名前:Hiroyaさん

年齢:20代 職業:大学生

大学:同志社大学 商学部

留学期間:13週間

開始時の英語力:TOEIC390点→650(L:340,R:310) 260点UP!

【この記事のポイント】

  • TOEIC260点アップ
  • スピーキングレッスンの効果を実感
  • 発音矯正レッスンの効果を実感

高校生の頃から英語の学習方法がわからなかった。勉強嫌いを克服するためにフィリピン留学を決意

――13週間の留学お疲れ様でした! まずは今回の留学の経緯から教えていただけますか?

私は将来海外で働きたいと思っており、そのためのステップとして海外インターンをする予定です。そのインターンでは英語を使って仕事をするので、ある程度の英語力を身につけたいと思いサウスピークへの留学を決心しました。

――なぜカナダやアメリカ、オーストラリアではなく、フィリピンへ留学しようと思ったのですか?


一番の理由は費用の差です。フィリピン留学は欧米圏への留学に比べて、費用を安く抑えられます。
そのためフィリピン留学に興味を持ち、フィリピンの語学学校について情報収集しているうちにサウスピークのことを知り、新宿で開かれている説明会に足を運びました。その際にこの学校なら英語力を伸ばせそうだと感じ、その場で留学を決意しました。

留学費用について……フィリピンの語学学校への留学費用には、食費や寮費も含まれています。欧米留学ではこれらの費用が含まれていない場合がほとんどであるため、フィリピン留学に比べ2倍近くの費用がかかってしまいます。

参考記事

・フィリピン留学と欧米の語学学校の比較について

・フィリピン留学(セブ留学)は値段は安い|欧米留学より安い根拠を解説

――当校なら英語力を向上させられそうだと思った理由を教えてください。

サウスピークでは、生徒に合った学習カリキュラムが提供されるからです。勉強のしかたが明示されていれば迷うことなく学習に取り組めます。海外で働く上で困らないレベルの英語力を身につけるために、できるだけ効率よく学びたいと思っていたので、学習カリキュラムの存在はありがたかったです。

――なぜ海外で働きたいと考えているのですか?

日本で働くよりも海外で働いたほうが、多くの経験や刺激を受けられると考えたからです。それに海外の企業は日本の企業よりも実力主義なイメージがあり、そのほうが私に合っていると思います。なぜなら私は高校生の頃までテニス一筋で、実力主義であるスポーツの世界に長いこと身を置いていたからです。

――テニスに熱心に打ち込んでいたのですね。

テニスに打ち込んでいた高校時代の写真

はい。7歳の頃にテニスを始めて、高校のインターハイでベスト8まで上り詰めました。部活を引退したあとには独学で英語を学んでいたのですが、今までまともに勉強してこなかった私からすると簡単なことではありませんでした。そのため今回の留学を通して、英語のみならず勉強全般に対する苦手意識を克服したかったです。

英会話は継続が大事。毎日興味のあるトピックについて英語で話し、確かなスピーキング力を身につけた

――今回の留学では、具体的にどのような力を伸ばしたかったのですか?

一番は会話力です。やはり海外で働くからには、英語をある程度話せる必要があります。それに私は人とコミュニケーションをとることが好きなので、外国人と深い話をしたかったという点も、会話力を向上させたいと思った理由の1つです。

――実際に話す力は向上しましたか?

『1分間英語で自分のことを話してみる』を用いて日常会話で使うフレーズを繰り返し学び、英語を瞬発的に話す力を身につけます

はい、間違いなくついたと思います。
特にスピーキングレッスンを通して、英会話の場数を踏めたことが大きな要因です
このレッスンでは、教材の中から自分の好きなトピックを選んで英会話をするので、常に高いモチベーションで望めました。

――英会話ができるようになるためには、実際に話すことが効果的なのですね。

そうですね。日本ではなかなか英会話をする機会を設けられないので、留学中はとにかくたくさん英語を話そうと意識していました。

レッスン以外の時間にも積極的にフィリピン人講師と話すようにしていた結果、話す力が向上したことに加えて、英会話に対する自信がついたと思います。
英語学習はスポーツと同じで、継続と反復が大切なのだと実感しました。

――英語学習とスポーツには共通点があるのですね。

そう思います。英語学習もスポーツも自分との戦いです。私自身、サウスピークに来てから周りと比べることなく学習に励み、TOEICで目標としていた点数を取得できました。

――どのくらいTOEICの点数が向上したのですか?

レッスンの予習をしている様子。プレミアム校舎には生徒一人一人にキュービクルと呼ばれる自習室が用意されており、快適に学習ができます

最近受けたTOEICで650点でした。
留学前は390点だったので、260点も伸びました
いい結果を出せた理由は、テニスで培った忍耐力や集中力、精神力を勉強に活かし、より効率的な学習ができたからだと思います。高校時代にほとんど勉強をしていなかった私でも、目に見える形でこんなにも成長できたので、留学をして本当によかったです。

自分の発音がこれほどまでに下手だとは思わなかった。悔しさをバネに、必死で発音矯正に励んだ毎日

――留学中に思い出に残っていることはありますか?

