Naokiさん フィリピン留学で1,000時間の学習時間、TOEIC試験で260点アップを記録。

名前 : Naoki.Kさん
年齢 : 30代男性、休職中
留学期間 : 16週間
開始時の英語力 : TOEIC 630点 (L375, R255)
留学14週目時点 : TOEIC 890点 (L460, R430) ↑合計260点アップ

 

Naokiさんの愉快なスピーチ動画です。スピーチ原稿はこの記事の最後に掲載しています。

 

英語学習・フィリピン留学の動機

もともと私は仕事で海外出張をする機会が多く有りました。その海外出張ではインタビューや会議が英語で行われることが大半でした。同時通訳者がいる場合には良いのですが、そうでない場合には、英語で聴き取れる内容にものすごく制限が有りました。

会議の場で発言を求められたりしましたが、自分が考えていることを発言する事が出来ませんでした。そもそも英語で何を言っているのか分からなかったので、自分の意見を言う以前の段階でした。だからそこで出来たことはといえば同意することぐらいでした。英語が出来ないことでとても悔しい思いをしていました。

仕事上で悔しい思いをし続けた日々では有りましたが、英語学習自体は出来ていませんでした。そうこうしている内に年齢も30歳を越えてしまい、このままずるずると英語が出来ないままでは良くない思い、一念発起して留学することを決めました。

また、フィリピン留学を決意する一因はサウスピークができたことがきっかけでも有ります。塾長の@HAL_Jさんのことは以前からTwitter上でFollowし信頼していたのでサウスピークを選びました。他の語学学校については全く検討していませんでした。

インターネット上で語学教育の方針を公に方針している学校や人は@HAL_Jさんを除いていなかったです。だったらこの人に頼ってみようかなと、留学先をサウスピークに決めました。

サウスピークの良かった点

本当に勉強する人しかいない環境が良かったです。もともと勉強しに来たというのは有りますが、サウスピークにいたからこそ、自分も勉強しようという気になれたと思います。

サウスピークに来る前に考えていたよりも予想以上に勉強することが出来ました。かつ、同じ部屋の仲間たちがものすごく勉強していたこともあって、良い刺激を受けることが出来ました。

勉強中心の生活であったためあまり私生活についての話をする時間はなかったけれど、仕事の進め方・仕事観・人生経験においても、つまり英語学習以外の点でも刺激を受けることが出来ました。志の高い仲間に出会い、知り合いになれたことがすごく良かったです。

また、以前に日本にいた頃に参加していた異業種交流会では飲み会に傾倒しがちでした。一方、サウスピークではお酒が全然有りませんでしたが、様々な職務についている人達に出会えました。サウスピークというフィルターを通しているので、より純度が高い、刺激的な人達に出会えたと思います。

サウスピークで出会った学生達も学生時代の自分と較べて意識の高さが違いました。自分も学生時代にこういう人達に逢いたいなと思いました。だからサウスピークへの留学は学生に特にお勧めです。日本でくすぶっているくらいなら1ヶ月でもここへ来ると良いと思います。

サウスピークの改善希望点

予想していたよりは生活環境は良かったです。東南アジアのドミトリーを想定していたが、そこよりは良かった。ただ、睡眠環境について改善の余地があると思いました。具体的に言うと鶏の鳴き声が早朝からある点でしょうか(笑)。

サウスピークへこれから来る人へ

迷っている期間は無駄なので早めにサウスピークに来ることをお勧めします。1ヶ月でもいいので、サウスピークに来ると考え方が変わります。

日本にいると誘惑が多くて、自習学習を続けるのはなかなか難しいですよね。だからこそサウスピークに留学して勉強スタイルを確立するのが良いです。その上で日本での学習を続けると良いと思います。

また、英語学習だけでなく、英語学習に対する周りの姿勢から影響を受けることが出来ます。特に大学生は時間がたっぷりと有るので、「借金をしてでも行くのもいいのではないでしょうか。」と言っておきます。

サウスピークで何を学習したか。

サウスピークでの学習方針

TOEIC試験については優先して学習したわけでは有りません。英語の総合的な力を上げたいという漠然とした思いが有りました。

ただし、自分は16週間の留学で1,000時間の英語学習をしようと決めていました。TOEIC試験の点数、1日の学習時間、累計学習時間、いずれにしろ目標を持って学習をすることが大事だと考えていました。

定性的な目標、「英語がうまく話せるようになりたい」というような、数字に落としこむことが出来ない目標は達成が難しいです。数字で判断できる目標が学習の励みになります。数字で分かる目標であれば、自分の現状と目標の差を明確にすることが出来ます。

日本に帰国してからは、目標の内容は変わりますが、1日1本TEDの記事を終わらせるといった目標に変えて学習を継続していきます。

 

サウスピークに留学する前に行った事前学習

新TOEICテスト 英文法をはじめからていねいに ?⇒2周

事前学習では文法学習に重きをおいていました。

事前学習は日本で仕事をしながらだったので、なかなか時間が取れませんでした。そのため留学する3ヶ月前に事前学習カリキュラムを作成してもらいましたが、その割にはできなかったです。いま振り返ると勉強に向かう意欲が足りていなかったと思います。

速読速聴・英単語TOEIC(R) TEST STANDARD 1800

事前学習で使用。前半の1/4に着手。この時には黙読中心に学習をしていましたが、今思うと音読中心に学習を進めるべきでした。

 

発音矯正レッスン 

フォニックス“発音”トレーニングBook

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

連想式にみるみる身につく語源で英単語できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本

⇒上記参考書は2周しました。

フォニックスと英語耳は留学最終週に3周目に着手しました。英語力が上がった段階で発音矯正レッスンを再度受けてみると、違った視点から学べていて面白かったです。

連想式にみるみる身につく語源で英単語では例文を読み上げながら学習を進めました。短文の中で発音を学ぶことが出来ました。

1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック!?

