「英語初心者でも、海外留学の敷居は高くない!」2週間の留学で、発音と英会話力の伸びを感じたRieさん

dsc03691
名前 Rieさん
職業/年齢 40歳、会社員
留学期間 2週間
開始時の英語力 TOEIC410点(L:250 R:160)

英語初心者として安心して飛び込めたのが「日本語教材」を使えるサウスピークだった。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-9-44-14

インタビューを受けるRieさん

??留学の経緯を教えてください。

以前から、留学への「憧れの気持ち」を抱いていました。

趣味が海外旅行なのですが、他国へ訪れるたびに、「英語を話せるようになりたい」と強く思うんです。例えば、以前、宿泊先ホテルの部屋に入った瞬間、髪の毛が落ちていたので、清掃を依頼する場面がありました。部屋備え付けの受話器を勢いよく取ったところまでは良かったのですが、向こうから「Hello?」という一言が聞こえてきた瞬間に頭が真っ白になってしまいまして……。思わず受話器を置いてしまったんです(笑)

海外旅行の前は必ず『海外旅行の英会話!』といったような参考書を読んで、「必ず1フレーズは使ってやるぞ!」と心に決めて現地に赴くのですが、いざ実際に使おうとすると全く出てこないんですよね。こうした海外の経験が、私が英語学習に励むようになったきっかけだと感じています。

また、職場でも、この5,6年ほどでTOEICの受験を推奨するような動きが見えるようになってきました。そうした環境に入社してくる四大卒の新卒社員は、ほとんどがTOEIC試験で600,700点という点数を取得しているんですよね。私も、同じ土壌で働く人間として、「点数を取っておかねばならんぞ」と強く感じるようになりました。

dsc03623

プレミアム校スタッフのEri

??働きながら、英語学習を継続するというのは本当に難しいですよね。勉強時間を確保するために短期留学をされる生徒さんも、サウスピークには多くいらっしゃいます

独学でも学習に励もうとしたのですが、会社から帰宅すると夜10時を過ぎてしまうので、体力的に不可能でした。そこで、日本でも、英語学習塾に通えば継続できるかなと考えたんです。ですが、その塾では他の生徒の方のレベルも高く、とてもじゃないですがついていけずに結局挫折してしまいました。

そんな時に、職場では最長の2週間というお休みを頂くことができて、まさに「憧れの留学」に行く絶好の機会に恵まれました。ただ、私の英語力では、アメリカでホームステイをするというような留学は困難だなと感じたんです。

そこで、インターネット上で留学について調べていた際に、サウスピークのWebサイトを見つけました。「日本語の教科書が使える」という記事の表記を拝見した瞬間に、「ここなら、英語初心者の私でも大丈夫そうだ!」と思えたんです。英語教材を使用している語学学校に行くのであれば、「名詞」や「動詞」の英単語を覚えていかなければならないんですよね。「それでは敷居が高すぎる……」と私も共感したので、サウスピークに申し込みをしました。

2週間という短期留学でも、目に見えて成果が現れた「発音矯正レッスン」

??2週間という短い留学期間の中で、一番満足されたことはなんでしょうか。
2週間で最も目に見えて成果が現れたな、と感じたのは「発音矯正レッスン」でした。留学の締めくくりとして受験した「発音テスト」の点数も上がっていたので、とても満足しています。

正直、留学当初は「発音矯正レッスン」に特別な期待は寄せていなかったんです。しかし、実際に授業を受けてみると、とにかく学びの多いことに驚きました。

例えば、日本人に馴染みのない「アメリカンA」という独特なAの発音方法を知ることができました。最初にフィリピン講師に説明された際は、なんのことだか理解ができ無かったのですが、2週間という留学期間を通して分かるようになったんです!

dsc04793

フィリピン人講師がテキストに書き込んだメモ。

正確な発音をすることは確かに難しいのですが、各サウンドを分解して発音記号どおりにゆっくり発音してみると、正しく英語の発音ができるようになったんです。舌の動きを確認する際も、「失礼かな……」と思いつつも全く遠慮することなく、講師の口の中を覗き込んでいました(笑)

