休学中に英語の苦手意識を克服!TOEIC365点から630点まで向上させたMomoさんの留学体験談

Momo-3
名前 Momoさん
職業/年齢 20代、大学生(休学中)
留学期間 16週間
開始時の英語力 TOEIC365(L225 R140)⇒TOEIC630(L350 R280) 265点UP↑

とにかく何か評価される経験を積みたかった、そのための英語力

-(サウスピークからの質問)TOEIC点数の大幅アップおめでとうございます。まずは今回留学された経緯を教えてください。
大学1年生が終わり、2年生になるタイミングで休学し、サウスピークに留学しました。
そもそもこのタイミングで休学した理由は、「早い段階で色々な経験を積んでおきたい」というものでした。
大学1年生は自分としては存分に楽しんだ一年間でした。しかしその後就活もありますし、勿論社会に出て働きます。でもその時点で自分は何もPRできるところがありませんでした。

何か人に評価してもらえるような経験を積みたかったんです。焦りに似た感情を抱いていたことを覚えています。
1つの考えとして、海外インターンシップという選択肢を検討していました。それならまずはとにもかくにも、ある程度の英語力を身につけなければ話になりません。

私は英語が苦手でした。大学では国際教養コースという学科に所属しているのですが、スポーツ科の学生にも英語力で劣っており「なんで私はここにいるんだろう」と自問自答したこともありました。
英語への苦手意識を克服し、その後インターンシップで経験を積むためにも、サウスピークで集中して勉強しようと考え、決意しました。

レベル別、段階的に英語力が上がるサウスピークのカリキュラム

-(サウスピークからの質問)この参考書に取り組んでいるときに、大きく英語力向上を実感したという参考書はありますか?
Momo-4
はい、新TOEICテスト出る語句1800 です。この参考書に集中的に取り組んだおかげで、ひとつの壁を破った感覚がありました。勿論カリキュラム上取り組む順番がありますし、全てを補えるわけではありませんが、TOEIC600点を超えたい人は必ず通る参考書なのだと思います。

内容は、特定の人物のやりとりで進行していくものだったので、読みやすかったです。また、ひとつひとつの記事における英文の量が長くないので、小分けにして学習を進められました。ここだけの話、私はサウスピークで推奨されていた学習計画表(※サウスピークでは、学習計画表の運用を推奨しています。)を運用できていませんでした。しかし、新TOEICテスト出る語句1800?は1日10記事やろう!と決めて取りかかれたので進めやすかったです。

驚いたのは、全部の記事を終わらせたとき「一番最初の記事と一番最後の記事のリスニング音源のスピード、英文の量が明らかに違う」ということに気付けたときです。ここまで来ると、「6週間前は、あんな短い文章とスピードの遅いリスニング音源を聴いて、ひいひい言っていたんだ」と感慨深いです。

この話からもわかるように、この参考書は徐々にレベルが上がるようになっているようです。終わってから最初の記事に戻ると「あれ!すごく英語が聴き取れる!」という感覚を得られます。
あとこれは余談ですが、手に持てる大きさも好きです(笑)。重くなく、小さく、それだけでもやる気が湧きました。英語学習者も人間なので、意外と大事なところだと思います。

Momo-5
但し、この参考書の前にカリキュラムで指定されていた、速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.2には取り組んでおいて良かったです。当時の私にとって難易度がちょうどよく、サウスピークの学習方法を体得するのに効果的でした。はじめて英語を勉強する人にとって調度良い難易度だと思います。

ちなみに一番最初に取り組んだ参考書は、英会話・ぜったい・音読 【標準編】です。卒業を向かえた今聴くと、本書のリスニング音源はもの凄く、遅く感じます。当時はこんな簡単な参考書に必至になっていたんだと思いますが、初級者には適切な難易度です。TOEIC300点代の人にはうってつけですね。
特にこの3冊を省みると、サウスピークのカリキュラムはレベル別に段階的に、スムーズに成長しているように作られているんだなと実感しました。

英語ができる人でも夜遅くまで勉強している環境

Momo-6

-(サウスピークからの質問)サウスピークの環境で良い点はありましたか?
まず、英語の勉強を頑張っている人達がたくさん居ることですね。目標にしたい人達がたくさんいました。TOEIC300点時点から入学すると、周囲はみんな自分より英語ができる人です。自分より勉強ができる人がいると、勉強方法も共有できるし、なにより彼らを目指して頑張れます。

DSC04958

↑サウスピークのスタンディングデスク。「Are you sleepy? You should stand here!」という張り紙がしてある。

例えば、ある生徒さんはTOEIC800点で、発音も綺麗でした。でも彼女ですら夜11時過ぎても校内のスタンディングデスクで勉強しているのを垣間見て、「なぜ自分がやらない理由があるんだ」と奮い立たされたこともありました。

まずはTOEIC600点まで英語力を上げよう

-(サウスピークからの質問)これから留学に来るTOEIC300点レベルの生徒達へ一言メッセージをください。

留学後カンボジアで開かれた国際青年会議にも出席し英語での発表も行ないました。

留学後カンボジアで開かれた国際青年会議にも出席し英語での発表も行ないました。

TOEIC300点レベルから600点レベルまで到達できれば、英語学習への苦手意識は克服できますし、サウスピークで勉強すれば自分なりの英語学習スタイルも身につきます。ここまで来れば、あとはひとりで勉強するのみです。

まずはTOEIC試験の点数を指標にして、基礎力を上げましょう。600点レベルまでなら本気でやれば誰でも到達できます。私でもできました。頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

神農 亮

海外就職アドバイザー。インドネシアでの勤務経験を生かし、海外就職・海外転職対策講座にて海外就職のサポートを行っています。海外就職をメイントピックにした個人ブログ Keep Rockin’!BRO を運営中です。Twitter IDは@kanchan_r