1週間の短期留学、「発音矯正」に絞って学習し、成果を感じたK.Oさん

サウスピーク講師陣

名前 : K.Oさん
職業、年齢 : 会社員(金融機関勤務)、30代以上男性
留学期間 : 1週間
開始時の英語力 : TOEIC650点

 

 

フィリピン留学の経緯

元々英語ができるようにはなりたかったのですが、必要性には駆られてはいませんでした。最近ある金融機関に出向し、英語を使う機会が増えました。特に英文メールでの問い合わせに対する回答、海外支店に対して書類を英語でも解説する機会が有ります。

そこで痛感したのは、わからない表現を調べることはWeb検索でどうにかはなるけれど、それにはとても時間がかかるということでした。ですので、元々今回は英文メールのライティングを習得することと、趣味として英語をもっと話せるようになりたいと当初は考えていました。

ただ、1週間という期間は何かを得るには短すぎます。であれば、評判の良い発音矯正レッスンを受けるのが、自分自身の中長期の英語学習において最も効果的だと考えたので、発音矯正に絞って学習をすることに決めました。

 

1週間の留学を振り返ってみて

 

発音矯正レッスン

上述の通り、留学期間は1週間という短い期間だったので、発音矯正に重きを置いた留学生活をしていました。

気をつけていた点としては、レッスンの内容を録音させてもらったことです。この録音を聞き返しながら復習していました。効率は悪く思えますが、授業の再現性があるため、効果は高いように思いました。この録音を聞き返すことで、レッスン中にフィリピン人講師から間違っていると指摘された発音は、やはり明らかに違うことが分かりました。できない発音を意図的に重点的に復習できるので、録音学習の効果は高かったです。

発音を間違える単語は、レッスンで指摘されても間違え続けてしまい、すぐには修正できませんでした。その音に固執し続けると、先に進めないこともあったので、少し時間がもったいなかったかもしれません。

途中で、コツを掴めばすぐできるレベルの音だけを先に網羅的にやるのもありかなと気づきました。そして、難しい発音は日本に持ち帰って特訓しようと思います。フィリピン人講師の正しい発音は録音しているので、この録音を使ってひたすら自分の発音と照らし合わせます。

また、レッスン中には舌の動きを書いてもらったりしていました。音節ごとに舌の図を作成してもらいました。特に口と舌の動きを書いて貰えたのはありがたかったです。人生で初めて口内図や舌の動きの遷移を見たのですが、衝撃的でした。

英語学部出身のYaniss講師です。発音記号を使って発音矯正を指導できます。

英語学部出身のYaniss講師です。発音記号を使って発音矯正を指導できます。

 

結局、日本の今までの英語教育ってなんだったんだと思いました。中学・高校あたりで発音矯正レッスンの授業が導入されるべきだと本気で思います。

ほんの僅かな違いで “again! “(今の発音はやりなおし)、もしくは “OK!” (今の発音は良かった) と言われました。その小さな違いを判断するのがとても難しかったです。良いと言われたときの発音の再現性を頭で理解して、体に落とし込めたら良かったなと思いました。

結果として、こう発音すれば良いんだというものが結構あったので、単語レベルでは発音できるようになりました。後は日本でスピーキングレベル、文章レベルで発音を再現できる特訓をします。

 

学習の進捗

 

◆発音矯正クラス(Pronunciation)

  1. フォニックス“発音”トレーニングBook
    ⇒上記の通り。

 

◆英文音読&英作文クラス(Reading&Writing)

  1. 速読速聴・英単語TOEIC(R) TEST STANDARD 1800

 

⇒発音・アクセント・イントネーション・ポージングについて指摘されていました。1週間で発音矯正の特訓をしたい人は、マンツーマンレッスンを全て発音矯正にしてもいいのかなと思います。

一度発音を学んでしまえば、日本で独学でも音読学習できますので。

 

◆グループレッスン
⇒自分の知っている単語をぱっと出すという回路ができていないことを痛感しました。文章で見て読めることと、自分自身がその知っている英語表現を使いこなせるかどうかは全く別物だということが分かりました。

 

これから留学される方へ

1週間という短い期間では、やれることは限られています。

目的を絞って明確化してから来た方が高い効果が得られると思います。

今回私は1週間の留学で発音矯正を行うことが出来たので、結果として成果を感じられて良かったです。

 

インタビューした人 @kanchan_r
この記事を編集した人 @HAL_J

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

神農 亮

海外就職アドバイザー。インドネシアでの勤務経験を生かし、海外就職・海外転職対策講座にて海外就職のサポートを行っています。海外就職をメイントピックにした個人ブログ Keep Rockin’!BRO を運営中です。Twitter IDは@kanchan_r