Hoshiさん ゴールデンウィーク1週間のフィリピン短期留学

名前: Hoshiさん
年齢、職業: 28歳 会社員
期間: 1週間
留学開始時点の英語力 : TOEIC550点

Hoshiさん

フィリピン留学の動機

私は日系企業で務めていますが、オフショアで中国人や韓国人と働く機会が増えています。日本語のできる中国人、韓国人とも仕事をしていますが、コミュニケーションをより円滑にすることと日本語を話せない外国人とも仕事ができるようになるため英語の学習をしています。

フィリピン留学では、格安でマンツーマンの英会話レッスンが学べると知ったため、GWを利用して2週間のフィリピン留学に来ることを決めました。

サウスピークを選んだきっかけ

実は、サウスピークに行く前に別の語学学校に通っていました。ただ、その学校はアウトプット中心の学校であり、英語力がまだ十分ではない自分としては、基礎ができていないまま間違った英語の対話だけを楽しむようになってしまうのではないかと不安になっていました。

そんな時に、「インプットしていないのにアウトプットができることはない」というサウスピークの考え方を知り興味を持ちました。カリキュラムをみているとサウスピークでは日本で自分が使っている参考書がテキストとして使われていると分かり、ますます興味を持ち転校して入学することにしました。

留学中の学習面の進歩

サウスピークでの生活はわずか1週間と大変短いものでしたが、英語の発音が良くなったと思います。発音の参考書も日本語で書かれた参考書であったため非常に分かりやすく、口や舌の動かし方など、一から理解することが出来ました。

サウスピーク 良かった点

サウスピークの良かった点は三点あります。一つ目は、インプット学習とアウトプット学習が同時に学べるカリキュラムだということです。英語の基礎がまだしかっりしていない私には重要でした。

二つ目は、日本語の参考書が使えるということです。日本語で書かれたテキストは当然日本人のために書かれているため、効率的に勉強ができました。日本語のテキストが利用できるという点はサウスピークの良い点だと思います。

三つ目は、サウスピークでは、生徒の意識がすごい高いということです。フィリピン留学に来ている学生は遊んでいる人も多いですが、サウスピークではみんな自 習をしていて驚きました。また、昼食の時間や自由時間にも先生だけでなく、生徒同士がお互いに協力して勉強を教え合うのも良かったです。多くの人が同じテキストブックを使っているので、お互いに英語学習の話が出来ました。

サウスピーク 改善希望点

食事がすべてフィリピン料理だったため、日本食が食べたくなることがありました。たまに日本食がでると良いと思います。また、予想の範囲内でしたが学内があまり綺麗ではなかったです

これから来る人へ

フィリピン留学はアウトプット中心の学校が多いですが、英語力の基礎がまだ確立していない人であれば、インプットとアウトプットが同時に学べるサウスピークはおすすめの学校だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」