【この記事のポイント】

  • 3ヶ月でTOIEC360点向上
  • 事前学習で文法を固め、100点向上

Hiromiさんは3ヶ月のセブ島留学中にTOEIC860点を取得されました。

3ヶ月分の留学申し込みで360点UPはコスパの良い留学と言えます(留学開始前の事前学習で130点UP、現地での学習で230点UP)。

留学準備としての事前学習で英文法を学んだことで、3ヶ月の留学中の学習を効率よく進められたそうです。

中学・高校レベルの英文法を留学開始後に学んでいては時間がもったいないです。

「TOEIC600点でも日本語禁止校では1番下の英語力とされるのがモチベーションUPに繋がりました!」と言うHiromiさん。

日本語禁止校は周りの人と高め合える環境に身を置きたい人には理想的な環境です。

名前:Hiromiさん

職業/年齢:転職活動中/ 28歳

留学期間:13週間

英語力の変化:TOEIC500点レベル(模試)→TOEIC860点 (L:445 R:415) 約360点UP!

目次

①「英語をやっておけば……」転職を成功させるために3ヶ月のセブ島留学

②事前学習の重要性「セブ島で文法を初めから学ぶのは時間がもったいないです」

③リスニング・音読学習で英語を英語のまま理解できるようになった

④サウスピーク・日本語禁止校舎だから日本よりも圧倒的に勉強に集中できた。

転職活動の一環としてセブ島での3ヶ月留学を決意したHiromiさん。

生徒が結果を残していて、本気で留学できることを決め手にサウスピークで留学されたそうです。

3ヶ月の留学と事前学習を経てTOEICの点数を約360点向上させて、英語力を自分の武器にされました。

「英語をやっておけば……」にさよなら。転職を控え、英語力を自分の武器にするための3ヶ月セブ島留学

ーー今回の留学の経緯を教えていただけますか?

転職活動の準備としてTOEICの高得点を取得することを目標に留学を決めました。一旦転職活動で戦える自分の武器を作ってから転職活動に臨みたかったのです。

転職に向けて留学することで自分の意欲や行動を見せられるだろうと考えたのも理由の1つです。

TOEICのスコアを自分の武器として示すだけではなく、自分の意欲や行動を示すものとしても使いたかった

ーー転職活動することを決めたのはご自身のキャリアアップのためですか?

はい、前の職場で自分がやりたかったことを今年達成できたので、今がキャリアアップを目指すのに丁度良いタイミングでした。

私は大学を卒業した後、人事分野の給与計算に特化した外部委託サービスの会社で働いてきたのですが、今後は人材の面で会社により直接的な影響を与えられる戦略人事の領域で働きたいと思っています。

ーー転職をすること、以前の職場をやめることに不安は感じなかったのですか?

転職を決意する前から少し悩んでいたことがあって、それをずっと解決できないままにしていたんです。その状況を打破したい感じがあり、とりあえず動いてみようと思ったのであまり不安は感じませんでした。

ーー転職に際してなぜTOEICのスコア、英語力を自分の強みにしようと思ったのですか?

自分の将来に繋がると思ったからです。

毎年新卒で入ってくる後輩の子が自分よりも高いTOEICのスコアを持っていて、職場での明るい未来が見えなかったのです。「英語をやっておけば……」と感じましたし、今から英語学習を始めないと手遅れになるなと思いました。

また、将来的に進みたい戦略人事の分野でも海外との関わりが必要になるんです。人事分野だと欧米の国が最先端を走っているので、英語ができれば最新情報に追いつくのに役立つと考えました。

ここ10年で大学生の英語力は向上した?悪化した?TOEICスコアから読み解く

ーーTOEIC対策であれば、日本でもできると思うのですが、なぜフィリピン留学を選んだのですか?

私と同年代の女性がブログでセブ島留学について書いていて「これだ!」と思ったからです。講師の英語が聞き取りやすく、ストレスがないと書いてあったので英語力が高くない自分にもついていけそうだなと思いました。

それから、TOEICのスコアは客観的な指標として必要だと思っていて、英語の運用能力自体も上げたかったのでフィリピン人講師から教わった方が良いだろうと考えたのです。

ーーフィリピンに数ある語学学校からなぜサウスピークを選んでいただいたのですか?

結果がしっかり出ているからです。転職活動を控えてTOEICでの成果が欲しかったので、生徒が結果を出しているサウスピークは理想的で、本気で勉強したい人のための学校なので選びました。

(参考図)サウスピークでは3ヶ月の留学で平均226点UP、上がり幅の上位7割の平均値としては285点UPしています

2017年度TOEIC LR試験受講者全員のデータから分析。3ヶ月で「平均」TOEIC226点UP

ーー3ヶ月の留学を経て、ご自身の英語力がどれぐらい変化したと感じていますか?

