日本人スタッフのMihoさんと共に写真を撮るMidoriさん(写真右)

Midoriさん
職業/年齢 32歳 転職活動中
留学期間 13週間
英語力 TOEIC870点(L430,R440)までアップ!

夫が海外で働くことを考え始めたので、それを機に英語を学ぶことを決意


こんにちは、サウスピーク日本語禁止校舎の日本人スタッフMihoです。早速ですが、サウスピークにきた理由を教えてもらってもいいですか?


夫がこれまで外資系不動産業界で働いていて、今後は海外の案件にも携われるようになりたいらしいんです。そこで、いま2人で少しづつ海外に住むことを視野に入れて動き始めました。


なるほど、海外で生活するには当然英語が必要になってくるからということですね。


そうです、夫と二人で英語を勉強しようと英語学習に取り組み始めたんです。それで、退職後次の会社で働き始めるまでに期間があるので、その間に英語を集中して勉強するためにどこか良い場所がないかと探していたんです。


そんな時に、ウェブサイトで周りの生徒全員が真面目に勉強していると評判の「サウスピーク」を見つけたんです。そこで、夫婦2人でサウスピーク・プレミアム校での留学を決めました。

(※サウスピークでは夫婦での留学も可能です)

大学受験以降、英語から逃げ続けてきた過去からの脱却


そうなんですね。サウスピークで合計13週間留学されていたそうですが、英語力の向上は実感されてますか。


最も実感したのはディベートコンテストに参加したときでしょうか。その時、しっかりと話せたときは嬉しかったです

13週間後、英語で討論をおこなっている時のMidoriさん


すごい!


あと、この前『プラダを着た悪魔』という映画を見た際にも、映画の内容が以前よりも理解できるようになっていました。こういうのも成長の実感ですね。


映画で登場人物が話している英語を、聞き取ることができたということでしょうか?


さすがに全部聞き取れるわけはないんですけど、以前よりは聞き取れるようになったと思いますね。サウスピークで勉強した英単語とかも出てきたので、それを聞いた時は、お!聞き取れるようになってる!と実感できましたね。


以前はどれくらいできなかったんですか?


そうですね。大学受験がおわってから、英語が苦手だったんで英語から逃げ続けてきたんですそもそも話す機会すら作ろうとも思わないくらいでした。


英語お嫌いだったんですか?


そうだったんですけど、サウスピークでの学習を通して、英語嫌いも治りましたね。


おお、すごいですね。

英語が好きではない人でも、モチベーションが維持しやすい様に作られたかカリキュラム


英語嫌いが治ったとのことですが、サウスピークのどのような点がよかったですか?


特に良かったと実感しているのは細かいところまで指定されたカリキュラムでしょうか。大学受験以降、英語学習からかなり長い期間離れていましたし、大学受験の際も学校の教科書に書いてある内容をただひたすら覚えるということに終始した勉強法だったんです。


そういう勉強の仕方だと、続かないですし面白くないですよね。


そうなんですよ!こんな勉強法だったので、大学入学後は英語の勉強のしかたがわからなかったですし、英語の勉強をする楽しさが全然わからなかったんですよね


でも、サウスピークではこの参考書を何週間でやって、この参考書の次はこの参考書と、何から何まですべてが指定されていたんです。


やっぱり次に取り組むべきことはなにか、などしっかり説明されていることで、英語の勉強から逃げることなく、しっかり向き合って勉強できました。


どのようなものが指定されていてよかったですか?


特に4s Lessonの授業教材ですね。特にお気に入りだったのは4s Lessonで使っていた教材の「出る語句1800」という教材です。


この参考書の内容は物語形式で単語が覚えられる様になっていて、続きが気になってサクサク進められたんです。


どんなストーリーだったんですか?


例えば主人公のアヤとその上司のヤスオというキャラクターがいるんですけど、その中で『プリンターが故障している、とヤスオが部下を呼ぶんですけど実は紙が足りないだけでした』みたいな感じでヤスオのあまりの無能さに笑ってしまいます。


私が働いていた会社じゃ間違いなく、ココまで無能だと昇進できないですね(笑)


ふふっ(笑)


でも、私みたいな英語から逃げ続けてきた人にとってはこういう続けるための工夫がされていたのはやっぱり良かったですよ。


もともとTOEICが嫌いで興味すらわかなかったのので、もし最初無茶してTOEIC公式問題集とかやってたらモチベーション下がって途中で諦めてしまったと思うんですね。


たしかに、、。


だけど、ここで最初に『出る語句1800』がやれたおかげで勉強も続けられました。あと、面白いだけじゃなくてストーリー性があるので、シーンがアタマに浮かびやすいし音読していて英単語とか英語フレーズが覚えやすかったですね。


なるほど。


こんどアメリカに行く予定があるので、その時は積極的に英語を話す機会を作っていこうかなと思えるくらいの自信はつきましたね。


おお!すごいですね。

サウスピークで発音を学んだおかげで英語を勉強するのが楽しくなってきた。


他にサウスピークの良かった点ってありましたか?