留学を開始してから1ヶ月ほど経った頃に、スピーチコンテストに出たことが一番印象に残っています。全生徒と講師の前で3分程度のスピーチをしたのですが、終わったあとに自分が話している様子の動画を見て愕然としました。

――それはなぜですか?

あれほどまでに自分の発音が下手だとは思わなかったからです。理想と現実のギャップが大きくショックを受けました。そのことをきっかけに、もっと綺麗な発音で英語を話せるようになりたいと思い、発音矯正に意欲的に取り組みました。

――どのように発音を学ばれたのですか?

発音矯正レッスンで、音の繋がり(リンキング)を学んでいるHiroyaさん(右)とフィリピン人講師のAna(左)

発音矯正レッスンでフィリピン人講師から指摘されたミスを、復習の時間に何度も繰り返し発音することで、少しずつ正しい発音へと近づけていきました。その結果、普段の会話でも正しい発音を意識しながら話せるようになったので、やはり継続的な学習は大切です。

今まで英語の発音を学んだことがなく、それほど重要だと思っていなかったのですが、サウスピークに来てから発音の大切さを感じました。

――どうして正しい発音で英語を話すことが大切なのですか?


積極的に英会話をしようと思っても、クセが強い英語では相手になかなか伝わらないからです

フィリピン人講師と会話をする際には、私の英語を汲み取ろうとしてくれるので会話が成り立ちますが、現地の人との会話ではそうはいきません。聞き返されることが多くあり、なかなか会話が成り立たなかったことを覚えています。

――円滑なコミュニケーションをとるためにも、発音は大切なのですね。

そう思います。そして印象をよくするためにも、正しい英語の発音を身につけておくべきだと気づきました。

私は留学のあとにベトナムでインターンをするのですが、その際に英語を使った営業の仕事に携わります。営業職において第一印象をよくすることは必要不可欠なことであると思うので、やはり発音矯正はしておくべきです。

見るもの全てが刺激になったフィリピン留学。英語学習だけでなく、人生の経験にもなった

――サウスピークでの生活はいかがでしたか?

英語学習と息抜きを両立できました。サウスピークは英語学習に集中できる環境が整っていて、自分のペースで楽しみながら取り組めました。

――集中できる環境とは、どのような環境ですか?

私が滞在していたプレミアム校舎は開放感があり、外に出ればいつでもリフレッシュできました。さらに校舎内にプールがあり、そこで泳いで気分転換したこともあります。フィリピンは温暖な気候で、水遊びがとにかく気持ちいいです。

プレミアム校舎には敷地内にプールがあり、好きなときに泳げます。プールサイドには椅子と机が置かれているため、こちらで勉強している生徒もよく見られます。

プレミアム校舎には敷地内にプールがあり、好きなときに泳げます。プールサイドには椅子と机が置かれているため、こちらで勉強している生徒もよく見られます

――校舎に居ながら気分転換ができたのですね。

はい。サウスピークでは生活が全て校舎内で完結するので、敷地外へ一歩も出ることなく生活できますさらに食事提供はもちろん掃除や洗濯も全てスタッフが行ってくれるので、とても恵まれた環境で英語学習ができました。

サウスピークでは1日3食の食事提供をしています

――外出しなくても生活ができるのは快適ですね。

そうですね。ただせっかくフィリピンに来たからには観光も満喫したいと思い、休日にはいろいろなところへ出歩いていました。

――休日にはどちらへ行かれたのですか?

主にショッピングモールや観光地に行きました。その中でも特に、セブから少し離れたところにあるモアルボアルのホワイトビーチが魅力的でした。

綺麗な海を見てリフレッシュできたことに加えて、現地の子どもたちの屈託のない笑顔に触れられたことにより、心が洗われましたね。

ビーチで現地の子どもたちと遊んでいる様子。みんな笑顔が素敵です

――素敵な写真ですね。

ありがとうございます。子どもとはいえ彼らは英語を上手に話せるので、息抜きと同時に英語の勉強にもなりました。このような綺麗なビーチを訪れて写真を撮れることも、リゾート地であるセブ島留学の魅力だと思います。

――ホワイトビーチのほかにも観光されましたか?

セブ内のいろいろなところを散策して、写真や動画をたくさん撮りました。私は動画作成が趣味で、そのときの様子を1本の動画にまとめてみました。

――フィリピンの魅力が詰まっている動画ですね。

はい。フィリピンは思っていた以上に魅力的な国で、充実した留学にできました。

今回の留学を通して英語力が向上したことはもちろん勉強に対する苦手意識も克服できたので、今後も英語学習を継続してベトナムでのインターンをより有意義なものにしたいです。

――お疲れさまでした! ベトナムに行っても頑張ってください。