留学当初はフィリピン人講師の会話が全く理解できなかったですし、講師の質問に対してスムーズに答えられませんでした。自分の口から出るのは単語だけで、相手が汲み取ってくれてやっと会話が成り立つ程度だったと思います。

でも今は相手が話していることはほとんど理解できますし、会話のレスポンスも早くなったと感じます。その上、文章でコミュニケーションできるようになったので、無理をしなくても留学当初の2倍ぐらいは長く話せるようになりました。

事前学習でTOEIC100点UP! 「留学中に文法を初めから勉強するのは時間がもったいないです」

ーー留学前の事前学習ではどの程度学習されていたのですか?

5月のTOEICで600点を超えるまでは1日平均2時間は勉強していました。

特に留学の申し込みをした3月から5月までは毎日仕事帰りにカフェで勉強するのを習慣にしていました。

絶対に日本語禁止校に行きたかったので、留学前にTOEIC600点を取得することが目標でした。

ーーなぜ日本語禁止校へ入学することが目標だったのですか?

日本人同士で英語だけでコミュニケーションを取る環境に入りたかったからです。

生活面でのストレスが少ない環境として日本人だけの学校であるサウスピークは魅力的でした。しかし、レッスン以外の時間ではつい日本語で話してしまうと予測できたので、学校での日本語が禁止されている環境のほうがいいと思ったのです。

それらの条件を満たしているのがサウスピーク日本語禁止校でした。

個人で日本語を使わずに留学するのは難しく、ほかの人に流されがちです。身を置く環境を整えることも1つの手段です

ーー事前学習を進める上で工夫していたことは何かありますか?

リスニング学習はながら勉強というか、お風呂に入りながらとか、料理しながら、通勤途中に行なっていました。

土日などの休日は溜まった家事や予定が入ってしまうので平日にどれだけ勉強できるかを意識していました。

ーーご自身が感じた事前学習のメリットを教えてください。

留学が始まってから、セブで文法を初めからやっていると時間がもったいないし、毎日の学習に文法学習も組み込む余裕なんてないなと思いました。

予習の中で一番力を入れたい音読学習の時間も、文法や単語で躓いてしまうと音読の前の精読で時間がかかってしまいます。

事前学習によってその点を解消できましたし、留学の効率がよくなったと思います。

※サウスピークでは英語学習の方法としてリスニング音源の聴き込み→英文の精読→音読の順を推奨し、レッスンに取り入れています。

詳細はこちら→4 Skills Lesson (4技能向上レッスン)

留学をするのであれば、英文法の学習などの日本でできることは日本にいるうちに済ませておくのがおすすめです

ーー事前学習を進めることで、勉強方法を確立することはできましたか?

事前学習もですが、事前学習勉強会が非常に役立ちました。

留学前に学習カリキュラムの指示通りに事前学習していても自分の学習方法が正しいのかわからなかったからです。

勉強会に参加したことでサウスピークの勉強法を正しく理解できましたし、教材の1ページに対して必要な勉強量を理解できました。

サウスピークの特徴5 事前学習制度。留学前にTOEICを200点上げることも可能です。

事前学習制度によりサウスピークの学習メソッドに沿った勉強方法を確立できるので、留学後にどのように教材を勉強すれば良いのかに迷うことがありません

発音を意識しながらリスニング学習と音読学習をしたら英語を英語のまま理解できるようになった!

ーーサウスピークのレッスンのなかでどのレッスンが最もよかったですか?

4技能(4S)レッスンが一番良かったです。

4技能(4S)レッスンの予習として指定されているリスニング学習と音読学習を繰り返すことで英文の正しいイントネーションに沿って音読できます。

また、宿題として作ったエッセイをフィリピン人講師が添削してくれるので多くの英語表現が身につきました。

4 Skills Lesson (4技能向上レッスン)

実際にレッスンで使用した教材とノート。ノートには赤字でフィリピン人講師からの添削が書き込まれています

マンツーマンレッスン中の様子

ーーレッスンで特に意識していたことを教えてください。

音読学習をするときに、できる限りリスニング音源の話し方を真似ることです。

留学当初にTOEICが800点以上の人が話しているのを聞いたとき、発音が上手かったのに気付いて、TOEIC高得点と発音の良さは関連がありそうだなと感じたからです。

発音を良くするためにリスニング音源を真似した音読を心がけていました。

ーー4技能(4S)レッスンでどういったことを得られましたか?