特にフィリピン人講師が『参考書にはない発音のコツ』を教えてもらえたのは衝撃でした。さすがサウスピークだなと。本当に評判通りでした(笑)


どういうことでしょう?


サウスピークでは、講師達が一人ひとりの生徒にあった口の形を考えてくれるんです。


やっぱり言語には絶対性なんて無くて、人それぞれ顎の形、口の形が違う中で間違いなく本にのっている口の形で発声ができるものではないんですよ。


そうですね。


例えばですけど、授業中に参考書に書かれた通りに発音していると、『これは私の顔の骨格的に無理がある発音の仕方だな』と感じるときがあるんですね。


多分ココが普通に英語学習しているとどうすればいいか、わからなくて発音学習を諦めてしまうところだと思うんです。


たしかに。


でも、そんな時にフィリピン人講師に、『この発音の仕方少しつらい』と言うと、『midoriの歯並び、顎の形ならこうしたほうが良いよ』と言われるんです。


歯並びとか、顎の形まで見てくれるんですね。す、すごい。

口の形からイントネーションの付け方まで教えてもらっている


本見てやってもらっても、こんな口の形話しながら絶対できないよ!みたいな部分もしっかり指導してくれたのはサウスピークならではでしたね。


例えばなにか、印象に残った発音とかってありますか?


例えば、日本人の苦手な『th』などですかね。


『thの場合は歯と歯の間に舌を入れてdの発音をしてみて』みたいな、教科書には載っていない発音のコツみたいなものを教えてくれるんです。

フィリピン人講師から発音の矯正を受けている生徒の様子


それはたしかに絶対に本には載ってないですね(笑)


そうなんです。あと、発音が以前よりもできるようになったおかげで、英語を話すときも以前より自信を持って話せるようになりましたし、英語の文章を音読するときも楽しくなってきましたよ。


やっぱり発音さえわかっていれば、相手の言いたいことも明確に聞き取れるし、自分が話すときもたとえそれが単語だけでも間違いなく伝わるんですよね。


そうですよね。


しかも、発音がある程度わかるので、リスニングは最近は聞き取れないことの方が少なくなってきたくらいです。


おお。

英語嫌いでも勉強できる、しかも日本でも勉強を続けられるのがサウスピーク


では、今後にサウスピークに来ようと考えている人に一言おねがいします。


家族、友人とかがフィリピン留学を考えているのなら間違いなくオススメしますね。


その心は?


やっぱり英語ってその時勉強するだけじゃだめじゃないですか。英語学習は継続してなんぼなところがあると思うんです。


たしかに


このサウスピークならではと思うんですが、しっかりとしたカリキュラムが与えられる。そのカリキュラムを通して勉強の仕方を習える。そのやり方さえ学べれば日本に帰って違う参考書にも応用できます。


他の学校では、学ぶ機会は与えられるけれどその場限りになってしまうと思ったんです。


なるほど。


機会があって、勉強したら英語力が上がるのは当たり前なんですよ。でもやっぱり日本に帰ってから勉強続けられなかったら意味がないんです。そこで、英語力を上げるために続けられる勉強のやり方を教えてもらえるのはこのサウスピークだけだなと感じますね。


日本に帰ってからも続けられるように、学習アドバイザーの柴田さんオススメの教材を教えてもらいましたし

日本に帰ってからも英語学習が続けられるようにサウスピークではこれらの教材が指定されています


このようにサウスピークの良さを、私が身を持って実感しているんです。『英語嫌いだった私でも継続して勉強できるし、しかも留学が終わっても日本に帰って英語学習を継続できる勉強法を教えてくれるぞ』と。


だから、周りにフィリピン留学を検討している人がいたらこのサウスピークを間違いなくオススメしますよ。


そうなんですね!本日はインタビューにお付き合いいただきありがとうございました