「頑張る理由がある人は強い」海外就職への強い動機を胸に、13週間の留学でTOEICを375点向上させたKimieさん

Kimie2

?名前 : Kimieさん
職業、年齢 : 転職活動中、20代、女性
留学期間 : 13週間
開始時の英語力 : TOEIC400点(L235 :R165 )⇒TOEIC775点(L410 :R 365)到達!375点アップ↑

 

海外で暮らすことを夢見て、英語学習を始めた

-なぜ今回改めて英語学習を本格的に行おうと思ったか、理由を教えて下さい。

私は今まで8年程度作業療法士という、高齢者の方々にリハビリテーションを提供する仕事をしていました。一方で、海外で暮らし働いてみたいという夢も持っていました。

作業療法士は職業としてはとても安定していて、常に人材不足なのでいつ辞めても戻ってこれるし、給料もそんなに悪くないです。しかし、「このままこの仕事を国内で続けていると、安定に胡座をかいてしまい、いつまで経っても海外で暮らすことなんてできないのだろう」と考えていました。そんなときに、その当時働いていた職場が人員補充されたんです。自分が辞めても職場が回る状態になり、「そろそろ行動する時期なのかもしれない」と感じ、退職することにしました。

ただ、海外で暮らすということは、海外で働くということですし、そのためには英語ができないと話になりません。留学して短期集中的に英語力を上げてしまおうと考えました。ちょうど去年の元旦の朝日新聞にフィリピン留学の記事が掲載されており、留学費用も安価に抑えられるということで、初めてフィリピン留学を検討し始めることにしました。

サウスピークは、フィリピン語学学校比較サイトで見つけました。サウスピークのWebサイトをよく読んでみたところ、書かれていることに非常に納得がいったので、留学を決めました。

 

「正しい方法で努力する」ということ

-13週間の留学でTOEIC320点という爆発的な成果を上げられましたが、その秘訣はなんでしょうか?

有り難いことに、今回満足のいく成果が上がりましたが、その秘訣は「正しい方法で努力したこと」なのだと考えています。

「お金を払っているのだから、満足いく成果を上げよう」と誰もが考えているでしょう。そのためには、目標までできる限り最短距離で向かう必要があります。迷わずに最短距離で到達するためには、「正しい方法で努力する」ことが必要です。

Kimie3

KImieさんが節目ごとに読み返した、学習オリエンテーション資料

 

サウスピークの良いところは、その正しい方法が入学前から提示されていることです。学習オリエンテーション資料には、正しい音読のやり方、リスニングのやり方が書いてあります。それこそ、何回やるべきなのかというレベルで書いてあります。

また、留学体験談には過去に実際に成果を上げた卒業生のことが書いてあります。実際に資料に書かれていることをどういう風にやったのか、どういうことを心がけたのか、成功者のエッセンスが凝縮されています。

サウスピークの学習カリキュラム、オリエンテーション資料、留学体験談は今までの多くの卒業生が歩んできた、黄金の道です。この道をきちんと歩んでいけば、多くの人は同じように成果を出すことができます。幸いにも、私も同じ道を歩み、成果を出すことができました。

日本でひとりで勉強しようと思うと、参考書選びから、勉強法まで、何が一番良いのか迷ってしまいます。この時間を取り払い、目標まで最短距離で行く下地を提供してもらえることが、サウスピークに留学する大きなメリットだと思います。

 

「頑張る理由」がある人は強い

-どうやればいいのか分かっていても、実際にその通りに努力できない人も中にはいます。Kimieさんが思う、「努力をするために大事なこと」とは、なんでしょうか?

