変わっている人が多く、話していて良い刺激を受けられました。

出身が近い人とは、高校の話なんかで盛り上がったりなんかもして。

――同年代の人たちと海外で生活するのは、刺激が多そうですね。フィリピンでの生活は大変ではありませんでしたか?

特に困ったことはありませんでした。

留学に来る前には、フィリピンは汚い場所が多いイメージでしたが、実際に来てみたら印象が変わりました。

アヤラモールに買い物に行ったときには、日本のショッピングモールと遜色がないくらい清潔感を感じたくらいです。

――フィリピンの環境に対する印象が変わったのですね。

はい。フィリピン人に対しての印象も少し変わりました。

どんな感じだろうかと不安に思っていましたが、講師のみなさんはフレンドリーで、和気あいあいと英会話に望めました。

現地のフィリピン人とはあまり交流がなかったのでわからない部分も多いですが、少なくともサウスピークの講師に限っていえば、とても話しやすかったです。

――陽気な講師が多いですからね。最後にMubiくんと同じように留学を考えている高校生に対して、メッセージをお願いします。

日本ではなかなか英語の勉強ができずにサボりがちな人は、サウスピークに来れば集中して勉強できると思います。

短期間の留学だからこそ、オンオフの切り替えをしっかりすることにより、成長を感じられる留学にできるでしょう。

留学を検討している方は、ぜひ挑戦してみてください。

――ありがとうございました! サウスピークでの学びを活かして、大学受験頑張ってください!

Mubiくんが参加した、2019年春の高校生留学プランの様子を以下の記事でまとめています。

留学をご検討中の方はぜひ参考にしてください!

高校生留学プラン申し込み方法

高校生プランへの参加を希望される方は、こちらのページからお申し込みください。

お見積もり作成時、ご希望のお部屋タイプにて「高校生プラン」と選択ください。

サウスピーク新宿オフィスにて、毎週末留学説明会を実施しております。

⇒説明会申込みはこちらのリンク先ページから

サウスピーク・説明会お申し込み

東京以外のお住いの方はLINEでの相談も承っております。

お申込み後の流れ

ご成約後、アンケートに回答して頂きます。

アンケート回答を基に学習カリキュラムを作成、送付。

1回目スカイプ面談の実施(学習カリキュラムの確認)想定時間:30-50分

2回目スカイプ面談を実施 *出発3週間前を予定 想定時間:20-30分

(事前学習の進捗確認・その他不安な事などがないかの確認)

※留学開始が1ヵ月を切っている場合は、スカイプ面談は1回になる可能性がございます。

高校生プラン・LINE相談のご案内

LINE、またはSkypeでの無料相談を実施しております。

ぜひお気軽にお申し込みください。