⇒1周。発音学習を行いながらTOEIC必須単語を覚えました。熟語は音で覚えることで実際の試験問題も解きやすくなりました。この学習の結果、TOEIC試験の問題を反射的に解けるようになりました。

発音矯正レッスン総評

フィリピン人講師たちの厳しい視点から自分の発音をみてもらうことで、これまで自分がいかに英語の発音に対して無自覚であるか分かりました。

発音学習を通じて自分の日本人訛りだった英語がちゃんとした英語として通じるようになりました。最初の頃は一つ一つの音もちゃんと発音をすることが出来ませんでした。

ただし、発音学習は終わりのない学習だとも分かりました。発音学習は継続して、時に振り返る必要がある学習だなと思います。

発音はサウスピークの強制力があったおかげで仕上げることが出来ました。

 

英文音読&英作文クラス(Reading&Writing) 

速読速聴・英単語TOEIC(R) TEST STANDARD 1800

⇒1周・期間は2ヶ月

 

TOEIC TEST リスニングの鉄則

1日1分! やさしく読めるフィナンシャルタイムズ&エコノミスト

⇒上記2冊を1周。期間は1ヶ月

 

速読速聴・英単語 Business 1200

⇒1/3を終了。卒業までの2週間で着手。

 

自分の英語力が上がる毎に、記事を興味深く読めるようになりました。サウスピークでは事前学習で出来ていなかった音読中心の学習を行いました。

 

TED(自習)

5週目くらいから、2日に1本は観ていました。視聴する際には字幕無しで1回目を視聴、2回目は字幕有り、というようにしていました。面白かった動画は字幕なしで10回近く観ていました。

 

(お勧めのTED動画)?Meg Jay: Why 30 is not the new 20

30を超えてしまった今見ると凹みますが、面白いと思っています。

できれば20代のうちに見たかったです(笑)

 

(お勧めのTED動画)?Amy Cuddy: Your body language shapes who you are

お勧めされて見ていたのですが、いいと思います。

TOEIC受ける前にも力のポーズをやっていました実は(笑)

 

News記事(自習)

Harvard Business ReviewのBLOG記事を3日に1記事くらいを読むようにしていました。使われている単語は難しかったです。だいたいの内容しか分かりませんでした。でも、なるべく辞書を引かないようにしていました。読んでいる最中にはTOEIC Part7対策を意識してなるべく早く読むようにしていました。

 

TOEIC試験 Listening Part対策

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.2〉

新公式問題集をVol2?Vol5まで2回ずつ以上解きました。特にPart5, Part6が苦手だったので、ここは3?4回解きました。

Part2, Part3, Part4についてはずっとリスニングしていました。

 

Part5対策

1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック!

1日1分レッスン!新TOEIC Test千本ノック!2

⇒上記を3周ずつ着手しました。

 

1日1分レッスン!新TOEIC TEST千本ノック! 3

⇒1周。時間はそこまで意識せずに、裏の解説を見ながら、理解を重視しながら学習を進めました。その上で間違った問題を重点的に解き直しました。

 

TOEIC試験の点数が上がった要因

リスニングについては、フィリピンという日常的に英語が使われる環境下にいるので耳が慣れたのだと思います。あと教材のリスニング音源やTEDなども聴き続けたことも効果が有りました。

リーディングについては、Part5, Part6は反射的に解けることが重要だと思ったので千本ノックシリーズで出題パターンを覚えました。

Part7に関しては速く読むことを意識していたくらいです。

 

サウスピークでのスピーチレッスン

英語でプレゼンをする練習に慣れることが出来ました。個人的には、私はスピーチレッスンを楽しみすぎていたかなと思います。

スピーチは良い経験になりました。スピーチを通じて覚えた英語表現は使いこなせるようになりました。ここで覚えた表現は将来使ってやろうと思っています。

 

スピーチ原稿

[Opening]

What is your standard of beauty? How do you determine if the person is beautiful or sexy? Someone’s face?? Or body figure? There is an interesting idea that having a big hip for girls is very important to be called a beautiful and sexy lady in the world.

[Body]

Today, I would like to introduce my job and what kind of work I usually do, but only a little. I work as a marketing researcher and ethnographer. So, sometimes I research people’s minds and their lives. I go everywhere in Japan as well as to many foreign countries to create something for them. As a result, I can find many things and notice cultural differences. So now, allow me to share my experience with you about the general and obvious story in Brazil. Brazil is said to be the country with higher sense of beauty. And people think that showing off their body is very important. For Brazilian men, it is important to show off how strong they are, so they usually go to gym and work out harder. For Brazilian ladies on the other hand, tanned skin is very important. And having a big hip is necessary to be a sexy lady. Furthermore, there are some girls who even undergo cosmetic surgery in order to increase the size of their hips. This is the opposite situation in Japan because Japanese ladies generally like to be slim.

[Ending]

Again, we can see many cultural differences everywhere. It’s not only in a global scope, but differences also exist in a single city like Tokyo because there are many people, attributes, characteristics and diverse minds.

As a conclusion, if you want to have a big hip, you should go to Brazil right now! But I don’t like a girl with artificial big hips, being natural is still beautiful. So, think of it. Thank you.

?この記事を書いた人 @HAL_J

サウスピーク・フィリピン留学説明会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」