森山憲子さん 2回目のフィリピン留学では自習学習重視の学校を選ぶ。

名前 : 森山憲子さん

年齢、職業 : 30代、主婦

留学期間 : 7週間

開始時の英語力 : TOEIC 450点

留学終了時の英語力 : TOEIC 570点 (Listening 305⇒340、Reading 145⇒230。Readingが大幅に伸びました。)

のりこさん

フィリピン・セブ島への留学の動機。なぜフィリピン留学という選択をしたのか

日本語教師をするためにTOEIC試験で最低650点を取る必要が有りました。私がフィリピン留学をした最大の動機はTOEIC試験の点数を上げる必要があったからです。

私は日本では集中して一人で集中して英語学習をすることは出来ないと思っていました。そのため英語の勉強漬けになれるフィリピン留学をすることを決めました。

実は私は今回のフィリピン留学は2回目の留学です。前回の留学では英会話を重視する学校に滞在しましたが、今回は前回の学校とは異なって英語学習を重視する学校を今回選びました。

 

サウスピークを選んだきっかけは自習重視のカリキュラム

塾長の@HAL_J 柴田さんがいたからサウスピークを選びました。柴田さんとは以前から少し交流が有り、英語教育に真摯に取り組んでいたことを知っていました。また『20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ』を以前に読んでいたので、サウスピークで行われる英語学習も信頼出来るものだと考えていました。

あと、サウスピークで最も惹かれたのは自習学習を重視している点についてです。すでにお伝えしたように、私は以前に一度他の学校でフィリピン留学を体験しています。その学校では英会話の割合がとても多かったです。

以前にいた英会話重視の学校で「自分が知らない英語は話せない」という当たり前の事に気づきました。そして「知らないものは話せない」ということを実体験として知っていたため、サウスピークの自習学習重視の方針が良いと思いました。

サウスピークで良いと思ったもう一つの点は苦言を呈してくれる人がいることです。人はある程度年をとると苦言を呈してくれる人はいなくなるものです。ですが、ここでは年齢など関係ありません。苦言を呈してくれる人こそ貴重なのだと気づくことができました。塾長(@HAL_J)はお世辞をいう人ではありません。英語のできない原因をつくっているのは自分自身です。気付かせてくれる人がいることに感謝しました。

 

留学中の学習面の進歩

7週間の留学で終了させた参考書一覧

(留学前の事前学習で終了させた)

くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで

新TOEICテスト 英文法をはじめからていねいに

 

(留学中に終了させた)

発音矯正クラス(Pronunciation)の教材

 

英文音読&英作文クラス(Reading&Writing)の教材

 

TOEIC試験対策用の教材

 

サウスピークでの学習を通じてこれまでの自分にはなかった『英語を勉強しよう』という気持ちが生まれました。留学以前は英語を学習する習慣が有りませんでした。参考書を開くのも重荷に思っていました。でも、サウスピークの生活では勉強するのが当たり前の環境であったため、その重荷が今はなくなりました。

TOEIC試験のリスニング問題は、以前は英語に苦手意識が有ったこともあり、学習すること自体に抵抗感が有りました。でも、留学生活の終盤にはその抵抗感もなくなり、参考書を使った学習をすることが出来るようになりました。

また、発音がすごく良くなったとフィリピン人講師の方から言われて嬉しかったです。例えば、LとR、TH、Yearとearの区別、BとV、これらの発音が適切に出来るようになりました。

 

サウスピーク 良かった点

自習時間が長かった点が良かったです。日本では実際のところ私はろくに自習学習が出来ませんでした。日本では孤独だし、英語を教えてくれる人も周りにいなかったので自習学習は出来ませんでした。

でも、サウスピークでは周りに英語学習をしている人がいます。また、英語を教えてくれるフィリピン人講師達がいたので学習を続けることが出来ました。英語を勉強するのが当たり前というサウスピークの環境が良かったです。

私は主婦であるため、日本では家事をする必要が有り英語学習に集中することが出来ませんでした。でも、フィリピンでは炊事・洗濯・掃除をする必要がなくて良かったです。他の主婦の方には「旦那を置いてきてでも留学をした方が良い」ということを伝えたいです。

クラス分けがあった点が良かったです。以前に所属した他の語学学校ではクラス分けがなく、自分の英語力がどの程度のものなのかも分かりませんでした。サウスピークではTOEIC試験に対応した5段階のレベル分けが有り、自分の立ち位置が分かりました。また、日本人でも英語が出来る人がこんなにたくさんいることを知ることが出来ました。そんな上級クラスの人達が話す英語スピーチを聞くことで、英語学習において「将来こうなりたい」と思える具体的な目標を見つけることが出来ました。

 

サウスピーク 改善希望点

大自習室に冷房が早く入ってほしいと思っていましたが、このインタビューをしている当日にまさにクーラーが導入されたのでその不満点も消えました。

運動不足になりがちなので、運動が出来る機会がもっとあれば良いなと思いました。

 

サウスピークにこれから来る人へ

意志が弱くて英語学習が続かなかった私ですが、サウスピークでは英語学習を続けることが出来ました。サウスピークは英語学習を強制される語学学校なので、言われないと出来ない人にはサウスピークはとてもお勧めです。でも、だからといってそんなに怖い場所じゃないです。怖がらなくても大丈夫です。普通に勉強していれば大丈夫です。

あと、私はまた近いうちにサウスピークに戻ってくる予定ですので、お会いした際にはよろしくお願いします。

 

憲子さんの滞在中の写真

のりこさん2

のりこさん3

のりこさん4

のりこさん5<a href=noriko

 

サウスピーク初日の自己紹介

憲子さんがスピーチコンテストに出場された際のスピーチ動画

 

この記事を書いた人 @HAL_J

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」