名前:Kazukiさん

年齢 職業:20代 社会人

留学期間:半年

開始時の英語力:TOEIC490点→840点(L:435,R:405) 325点UP!

はじめに 〜半年のフィリピン留学で得られた成果〜

① TOEIC 325点UP!

② 英単語と英文法の基礎が身について、スピーキング力UP!

③ 英語らしい発音が身について、リスニング力UP!

転職に備えて、TOEICで高得点が必要。友人からの勧めでフィリピン留学を決意

――半年の留学お疲れさまでした! まずは今回の留学の経緯をお聞かせください。

私は留学前まで、医療関係の企業に勤めていました。ステップアップのために転職を考えた際に、TOEICの点数が高いほうが有利だと考え、TOEIC 900点の取得を目標に、サウスピークへの留学を決めました。

――フィリピン、サウスピークへの留学を決意した理由を教えてください。

やはり費用の違いが大きいです。留学の中でもフィリピン留学は特に、低費用で実現可能です。それにフィリピンの語学学校は、マンツーマンレッスンを取り入れている学校が多いので、自分のペースに合わせた効率的な学習ができます。

サウスピークを選んだ理由は、大学時代の友人がこの学校に留学経験があり、十分な成果を納めたからです。そのためこの学校であれば私も目に見える結果を出せるだろうと思い、インターネットで情報収集しました。

情報を集めたあと、サウスピークの説明会へ参加して留学をする気持ちが固まりました。

※留学費用について……フィリピンの語学学校への留学費用には、食費や寮費も含まれています。欧米留学ではこれらの費用が含まれていない場合がほとんどであるため、フィリピン留学に比べ2倍近くの費用がかかってしまいます。

――コストパフォーマンスの高い留学をしたかったのですね。実際に留学してみて、学習環境はいかがでしたか?

今回インタビューにご協力してくださったKazukiさん

想像以上に英語学習に適した環境でした。確かにほかの語学学校と比べて厳しい学校であることは間違いありませんが、英語学習に集中したい人にとってはうってつけの学校だと思います。

この環境を、冗談で「監獄」と表現している人もいるようですが、ストイックに学習に取り組み成果を出すことにこだわっていた私にとって、サウスピークは監獄ではなく天国でした。

以下、サウスピークを監獄と表現している人たちのツイート

――天国とは面白い表現ですね。その天国で、目標としていたTOEIC 900点は達成できましたか?

惜しくも達成できませんでした。しかし直近のTOEIC試験で840点を取ることができたので、もう少しで目標に到達できると思います。日本に帰ってからも継続的に学習し、着実に点数を伸ばしていくつもりです。

――800点を超えたのですね! 留学当初のTOEICの点数はいくつでしたか?

490点でした。サウスピークでの留学を通して300点以上点数が伸びたので、成果としては十分だと思います。

――帰国後すぐに転職活動をされるおつもりですか?

そのつもりです。以前から海外での仕事や外国人を相手にした仕事に興味があるので、そのような職に就けるように頑張りたいと思っています。

自習と4技能レッスン(4S)の反復により、瞬間的に英語が出てくるようになった

――TOEIC 900点を取ること意外に、なにか目標はありましたか?

英語のスピーキング力を向上させたかったです。海外で働いたり、外国人を相手にした仕事をするためには、最低限の英会話ができる必要があります。

――スピーキング力は伸びましたか?

4技能レッスンで英文法や単語の基礎を学んでいるKazukiさん(左)とフィリピン人講師のIrish(右)

はい。特に4技能レッスンを通して着実に身についたと思います。このレッスンに備えて1日に3時間前後を予習と復習に割く必要があり、英単語と文法の基礎を徹底的に叩き込みました。

そして、自習の時間に学んだことをレッスンで使うことにより、記憶の定着に結びつきました。基礎がなければ英会話はままならないので、ある程度の基礎を身につけることは必須です。

TOEICの点数が大きく上がった理由も、4技能レッスンを受けたことによって、英語の基礎が身についたからだと思います。

※4技能(4S)レッスン……英語の4技能(Reading, Listening, Writing, Speaking)の全てを伸ばすためのレッスン。このレッスンにより、サウスピークでは3ヶ月でTOEICの点数を200点、300点も上げることが可能です。

『TOEICテスト出る語句1800+』を用いてリスニングと音読学習を繰り返し行い、英文法と英単語を効率的に身につけます

――TOEICの点数を向上させるためには、英語の基礎力が必要なのですね。

そう思います。それに加えて、定期的に受けていたTOEICの結果により自分の弱点が明確になり、自習の時間にその弱点を克服するための学習ができた点も、点数が伸びた理由の1つです。

フィリピン訛りなんて感じなかった。質の高い講師と考え抜かれたレッスン内容

――TOEICやスピーキング力以外にも、成長を実感されたことはありますか?

