藤川真穂さん バックパッカーで英語をもっと活用できるようにサウスピークへ留学

名前:藤川真穂さん
開始時のTOEIC:390点
年齢、職業:30代、ナレーター、MC、ラジオパーソナリティ
留学期間:1週間

藤川真穂さん

趣味のバックパッカーをより楽しむため英語を学びにきました

私はナレーターやMCの仕事をしています。バックパッカーが趣味で今まで、30カ国以上に行ってきましたが、もう少し英語が上手くなれば海外を回る際や外国人の友達と話す際のももっと楽しくなるなと思っています。数年前にもバックパックで東南アジアに行った際に、一時フランス人と一緒に行動していましたのですが、2、3日一緒にいるとだんだん深い会話をするようになり、英語がスムーズに話せないので相手がいっていることが分からず、少し辛くなってくるという経験をしました。

英語の勉強に関しては独学で、ラジオやテレビの英語番組聞いていました。また、2ヶ月に1度くらい英会話サークルにも行っていました。そこは、大人の基礎英会話という感じのものです。英語を忘れないようにしようという感じで意識を向けるのには役立っています。

自分の周りで今年に入ってからフィリピン留学に行った人が3人もいるので、フィリピン留学に行ってみたいなと思っていていました。また今年、別件でマニラに行ったので、フィリピン自体に意識が向いてました。そんな時に信頼できる友達がサウスピークに留学に行ったので、話を聞いてみると良さそうだったので行ってみたいなと思いました。その他の学校についても他の友達に聞いてみましたが、勉強というよりは遊学っぽいなと思っていたので、サウスピークに決めました。また、サウスピークの学長の柴田さんの本を読んで、こういう考え方で学校を作っているなら良いなと思いました。

サウスピークでの学習の進捗

1日10時間くらい勉強ができました。

一番衝撃的だったのは、自分の発音がこんなに間違っていたのかということに気付いたことです。[year] と[ear]の違いや自分の発音の癖などの間違いに気付くことができました。発音に関しては、独学では限界があるなということに気付きました。また、宿題で自分で英作文を作る機会が多くありましたが、文法が間違っているということに気付きました。文法をやり直そうと思うきっかけになりました。

サウスピークの良かった点

良い意味で流されて勉強できる環境でした。生徒のみんなが、朝5時半に起きて朝食前に勉強しているような環境だったので、刺激されて勉強ができました。周りに意識が高い人が多いというのはすごく良いと思います。勉強しない方が浮く環境でした。また、みんなで一緒に勉強しながら、一緒にご飯を食べたりするのが、同じ釜のめしを食べるというか、合宿のような感じで楽しかったです。

自習室は個室のキュービクルが使い勝手がよかったです。声も出せるし、コンセントもあるし、きれいで良かったです。また、フィリピン人の講師が、若いのにしっかりしていて感心しました。

サウスピークの改善希望点

夜ご飯の時にもスープとお茶があれば良いなと思いました。

>>ありがとうございます。食事面も皆さんの要望を取り入れて改善していきます。

今後サウスピークに来る人へひとこと

サウスピークは来たいな思っているのなら絶対来た方が良いです。過去と他人は変えられないですが、自分と未来は変えられます。自分を変える手段としてサウスピークにくるのは良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

丸山 要平

筑波大学国際総合学類を卒業後、すぐにフィリピンでオンライン英会話を起業。2013年からサウスピークの現地責任者として勤務。セブでは5年以上生活をしているため、現地の情報に明るい。