「間違いを恐れずに英語を話す」という姿勢を身につけられた「瞬間英作文レッスン」

??2週間という短い期間でしたが、何かご自身の変化は感じられますか。
瞬間英作文レッスン(SHレッスン)を通して、「自発的に英語を話す」という姿勢が身についたなと感じます。最初は、フィリピン人講師の話を理解するの精一杯だったのですが、段々と授業に慣れるにつれて、「その場で考えてその場で喋る」という余裕が生まれました。

例えばレッスン中に分からないことがあれば、その場で質問を考えて先生に投げかけます。その質問がうまく伝わらなければ、「いや、そういうことじゃなくてね。」と、試行錯誤を繰り返しながら細かいニュアンスを伝えていくんです。

dsc03588

マンツーマンレッスンを受講するEriさん

SHレッスンの予習教材は、そんなに難しい内容ではなく、長い文章でもないんです。1日5ページの予習量だとしても、それを覚えることによって、講師との会話がどんどん膨らんでいくんです。「講師と英会話が楽しめるんだ!」というワクワクした気持ちで授業に向かうことができました。

??プレミアム校独自の取り組みである「日本語禁止テーブル*」も、御利用いただいていましたよね。
*プレミアム校では、平日日中、食堂での「日本語禁止ルール」が導入されている。だが、このカードが置いてあるテーブルでは、平日祝日と関係なく、「24時間英語で話したい」という意志を持った生徒が座って、英語での会話を楽しむことができる。

cuyf3n2xgaayzxn-jpg-large

「日本語禁止テーブル(English Only Table)」に座る生徒さん

最初は日本語禁止テーブルは、英語力の高い生徒さんが座る席だと思っていたので、避けていたんです。「私は聞き役に回るしかないのだ、発言も出来ずに座っていたら他の生徒さんに申し訳ない」と考えていました。

しかし、ある日の夕食時、「日本語禁止テーブル」にスピーチコンテストに出場された生徒さんが座っているのを見かけたんです。その時に、彼女のスピーチのトピックであった「登山」に関して、「私も登山が好き!共感したよ!」ということをどうしても伝えたくて、思わず彼女の前の席を確保してしまいました(笑)

??最後にこれから短期留学をされる方に向けて、メッセージをお願いします。

最初は大変だなと思っていた「1日中机に向かう」という勉強時間に、やっと慣れてきた頃に帰らなくてはならず、名残惜しさを感じています。サウスピークでの留学は本当にあっという間で、私もびっくりしているところです。

英語初心者の方が「海外留学」という言葉を耳にすると、敷居の高い挑戦だと尻込みしてしまうかと思います。ですが、サウスピークでは、日本語の参考書を教材として使うことができ、日本人スタッフがいるからこそ、勉強につまずいたとしても適切なアドバイスを受けることができます。生徒さんも全員日本人なので、困った時にもいる、という安心感に包まれているんです。

ぜひみなさんも、留学に挑戦してみてはいかがでしょうか!

dsc03643

最後にプレミアム校スタッフEriと一緒に。ありがとうございました!

************無料発音矯正レッスンのお知らせ***************

150425

2016年11月19日(土)〜11月27日(日)までの東京でサウスピークの人気講師が無料でレッスンを提供致します。

無料・発音矯正レッスンのお申し込みはこちら

サウスピークでも最も定評のある「発音矯正レッスン」により貴方の苦手な発音を矯正致します。当日は日本人スタッフのサポートも有りますので、英語学習初級者の方から、そして上級者の方まで是非お申込み下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者

Kaede

英語と音楽を愛する21歳。現早稲田4年生で、来年3月よりユニクロで勤務開始。 セブ島の語学学校サウスピークで海外インターン中(ウェブマーケティング) 。Twitterアカウントは@maple__35