英語らしい発音をするために、舌の位置を教わっているKazukiさん(右)とフィリピン人講師のEzro(左)

発音矯正レッスンを受けて、発音の向上を感じました。フィリピン人の話す英語は訛りが強く聴き取るのが難しいと聞いていましたが、サウスピークの講師に限っていえば、全くそんなことはありませんでした。

彼らは、リスニング教材の音源と比較しても遜色ないくらい、綺麗な英語を話します。そのような質が高い講師から発音を学べて、効率よく発音矯正ができました。

フィリピンは英語のクセが強い国だからと敬遠されがちですが、気にせず留学して問題ないと思います。

『フォニックス<発音>トレーニングBOOK』を用いて、英単語の正しい発音を学びます。フィリピン人講師による書き込みがたくさんあります

――講師以外が話す英語に訛りはありましたか?

はい。ショッピングモールの店員や、タクシードライバーなど、校舎を一歩出れば訛りのある英語が聞こえてきました。

しかしその英語を全く聴き取れないわけではなく、ある程度は理解できるようになったので、発音に加えてリスニング力も向上したと思います。

――リスニング力の向上にも繋がったのですね。やはり正しい発音の習得は重要だと思いますか?

そう思います。正しい発音が身についていなければ、相手に意味が伝わらなかったり、間違った意味で伝わってしまうことがあるからです。

そのため英語で円滑なコミュニケーションを取るためには、発音に磨きをかけておく必要があります。サウスピークではそのための基礎を、優秀なフィリピン人講師から効率よく学べました。

――効率よく英語を学べた理由を教えてください。

学習カリキュラムの存在が大きかったです。この学習カリキュラムには、レッスン内容や自習時間にしなければならないことが、すべてまとめられています。

そのため英語の学習方法がわからない初級レベルの生徒にとっても、学習カリキュラムがあれば迷うことなく英語学習に臨めると思います。

ほかの生徒との交流を通して、英語学習の意欲が湧いた

――サウスピークの学習環境はいかがでしたか?

冒頭でも話した通り、天国といっていいほど、英語学習に適した環境でした。本気留学の名に恥じないほど、まじめに英語学習に取り組んでいる生徒が多かったです。

常にどこかしらで勉強している人がいるこの環境でなければ、ここまで長時間も集中してできなかったと思います。

――1日の学習時間はどのくらいでしたか?

平均して10時間以上は勉強していましたね。起きている時間のほとんどを英語学習に費やしていました。

――長時間の学習は大変ではありませんでしたか?

確かに大変でした。しかし、周りにモチベーションの高い生徒が多かったので、彼らから刺激を受けて密度の濃い時間を過ごせました。

それに休日にはビーチやダイビングに出かけたり、ほかの生徒との談話を楽しんでいたりして、英語学習と息抜きをバランス良くできました。

セブ島はリゾート地なので、観光面から見てもおすすめできる場所です。

有名なビーチリゾート地であるボホール島にて。留学中のほかの生徒とともに、楽しんでいる様子が伝わってきます

フィリピン、セブ島には青く透き通った海が数多くあります。まさに天国です

このようなパフォーマンスも楽しめます

定番の記念写真です

――楽しそうな写真ですね! 最後に、サウスピークでの留学を考えている方に向けたメッセージをお願いします。

サウスピークは英語学習にとても集中できる環境です。そのような優れた環境が提供されていて、高効率の学習ができるので、やる気があれば伸びる語学学校だと思います。

せっかく高いお金を払って留学に来るからには、目標とモチベーションを見失わずに頑張ってください。

卒業式にて。今後の転職活動に向けてのやる気がうかがえるKazukiさん(左)とフィリピン人講師のIrish(右)

――ありがとうございました! Kazukiさんの今後のご活躍をお祈りしています。

関連記事

・海外の案件に関わるためTOEIC400点から770点までアップ。英語漬けの環境で英語が口を衝いて出るようになったYasuさん

・TOEIC180点から620点までアップ!1632時間の英語学習を通じて、Shoさんが「勉強する方法」を体得した瞬間とは?

*半年間の留学がぴったり100万円で行えるお得なプランがあります!

one-million