はい、確かにやり方を知っていても、努力できないこともあるでしょう。

息抜きにリゾートへ出掛けても、音読を続けたKimieさん。

息抜きにリゾートへ出掛けても、音読を続けたKimieさん。

私が最も大事だと思うことは、「自分と向き合う」ことです。なぜ自分は今このタイミングで英語を勉強しなければならないのか、なぜお金を払ってセブというリゾート地に行ってまで、1日10時間の勉強をしなければならないのか(笑)。留学前に、自分の動機ととことん向き合うことが重要です。

勿論、英語学習を行うのは、他の誰のためでもなく、自分のためです。私も、海外で暮らすという、自分の目標のためだけに努力しています。私がTOEIC720点取れたところで、誰も喜んでくれません。

なぜ英語を勉強しなければならないのか、なぜ目標を達成しなければならないのか、が腹落ちしていれば、迷いなく勉強に集中できます。裏を返せば、どの動機付けが甘ければ、怠けてしまったり、だらけてしまったり、成果が出ないことを環境や他人のせいにしてしまいます。

同時期に留学されていて成果を出された方々を見ていると、皆さん強い動機づけの元、英語学習を行っていました。やはり、頑張る理由がある人は強いです。

 

英語というコミュニケーションツールを使い、色んな人と意見交換をしたい

-勿論、海外で暮らすことが英語学習の目的ではあると思いますが、英語ができるようになることで、他にも期待していることはありますか?

サウスピークでは、様々な背景を持つ人達と出会いました。私が海外就職をしたいと話すと、南米で就職活動をしたことがある人や、カナダへワーキングホリーデーに行くことを予定している人にも、お話を伺うことが出来ました。

様々な背景を持つ生徒と談笑するKimieさん。

様々な背景を持つ生徒と談笑するKimieさん。

そういった、自分と全く違う背景を持つ方々とグループレッスンで英語を使って意見交換をすると、とても興味深かったです。英語とは、「自分と違う背景を持つ人と話すための手段」なのだなと思いました。

きっと違う国に行けば、その国に住み生きる人と話し、こうして意見交換することになるのでしょう。英語ができるようになって、もっと色々な国の、色々な人の話が聞きたいです。

 

以上で、Kimieさんのインタビューは終わりです。下記、Kimieさんが13週間で実際に使用した教材を掲載します。

◆学習計画表

見本月間学習計画見本週間学習計画

↑Kimieさんが使用した学習計画表(月間と週間に分かれています)

この学習計画表を使って、学習オリエンテーション資料でも指示されている、学習計画をきちんと運用していました。Kimieさんいわく、「サウスピークは既になにをやれば英語力が伸びるのかをきっちり提示してくれているので、後はそれを実際にやりきれるかどうかが大切。私は学習計画表を使うことで、サウスピークから提示してもらったカリキュラムをやりきることができました。」とのことでした。

この学習計画表を運用することで、きちんと計画を立てて日々の学習内容に迷いがなく、勉強に集中できたそうです。サウスピークでもKimieさんの学習計画表の運用方法が英語学習の効率化に非常に適していると判断したため、生徒全員に学習計画表を配布し、学習計画表の作成についてのオリエンテーションを実施して、学習計画表を使ってもらうことになりました。

 

◆発音矯正クラス(Pronunciation)
フォニックス“発音”トレーニングBook
英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる
<フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本

◆英文音読&英作文レッスン(Reading&Writing)
TOEICテスト 公式問題で学ぶボキャブラリー
TOEICテスト公式プラクティス リスニング編
TOEIC TEST リスニングの鉄則
速読速聴・英単語TOEIC(R) TEST STANDARD 1800

◆TOEIC対策
1日1分レッスン! 新TOEIC TEST千本ノック!
1日1分レッスン!新TOEIC TEST千本ノック!7
新TOEICテスト 1週間でやりとげるリーディング
TOEICテスト新公式問題集〈Vol.2〉
TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉
・TOEIC試験がある週は、月曜日から金曜日まで、新公式問題集を何度も解き続けました。問題慣れという意味でも、点数upに繋がったと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

神農 亮

海外就職アドバイザー。インドネシアでの勤務経験を生かし、海外就職・海外転職対策講座にて海外就職のサポートを行っています。海外就職をメイントピックにした個人ブログ Keep Rockin’!BRO を運営中です。Twitter IDは@kanchan_r