リスニング力が特に向上したと思います。

留学当初は校内でTOEICの模試を解いたときにリスニングパートが300点台だったのですが、音読学習を続けているうちに400点台に達しました。

それから、音読学習を続けているうちに英文を読むスピードも速くなりました。

スマートフォンを使って音読学習。サウスピークではおなじみの学習方法です

ーー英語力が上がったことを実感したときはありますか?

ふと洋楽を歌詞を見ながら聞いていたときに、歌詞を追えるようになっていることに気付いたときがありました。
そのときは英語を英語のまま理解できるようになったんだなと感じましたし、英語力の向上を実感しました。

サウスピークの学習環境だから日本よりも英語学習に集中できた

ーーサウスピークの学習環境で何がご自身の学習に役立ちましたか?

サウスピークではほとんどの生徒の方が真剣に勉強されていますし、何しろ日本語が禁止されている校舎なので英語の勉強をやらざるを得なかったです。

また、校舎のwifiが適度に弱いのでネットサーフィンをしすぎず、勉強に集中しやすかった点も良い点です。

ーーどうして英語の勉強をせざるを得ないのと感じたのですか?

常に自分の英語力を客観視できたからです。

例えば、食事時間でほかの生徒と一緒にご飯を食べるときには英語で喋る必要があり、会話の相手から自分が知らない英語表現を学ぶことができます。

そのうえ、日本語禁止校ではTOEIC600点の人たちが一番英語力が低い層になります。

留学当初はTOEIC600点台だったので、自分が一番最後尾にいる感覚はモチベーションになりましたし、勉強を継続するのにこの環境は良かったです。

日本語禁止校舎では食事の時間も英語の勉強になります。他の人の英語を聞いて学ぶこともできます

日本語禁止校はTOEIC600点以上を入学条件にしており、英語がある程度できる生徒が集まります。周りの生徒に刺激されながら、高め合える環境で勉強したい人にとっては理想的な環境です

ーーサウスピーク留学は日本で学習するよりも集中しやすかったですか?

こちらの方が日本よりも圧倒的に集中できました。食事提供や家事代行などがあるので生活に脳のメモリーを割かずに済んだからです。

誰もほかの人の服を気にしてないので、服を選ぶ必要もないですし、部屋からレッスンの場所まで時間がかからないので、勉強以外のことをする必要がありませんでした。

サウスピークに留学された社会人の多くの方に仰っていただけるのが家事をやらなくて済み、自分の英語学習に集中できたという点です

ーー発展途上国、フィリピンでの生活に不安を感じることはありましたか?

留学開始時は、大丈夫かなと思うことはありました。

校舎近くの大きい道路に信号がないのは怖いなと思いましたし、衛生面や治安面も不安に感じていました。

対策として、飲食店で出てきた水には手をつけないようにしていますし、所持品は徹底的に管理するように心がけています。

停電も最初は不安に感じることもありましたが、次第に慣れましたね(笑)

セブ島治安情報の関連記事↓

セブ島に留学・観光をする人に読んで欲しい、セブの治安情報!

サウスピーク各校舎では学習場所、居住場所それぞれにウォーターサーバーを完備しています

ーー休日ではどのように過ごされていたか教えてください。

買い物に行くのが主でした。あとは土曜日に校内で模試を受けたりしていました。観光はあまりしていなくて、マクタン島のビーチに行ったぐらいです。

平日の学習の疲れが溜まるので、土日にはしっかり休みを取ることに重きを置いていました。

<<参考記事↓>>

【フィリピン・セブ島留学】4週間以下の短期留学生向け、おすすめレストラン&観光地5選

ーー最後に転職やキャリアップのために英語学習、留学を考えている方へメッセージをお願いします。

もし自分の現状に思うことがあるのであれば、ぜひ一歩を踏み出してみてほしいです。

私はサウスピークで留学して、英語を勉強するのももちろんですが、自分に自信が持てるようになりましたし、自分とは違ったバックグランドを持つ人達に会ったことで自分の視野が広くなりました。

今思い返せば、新しいことに踏み出せて良かったです。なので留学を考えている方はぜひトライしてみてください!

フィリピン人講師Rueとツーショット。ご留学お疲れ様でした! 転職活動頑張ってください!

無料の留学のお見積もりはこちら

<<関連記事はこちら↓>>

留学までの流れ

サウスピークの特徴4 平均10時間の学習時間、徹底的に英語学習が出来る環境

企業が就職・就活・転職で求める英語力・TOEICスコア一覧|項目別TOEICスコアデータ(就職、就活、昇進、海外赴任など)

【半年でTOEIC 490→840】 「監獄ではなく天国でした」 英語学習だけに集中できる環境を、余すことなく満喫したKazukiさん