金子直矢さん 北米留学の準備として8週間の語学留学

名前:金子直矢さん
年齢、職業:20代、スポーツトレーナー
留学期間:8週間
開始時の英語力:TOEIC320点

金子さん

フィリピン留学のきっかけ

私はスポーツトレーナーとして5年ほど働いてたのですが、北米の大学に進学して最先端の研究についても学びたいとと思い昨年仕事を退職をしました。元同僚がカナダでトレーナーとして働いているので、まずは留学前にそちらで勉強しようと考えています。ただし、英語に自信がなかったので少し英語の勉強してからカナダに行こうと思いました。

また、将来のことを考えると日本以外のアジアの国がどのような食文化や健康に関する認識を持っているのかも知りたかったので、英語を学ぶついでにフィリピンのことも知れたら良いなと思いフィリピン留学に行くことにしました。

留学中の学習の進捗

サウスピークでの滞在中は毎日12、3時間くらい集中して勉強ができました。持ってきた参考書は全て終えて、2、3周することができました。

発音のレッスンではいろいろと気付く点が多かったです。一人で勉強していては気付かない点も講師が指摘してくれました。自分の苦手な音が分かるようになったので、英語を話す時は苦手な音の発音に気をつけるように心がけています。

インプットがしっかりできたので、語彙が増えました。まだまだ使いこなすレベルではないですが、知識としてはかなり増えました。

サウスピークのよかった点

サウスピークで良かった点は朝起きて10秒後には英語の勉強ができる環境です。周りの人が全員英語の学習をしているので感化されて自分も英語の勉強に集中できました。

生活面では、生徒からの要望があがったときにスタッフが素早く対応してくれたのが良かったです。日本人スタッフがいるので、生活しやすいと思います。

あとは、カリキュラムが優れていると思いました。自習時間がないとマンツーマンの意味がないというのは本当だと思います。カリキュラムをしっかり組んでもらったし、また英語の学習方法についても教えてもらえましたので、今後カナダに行ってからもどのように勉強をすれば良いのか分かるようになりました。その点も、サウスピークに留学して良かった点です。

サウスピークの改善希望点

教科書の在庫を置いて欲しい

>>日本語の教科書を使っているため、フィリピンで購入できないのですが、今後ストックをおくようにしたいと思います。

これから来る方へのアドバイス

講師や生徒に英語で自己紹介することが何かとあるので、自分について話せることは大事だなと思いました。人と話す時のきっかけとなるので、自分の紹介について少し考えてくると良いかもしれません。あと、せっかくの留学を無駄にしないために滞在中は体調を気をつけるようにしたほうが良いと思います。

サウスピーク留学後

サウスピーク留学から1年後に金子さんに再度インタビューさせていただきました。金子さんはサウスピークに留学してからカナダにワーキングホリデーに行き、働きながらトレーナーの勉強をされました。

サウスピークで学んだ中で発音が一番現地で役に立ったと言っていました。ネイティブの英語が速く、リスニングに苦戦することもあったようですが、自分の伝えたいことは発音を意識して話すと伝わったのでかなり助かったようです。

帰国後の金子さん。現在は英語でスポーツトレーニングに関する文献を読んだり、外国人の顧客を相手にして仕事をしています。

帰国後の金子さん。現在は英語でスポーツトレーニングに関する文献を読んだり、外国人の顧客を相手にして仕事をしています。

カナダでも時折、サウスピークで利用した参考書を使いながら英語の勉強を続けました。現在は、英語で書かれているトレーナー関係の文献を読みながら、自分のスポーツトレーナーの仕事にも役立てているようです。

「自分はかなり低いレベルから英語を始めたので、最初にサウスピークのような真面目な学校に選んだのがよかったと思う」との感想を頂きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

丸山 要平

筑波大学国際総合学類を卒業後、すぐにフィリピンでオンライン英会話を起業。2013年からサウスピークの現地責任者として勤務。セブでは5年以上生活をしているため、現地の情報に明るい。