Kさん 発音を鍛えるために夏期休暇を利用して2週間の留学

名前:Kさん
年齢 30代、会社員
留学期間 : 2週間
開始時の英語力 : TOEIC 610点

Kさん

フィリピン留学のきっかけ

私は日本でPR会社のマネージメントをしています。英語の勉強に関してはこれまで何度かチャレンジしてきたのですが、2ヶ月以上は続いたことがありませんでした。参考書を買って読み始めてはやめて、また参考書を買ってみるということを何度か繰り返してきました。今年の初めから、「TOEIC730点を先ず目指す」という目標を持って勉強し始めたのですが、目標が明確になったためか今回は半年以上続けられています。

英語の必要性としてはまだそれほど高くはないのですが、仕事でも海外からの問い合わせが徐々に増えていると感じています。外資系のクライアントからの問い合わせがあり、そのやり取りをする上で英語が出来た方が良いと考えています。また、今後の自分のキャリアを考えた時に、英語ができた方が有利なので勉強を続けたいと考えています。

フィリピン留学に関しては昨年10月に友人に教えてもらいました。他社の説明会に参加して行ってみたいなと思いました。ただ、そこの学校は、「教材が自由」ということを言っていたので、実際カリキュラムは大丈夫なのかなと気になっていました。

今年の2月にサウスピークの説明会を聞いてカリキュラムがしっかりしているなと感じ、ここなら大丈夫だなと思ったのでいつか時間をとって留学しようと思いました。

その後、上述したようにTOEIC基軸にするように勉強し始めたのですが、リスニングの点数が上がらなくなったため、正しい発音を身につければ、もっと点数を上げることができるだろうと考えて短期のカリキュラムで発音を中心に鍛えようと思い、サウスピークに留学することを決めました。

もともと、もっと時間の取れる時に長期で行こうと考えていたのですが、今回は夏休みと社内制度を利用して2週間で来ることに決めました。

学習の進捗

留学期間中は1日11時間勉強ができました。自分の目標通りに勉強できたと思います。
私の目標は発音を改善することで、結果としてリスニング力を上げることだったのでサウスピーク滞在中は発音を中心に勉強しました。発音の参考書を2冊終わらせることができました。発音はやはり、一人では勉強できないなと思いました。日本でもフォニックスは自分でやっていましたが、講師に指摘されて分かるようになった部分が多かったです。また[v]と[f]の音など自分のが苦手なところが分かったことが大きな収穫でした。

サウスピークの良かった点

勉強できる環境があるというのがなにより一番良いと思いました。周りの人が全員勉強しているという環境、勉強して恥ずかしくない、変ではないという雰囲気がいいと思います。

また、フィリピン人の講師が明るくて会話や質問がしやすかったのが良かったです。講師のスケジュールが入っていない時に質問ができるのも良いと思いました。

サウスピークの改善希望点

スピーキングの勉強をできるスペースがもう少し多いと良いと思います。

>>今後スペースの拡張をすすめていきます。

これから来る方へのアドバイス

話すことに慣れるために、スカイプ英会話を受けてから来た方が良いと思います。また、短期の人は語彙を事前にインプットしてくる方が学習効果が高くなると思うのでおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

丸山 要平

筑波大学国際総合学類を卒業後、すぐにフィリピンでオンライン英会話を起業。2013年からサウスピークの現地責任者として勤務。セブでは5年以上生活をしているため、現地の情報に明るい。